2010/1/20

外国人参政権と「帰化」  憲法・社会・官僚・人権

うーん、表題のこと、いろいろ議論されているんですね。
「参政権」と言っても、地方選挙の選挙権です。これ。

(後に、2011.8.17までに考え直しました。下記のように帰化をもっとことを条件に、地方参政権自体を認めないのが正しい選択だろう、と考えました。)

被選挙権や国政選挙となれば、私も反対します。

それは「地方政治の代言人や代表者、国政、外交、防衛」もするのだから。それこそ、国籍を取得して法律上の「日本人」になってすべきことだから。他国の国会議員になったりする地位を持ちながら、日本の国政選挙の選挙権をもったり、地方選挙の被選挙権を持つのはおかしいから、です。

それはちょうど、うーん、指紋押捺裁判の頃、川崎市が最初にしたかな、「外国人」の地位のままでは、下級公務員まではするが政策決定過程までは入れない、という発想と同じ。

で、一方、帰化の条件を、もっともっと韓国・朝鮮人については緩めるべきだと考えます。日本国籍をとれば、勿論法律上の「日本国民」です。

日本国籍がなくなれば、大和民族であっても、法律上「日本国民」ではありません。
日系アメリカ人、日系ブラジル人は、法律上「日本国民」ではありません。

帰化の条件は、下記によればいろいろ。
http://homepage3.nifty.com/takehara/kikayouken.htm

で、帰化条件は以前よりは緩くなったとは思うけれど、戦後「日本国籍」を本人らが関与しないままに失った朝鮮半島や台湾出身の在日の人についてはどうなんだぁ、と考えます。
結論からいえば、市町村役場にて、その当時から日本にいたことの証明、その子孫であることの証明、日本に在住、日本語OKの証明があれば簡単に帰化できるようにすべきではないかなぁ、と思うんです。日本名を強制される点は減ったようだが、漢字の制限も名前漢字を拡げていくべし、と思う


というのは、在日の人の帰化手続きは実際は簡単になったけれど、それでもメインの法務局に行かなければならないとか、韓国国籍どころか韓国に入籍していない場合は朝鮮国籍とか証明しないといけないから相当に大変みたいなんです。

以前、在日の人同士の離婚事件で、朝鮮国籍をとらねばならず、朝鮮総連に依頼して何とかとってもらったのだが、あんなような手間暇を帰化する場合にしなければならないのは大変に過ぎます。

つまり、うーん、戦後「日本国籍」を失った朝鮮半島や台湾出身の在日の人については、例外的に考え、子どもや孫、ひ孫については、生地主義みたいにして、しかも市町村でできるようにしていいのではないかなぁ、と思うんです。

当時、日本国籍を失ったのは、本人らに責任があるのではないんですから。市町村で簡単にできて何がいけないんだぁ、と思います。5年間程度は、市町村が機関委任事務?としてできればよいかと。

これ、なんともまあ、2チャンネル的な差別発想、右翼思想で反対する人がいるようだけれど、何を言っているのか、バカか、と思います。日本は、そもそも、大陸や朝鮮からの人が多く来て成立してきた国なんだよ、と伝統を尊重するように言いたいです。

今回、そんな法改正も併せてすべきだろうなぁ、と思うが、出ないのかな。
おいおい調べてみようっ、と。

**************
その子孫となれば、実際、日本で生まれ育っているのです。

・上記の通りの歴史的経緯があり
・日本語しか喋れなかったり、実態として母国語なのに、
・風習もどう見ても大和民族に近いのに(お茶碗もお椀も手に持って食べるとか、葬儀の時にあえて大泣きするようなことはなかったり、女性で足を立てて床に座るのは何か嫌だな、と思ったり)

1−なんで、帰化をしないのか、と思います。
2−なんで、条件と手続きをもっともっと簡単にできないのか、と思う。

そりゃ、朝鮮総連や民団もいかんと思いますよ。
朝鮮総連は、未だに帰化を止めるようにしているのかなぁ。
民団は、止めるまではしないようになったように感じるし、帰化しても民団に入ったままでいられるようになったのではないかなぁ、と思うけれど、民団の幹部にはやはりなれないままなのかなぁ。

「在日」としてのアイデンティティ−とかいうものを言う人もいるけれど、やはり国単位で政治は動きますし、世界をまともにしたかったらまず日本の政治を変える、という気持ちになってほしいです。

朝鮮国籍では、もともと北朝鮮の選挙など実質上ないのだから選挙できない、そして日本の国政に参画できない。
韓国国籍であっても、韓国に拠点もなく「帰国」する予定もない以上、永世の外国人になるという不思議なこととなりますし、日本の国政に参画できない。

それはまずいでしょ、不自然でしょ、おかしいでしょ、もったいないでしょ。
直接に言うことはないけれど、いつも思うんです。


*********
ここ10年かな、在日の人で帰化する人が随分増えていると思う。
それは上記のことを実際に感じ、歴史的な日本国の罪を問うのとは別のこと、と感じたからだと思います。

帰化を一気に進めたいです。そしてその障害は
1−手続きの煩雑さ、と
2−選挙権などないことの慣れ、です。


**********
私の地元、神奈川県大和市は、実に外国人が多い。
で、可能となれば次々と「日本国民」になっています。中国系日本人、ベトナム系日本人とか、インド系日本人、イラン系日本人、珍しいところではミャンマー系日本人とか。

で、韓国人の人、ここ2−30年に日本に来た人から、もともと在日の人の悪口を聞いたり、とももと在日の人から、ここ20年くらいで来た人の悪口を聞いたりする。

で、ここ2−30年で日本に帰化したまだ日本語の漢字も危なく発音も大和民族的でない法律上「日本人」が次々と出ています。

もともと在日で失礼かもしれないが「日本人」なのに法律上「日本人」でない人は、そんなことをどう考えているのか、不思議でならないです。

**********

で、地方選挙権を、まあ相互主義により在日韓国人に認めれば、当然に「被選挙権、国政選挙権、国政被選挙権がなぜないのか」と疑問に思ってくるでしょう。

それは帰化しなければ認められないことです。帰化を進めることに勿論なっていきます、確実に。帰化となれば、勿論、他国の国籍は失われます。

同時に、帰化の手続きを容易にすれば一気に進みます。

それがまた、私の地方選挙権に賛成する理由でもあります。
(うーん、そうすると「相互主義」にそうこだわる必要もなし、かな。)
*********

勿論「帰化」という法律の表現が、同質化を強制されるみたいで、いかんのだけれど。「日本国籍の取得」でなんでいけないの、と思う。

(表題のことについて、後に、2011.8.17までに考え直しました。下記のように帰化をもっとことを条件に、地方参政権自体を認めないのが正しい選択だろう、と考えました。帰化を進めるためにも政策的に地方参政権のみは認めるというのが私の上記の論理なのですが、それはやはり理屈にすぎようから、と。)

3



2010/1/25  18:03

投稿者:ほぼ失業者

滝本先生、フランスの移民の件ですが、だいたい1960年代頃からの労働力不足を補うために旧植民地を中心に受け入れられるようになったそうで、5年前の暴動を起こしたのは2世・3世が主でした。それから、フランスの国籍法は完全な出生地主義ではなく、父母両系血統主義(この点は日本と同様)に条件付きで出生地主義を加味したものだそうです。昨日から世界各国の国籍法についていろいろ調べていたのですけど、血統主義の国はまだまだ多いです。
2005年10月27日のパリ郊外のスラムで発生した移民による暴動の際、移民らに暴言を吐いたサルコジ氏は当時、内務大臣でした。
暴動を起こした移民2・3世たちはスラムに集住しており、既にフランス国籍を得ていたにも関わらず、白人からはやはり差別的扱いを受けていました。
やや話がそれますけど、フランス軍は旧植民地に駐留軍を置いてまして、それらの国で政変が起こりそうになると親仏政権を維持するために積極的に軍事介入するそうです。フランス革命万歳!的な日本の脳内お花畑人権派さんたちは、この辺のこと知らないのか、それとも、知っててスルーしてるんでしょうかね。

ちなみに、日本一高偏差値大学の在日2世教授さんのご両親は、戦前に仕事を得るために自発的に日本に渡って来られたようで、強制連行ではないようです(この教授氏の著書にもその事実が書かれてるそうです)。

kner様

上記の教授氏は、貴方様が取り上げられた発言の続きとして、このような言葉を続けておられます。
「・・・、私は隣に横田夫妻(引用者注・めぐみさんのご両親のことです)がいても、これを言うことができる」

横田めぐみさんは、昭和52年に拉致され、平成22年の今に至るまで、33年もの間囚われの身なのです。滝本(友北)先生の言われるように、北朝鮮による日本人拉致事件は現在進行中なのです。救う会や拉致議連に?な人たちがいるのは私も認めます。でも私は日本人ですから、日本人同胞が平和時にも関わらず理不尽な目に遭っていることにはやはり憤りを感じてしまいます。kner様にはずいぶん失礼なことを書いてしまったかも知れません。ご不快に感じられましたらスルーしてください。ただ、貴方様の言論の自由は最大限尊重しております。

2010/1/25  15:16

投稿者:kner

 1人1項目1回を破ってすみません。誤解を与えるコメントをした弁解がしたくて。

 私も二重基準だと思っていますが、それは例えば、慰安婦の強制性を否定しつつ拉致問題には熱心な安倍元首相などを念頭に置いています。
 家族会の方は、長年拉致被害を全然聞き入れられなかったのでしょう。そのため、頼れる人は誰でも頼るのかもしれません。
 しかしそのためか、家族会を支援する人たちの中に、明らかに変な人たち(=二重基準をする人たち)が入っています。救う会や拉致議連のメンバーを見てください。

 家族会の人たち自身がそういう人だという風に私のコメントがとられたのなら誤解で、言葉足らずでした。
 しかしその一方で、家族会の方もそういうメンバーに対して、一言苦言を呈してほしいとは思います。とはいえ、自分の家族が拉致されていたら、支援してくれるならどんな人でも頼ってしまうかなとも思います。

>2-朝鮮人朝鮮連行は過去の罪である一方

 たしかにそれ自体は過去の罪だとも言えますが、慰安婦は商行為だとか言った発言や、在特会の排外主義のデモが行われています。これらはすべて”現在”のことです。
 実際の慰安婦の方が、”商行為でやったんだろう”と”現在”侮辱されているわけで、決して過去のものではないです。
 

2010/1/24  22:00

投稿者:友北

ほぼ失業者さん
そのフランスの、昔から住んでいる移民というのは、どの程度昔からなんでしょうか。第2次世界大戦後の移民とその子孫であればだいぶ事情は違うように思います。それから、その場合も次々と帰化が認められていると考えていたのですが(そのあたりがドイツあたりと違うのでは)、違ったかなあ、自信がないですが。

勿論、帰化した後の排斥問題というのもありましょうね、日本における在日は帰化した場合、実態としてもともと日本人ですからまず差別はないのものです。顔も実に同じですし。
knerさん
>『冷戦時代の産物が拉致なら、過去の帝国主義の産物だった何倍も多い朝鮮人強制連行・徴用のことはどうして考えないのか』

これ、私も人間性を違うというか、あまりに論点をずらして発言だと思いますよ。カンサンジュさんは、ひどい人だと思ったものです。

簡単でしょう。
1−北朝鮮拉致事件を批判する人は、朝鮮人「強制連行」を否定したり批判しない人だという偽りの前提に立っている。中にはそんな人もいましょう、私や多くの国民、また日本国政府の公式態度のように、両方とも批判しているものです。

2−朝鮮人朝鮮連行は過去の罪である一方、北朝鮮拉致事件は現在進行形の人権侵害であり、「監禁罪」を今も続けられている事件だからです。公訴時効は、1時間も進行さえしていないです。

それなのに、うーん、変な発言だと思わないでしょうか。失礼だけれど考えが浅い、と考えます。

2010/1/24  19:29

投稿者:kner

>>日本人拉致被害者のご家族の方に人間性を疑うような言葉を投げかけた、日本一高偏差値の大学の某教授さんのように

この発言ですか?
『冷戦時代の産物が拉致なら、過去の帝国主義の産物だった何倍も多い朝鮮人強制連行・徴用のことはどうして考えないのか』

そんなに変な発言と思いませんが。日本の拉致はよくて、北朝鮮の拉致はだめというような二重基準は認めることが出来ないというのはむしろ当然でしょう。





2010/1/22  17:14

投稿者:ほぼ失業者

1項目1回コメントのルールを破らせて頂きます。お許し下さい。

先生はヨーロッパの移民についてどのように捉えてらっしゃるのでしょうか。一例としてフランスを挙げますが、あの国には北アフリカからの移民(ほとんどがムスリムの方々)が多いですけど、彼らはまさに、旧宗主国たるフランスに住み着いているわけです。ヨーロッパでの移民排斥というとドイツのネオナチによる例ばかりクローズアップされてますけど、遅れて帝国主義化したドイツに比べれば、「自由・平等・友愛」の国フランスのほうが過去にはずっと多くの植民地を持っていましたね。不況が続いて暴動を起こした移民に対して、サルコジ大統領が「社会のクズども」(日本の指導者がこんなこと発言したら首が飛ぶ)と叫び、フランス庶民から喝采を浴びていた映像をテレビで見た記憶もあります。

また、国籍法で血統主義を取っている国は日本だけではありません。それに日本はハーフの子どもの場合成人するまでは二重国籍が認められるように国籍法が改正されていますし(昭和60年か?)、あまり日本のマイナス面ばかりあげつらわれるのはどうでしょう。

先の選挙で民主党に投票した私ですけど、マニフェストに外国人日本参政権記載を見送る、という姿勢に見識を感じたから一票を投じました。レイシズムに走りたいわけでは決してありませんけど、同胞たる日本人の経済的基盤や福祉について、政府は第1に考えるべきだと思います。

今日もウヨモード全開になって申し訳ないです。ご不快でしたら削除してください。

2010/1/22  16:13

投稿者:友北

こんにちは。

>移民が社会問題になっているヨーロッパの状況

これは在日韓国人などの場合とは大部異なるでしょう。文字通りのコミュニティーを
作ったり、犯罪比率が優位に高いとかかな。それでも、その国で生まれ育っている時、帰化を認める方向をとるほかないと思いますよ。生地主義を一部入れることとなっていくべきでしょう。

>日本政府とGHQが帰国事業をしたのにも関わらず日本に残った人々

それはどうかなあ、天皇の赤子と言っていて、日本に生活の拠点ができて聞いたのであり、当時の朝鮮半島に当然に帰れ、などと全面的に言える立場でなかったはず。まして北朝鮮への帰国運動など、朝鮮総連などとともに日本国その他多くが、損害賠償請求の被告になってもおかしくないものと感じます。

まして、日本で生まれ育ち、日本に生活の拠点があり、日本語が母国語となっている在日二世、三世、四世、五世?などについて、なんで届出で帰化ができないの、反対する人がいるの?と不思議にもいます。それこそ、差別感覚だな、と思うしかないのですが。

2010/1/22  1:29

投稿者:氷室

滝本さんは、私と別の方とに同時にレスをされてますが、私の投稿については、具体的にどの部分が事実関係の認識に欠けると思われますか?
今後の勉強のために、指摘して頂けるとありがたいのですが。

滝本さんが在日を知っているのは、大和の話ですよね?
私はずっと東京ですが、十分にコミュニティーはあったと思いますが。
悪い言い方をすれば、部落なのかもしれないけれど。

国籍は一応こだわったほうが良いんじゃないでしょうか。
差別の意味じゃなくてね。
あんまりチャランポランになると、トラブルの元です。

帰化の条件緩和ですけど、程度問題でしょう。
例えば、カルデロンみたいな密入国者にまで認めていたら、これもやはりトラブルの元であり、国がおかしくなりますよ。

だいたい、鳩山の案は、密入国者はもちろん、たとえ犯罪者であっても、五年滞在すれば無条件で参政権を与えるというものですよ。
こんなの誰が賛成するんですか。
頼むから治安の事も考えて欲しいです。

帰化が推進することを予測して地方選挙権を与えるというのも、すごくおかしいですよ。
予測のために、国民固有の権利を与えてしまうのですか。
選挙権を何だと思ってるんです。

結論を言えば、そもそも外国人に参政権を与える正当かつ合理的な理由は一つも無く、日本の選挙権が欲しければ帰化して日本人になるべきで、帰化するしないは本人が決める事。
帰化条件の問題もありますが、本筋はこうとしか言いようが無いですよ。
他に何の理由があるんですか。

民主党がマニフェストに書かなかったのは、自分達も正当性が無いのが分かってるからですよ。
加えて、これは何ら緊急性のある問題でもないのですから、政府にはこの辺で本腰を入れて経済再建に取り組んで欲しいものです。

2010/1/21  23:19

投稿者:友北

お二方とも、事実関係の認識に失礼ながら欠けると思いますです。

2チャンネル関係も在日の人のこと、殆ど知らない人が多いのではないかな、と感じます。

神奈川県大和市は在日朝鮮・韓国人が、まあ神戸市長田区、川崎区、新宿区の次ぐらいに比率が高いと思いますが、コミュニティーというようなものではないです。市の中心域がまさにニューヨークです、面白いですよ。

国籍にこだわる馬鹿らしさ、とその解決の重要性を、実に感じます。「日本人って何?」と定義づけを、日々考えさせられます。

単に5年間いる人と、同列に捉えるなど、失礼ながら何も知らない、と感じます。

参政権について意見が多いのは分かりますが、「帰化」の条件を緩めることについてのご意見はいかがでしょうか。

日本語以外には喋れないのに、
日本で生まれ育ち、今後もそうであろうのに、なんで日本人ではないの?
という論点です。

それから、外国人参政権といっても、地方選挙の選挙権限りが、まあ政治上も人によっては憲法上も可能な範囲と考えていますから、それ以上を求めるとき、在日の人の帰化を推進することになろう、という判断はいかがでしょうか。

私はこの予測に自信を持っています。

その結果、カンサンジュさんあたりが強調する「在日」の問題も、誇大妄想の位置づけもなくなっていこうと。

2010/1/21  21:50

投稿者:ほぼ失業者

私も、外国人参政権には反対です。

私の居住する都市は、空自の基地もありますが、それ以上に、製造業の街として有名なんです。当然、大手企業やその関連会社の工場で働く日系ブラジル人が多いです。彼らは三世・四世ですから日本人の血は引いていても思考パターンは完全にブラジル方式。休日に市街地へ出ると、騒々しいポルトガル語が飛び交ってる・・。私は心の底で彼らのことを正直、ウザイと感じます。あくまで感覚的ですけど、先生はこんな私を差別主義者として見下されますか?(もちろんウザイなんてこと、公的な場では口が裂けても言えないし、絶対言いませんけど)。
むしろ、インドネシアやトルコといった地域出身の方の方が、積極的に日本語を覚えて、日本人とうまくやっていこうとしてます。

日系ブラジル人も彼らのコミュニティから外へ出ようとしない傾向がありますけど、在日韓国・朝鮮の方もそのようですね。私の住む都市にはあまり多く居住していないようですけど、関西などではそういう方々がかなり排他的なコミュニティを作っているらしいですし・・。

差別反対を唱える方々はたいていが高偏差値大学を卒業され、大都会の高級住宅街に住まわれ、在日外国人(知識階級は除く)と直接かかわってらっしゃらない傾向にあるように思われます。
あと、韓国・朝鮮系の方の中には帰化しないことを売り物にして、日本人の贖罪意識を擽るという策を弄してらっしゃる方もいますね(日本人拉致被害者のご家族の方に人間性を疑うような言葉を投げかけた、日本一高偏差値の大学の某教授さんのように)。

あと、それから先生は「騎馬民族征服王朝説」を信じていらっしゃるのでしょうか?最近の日本古代史の研究者の間では、あの説はほとんど否定されていますよ。故・佐原真氏の書かれた『騎馬民族は来なかった』(NHKブックス)などをお読みになることをお勧めします。

今日はウヨモード全開になってしまいましたけど、私は昨年8月の総選挙では友愛総理氏の党に投票したんですよ。私のスタンスは標準的日本人とも言えるヤヤウヨですから。
ところで最近、某右派系のH代議士が、台湾系のR議員(事業仕分けの姐さん)のこと批判する際に「もともと日本人じゃない」などと発言したそうですけど、彼女はちゃんと帰化している、立派な日本人です。帰化した方々まで差別するのは行き過ぎです。


2010/1/21  0:41

投稿者:氷室

私は地方選挙権をも含めて、外国人参政権には完全に反対しますね。

反対の理由は、既にメディアで色々な主張がなされている中で、私自身は反対派の人々の主張のほうが、正論と思えるからです。

そして、私が何よりも懸念しているのは、滝本さんが言う「2ちゃんねる的な差別発想」が沸き起こっている現実の状況なんですよ。

反対派の政治家や専門家の意見を読む以前に、2ちゃんねるの書き込みを見ると、何でこんなに反対されているのに、一部の政治家でゴリ押ししてまで参政権を成立させる必要があるのか、甚だ疑問なんですよね。

差別する人間をバカと批判するのは簡単です。
しかし、そうした今現在の状況がある以上は、外国人参政権などかえって不幸になるだけだと思いますよ。
移民が社会問題になっているヨーロッパの状況も考えてみて下さい。

ちなみに、「日本は大陸や朝鮮から多くの人が来て成立した国」という部分ですが、学説によってはそれは怪しいようですよ。
私は、稲作は縄文時代から既に存在したという説を読んだことがあります。

まあ、考古学なんていつ覆されるか分からない学問ですが、真実がハッキリ分からない時代の話を持ち出して差別を糾弾しても、説得力が無いですよ。

そして、日本政府とGHQが帰国事業をしたのにも関わらず日本に残った人々に、参政権を与える理由として歴史的経緯を挙げるのも、本当はおかしなことなんです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ