2009/10/22

奇跡  日常のこと

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091022k0000m040129000c.html

うーん、こういうニュースを読むと、涙がすぐ出てしまう。
涙もろくなったなぁ。
良かったぁ。ご家族、どんなに嬉しかっただろう。
まあ、無宗教と決めた自分でも、どうか神様、更なる回復を、と祈ってしまう。

以下、−毎日新聞より抄本−

>消火器直撃:10歳奇跡の回復「お父さんの手あったかい」
>大阪市の駐車場で9月、破裂した消火器が頭に
>意識不明の重体となった小学4年の翁長宥之介君(10)の容体が回復
>既に意識を取り戻し、「早く友達と遊びたい」とリハビリに取り組むまでに
>父良光さん(48)は
>「息子の回復は奇跡だ。二度と同じ事故が起きないよう、行政やメーカーはもっと積極的な対策を講じてほしい」と
>事故は9月15日夕、そばの駐車場で
>消火器は駐車場の管理人(56)が90年ごろから放置し、底部が腐食
>宥之介君がレバーに触れて圧力がかかり、底が抜けてロケットのように飛んだ
>頭部を複雑骨折し、脳の一部も損傷する重体
>9時間近い手術の末、かろうじて一命を
>約2週間後。数日後、ベッドのそばで「お父さんや。分かったら握り返して」と小さな手を握った
>「お父さんの手、あったかい」。弱々しい声だったが、涙があふれ出た。
>右足に十分な力が入らず、まだ歩けない。
>事故の記憶がなく、後遺症の懸念も残る。
>それでも友達や弟(6)と元気に走り回ることを夢見てリハビリ
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ