2009/5/31

臨検・ノドン・暗殺−チキンレース  外国・外交

臨検・ノドン・暗殺−チキンレース

うーん、北朝鮮とのこと心配です。いったいどうすれば良いのか。
権力者でもないから乱暴であり無責任だろうけれど、率直に書く。

一番の関心は、金正日とかの権力者や軍部権力者が、正常な判断ができる状態なのか、そうい続けられるか、ということです。

ここでいう正常な判断能力とは、「北朝鮮人民の幸福を図ろうとしているか」ではない。そんな発想は金王朝にはとんとない極悪非道の権力である。数十万人入れられているだろう収容所のこと、数百万人がしばしば飢餓に陥っていることなどをみれば、そして自ら一族や周辺は贅沢や好き放題をしていることを率直に知り、絶対的な服従を強いていることを見れば、まともな政府でないことは明らかです。

言い換えれば、オウム真理教と同様であり、カルト国家です。北朝鮮にカルト団体はありません。国家自体がカルト状態だからです。この王朝を早く崩壊させるべきは当然のこと。

ただ、麻原と異なり、それは国家であってそこから逃げるのは極めて困難だから、幹部らとて「信じている振り」をしている人があること、金正日とてその立場になったのは2代目としてであって、それ以前に旧ソ連などで教育を受けてきたことから、一定の期待をしたい。

期待というのは、政治上の判断能力の維持、それも「自らと自らの一族、周辺の者」らがその権力を失わないように、生きながらえるためにはどうすればよいか、という観点での、情勢や彼我の力関係、相手方の出方判断といった判断能力があるのだ、ということです。

北朝鮮政府は、長くチキンレースで、結局は、経済支援を受けるという利益を得てきた。

核兵器も結局は開発を中止せずにすみ、ミサイルも進歩させられた。テポドンも完成にそれなりに近づいた。ノドンはとうに日本など向けて多数配置してありその排除はまだ約束さえさせられていない。核弾頭さえも、時間の問題で完成させられるだろう、という状態となった。

そして、直接に金正日として最も怖かったのは、イラク戦争でのフセインらがどうなるかとか、数年前、中国から北朝鮮に入ったところでの列車爆破ぐらいだと思う。

だから、今回も、6カ国協議なぞ無視して、ミサイル実験、核爆発実験ができた。ミサイル実験をさらに実施しようか、などどいう段階にまで至っている。

調子に乗ってしまっている。世界の殆どの怒りと、「今しかない」という感覚を軽視している。
そんな北朝鮮は、臨検となったとき、ずるく立ち回れるだろうか。放送で述べている通り本当に宣戦布告扱いをしないだろうか。
勿論、本当に宣戦布告扱いをする!と脅かすのが、北朝鮮側の戦略だろう。

だが、日本は、過去、ABCD包囲陣とか、原油輸出禁止により、まさに窮鼠となった。それが直接的には太平洋戦争をはじめた理由だという。
今日、北朝鮮にあって、中国からの援助・輸入さえ著しく減少させられ、幹部らの外国預貯金まで封鎖され、果ては臨検となったとき、まさに宣戦布告として扱うのではなかろうか、と思う。

あるいは、米国政府はそれを狙っている、待っているのだとも感じる。
先制攻撃として、米国がノドン基地、核施設関係を攻撃することはないだろう。オバマ政権として国民に正当性を主張できないこととなってしまうから。
だが、たとえばノドンの日本への一撃−といっても何発もが続いてくるのだろうし、化学兵器はもちろん搭載していよう−があった時、韓国への侵入があったときは、徹底してできるように、次第に準備を整えていくのだろう、と思う。さきのクリントン国務大臣の、日本や韓国が攻撃されれば云々というのは、形上は攻撃を許さないということだが、逆にいえば攻撃があれば直ちに徹底してやる、ということです。

北朝鮮が「挑発だ」という通り、米国は一面で、それを待っているのではなかろうか。丁度、真珠湾攻撃の時のように。

オウムでの麻原の心理は、後に判明したのだが、病気ではなかったものの、1994年頃以降は、誇大妄想のみならず被害妄想も著しく増してきていた。
私は、まず麻原を逮捕してくれっ、と求めていたが出来なかった。それをしていれば地下鉄サリンは止められたが、警察はやはりそうしなかった。

金正日は、正常だろうか。ミサイル・核実験と続けた、今回のチキンレースばかりは北朝鮮側が止めなけれればならないはずだと思うが、分かっていようか。

中国の存在がオウム真理教の時とも、過去の日本とも異なる。その中国は、何をどうすれば良いかよい智慧があるのだろうか。

自衛隊は、ノドンには化学兵器が搭載できようから、まずは全国で直ちに毒ガスの除染対応をできるよう用意してほしいです。万一ではなく、まあ百が一ぐらいの気持ちにて。


爆発物自体としては、命中率が高いものではなく、ある程度の被害はあろうが甘受するほかはなかろう。先制攻撃を、などと日本の有力者が言うなど、防衛でなくなるから矛盾であり挑発でしかない。だが毒ガス対応は準備ができるはずだし、しておくべきこと。

6月2日追加−下記に北朝鮮の化学兵器とその弾頭について証言が出ましたね。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2009/20090601090745.asp
3



2009/6/1  13:25

投稿者:友北

うーん、数十発発射されて、2.3発についてようやく迎撃できるかどうかではないでしょうか。イスラエルの時は何発迎撃できたのか、ごく少数だったように思うが。費用対効果からすると意味がないものだと思いますが。だから、化学兵器の除染準備を全国津々浦々でしっからりできるようにしておくことの方が意義があると思うのだが。

2009/5/31  20:41

投稿者:ほぼ失業者

先生の今回の記事の最後・・・爆発物自体としては、命中率が高いものではなく、ある程度の被害はあろうが甘受するほかはなかろうが・・・ってありますけど、PAC3(パックスリー)じゃ迎撃不可能ってことでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ