2005/3/17

訴訟能力の鑑定−最終芸達者  カルト・宗教・犯罪

 元マハーアングリマーラ大師こと佐伯一明被告に最高裁判決が下されようとしているとき、
 そして3.20を前にして、こんなニュース。
 ナンナンダアとも思う。

 だが、訴訟能力の鑑定は、したほうがいいのではないかなぁと思う。後の世のために、司法が正しく裁いたと明確にする為に。
 検察・警察として、この医師について、邪魔だからとして何かにかこつけて逮捕とかは絶対しないように望む。

 まあ、一審裁判をずっと見てきた人たち、その記録を見られる人たちにとって、彼の2004.2.27判決のときの、あの判決和を嫌がって立ち上がらない状態に象徴されるように、なんら訴訟能力に問題のないことが分るのだけれどね。

日本テレビサイト
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20050317/20050317-00000019-nnn-soci.html

>精神科医−脳の疾患など何らかの病気にかかっている可能性を主張
>中島節夫医師
ああ、催眠療法の先生ですね。元の北里大学助教授。

>「もうほとんど無言の状態で、一番おかしいと思ったのは
>車いすで来ている」
>「意味のある言葉としては全くなかったんじゃないか」
>と、去年11月に接見した様子を話した。
このあたり、よく分からないですね。車椅子は昔からなのだが。
1度会っただけ、30分だけみたい、それで分かったのかなぁ。
精神鑑定の経験はどのくらいある方なんだろう。いろいろな被告人がいるものなんですけれどね。

>−−「脳の器質的な疾患を疑うべき」と語った。
これ貴重な話ですね。
MRAとか、脳血管撮影とかいろいろある、すべきだと。

 経験では、前頭葉広汎壊死の事例に遭ったことがある。逮捕以前の通院歴を調べていって分ってきて、裁判所がようやく鑑定を採用。裁判所、そして鑑定医も、驚いていた。
 まあ、結局酒を飲むと複雑酩酊をする心神耗弱どまりの診断だったけれど。そして、事件当時からそうだったと確定。

>自分で布団の上げ下ろしもできない。
それは、オウム真理教の頃からなんですけれど、と言いたいが。

>「『ピック』という、脳が委縮する病気が考えられる。
>『梅毒』(による進行マヒ)とか」と述べるなど、
なるほど、是非調べるべき。

 彼について「最終芸達者」と表現した、あのオウムの本質を突いているアニメを作った青沼陽一郎さん。貴重なんです、女装までして逃げ、方角を占って逃げたというような情報

 彼のそんな芸の能力の凄さ・粘着に惑わされる医師もありましょう、もとより脳器質障害があればあるでそれはそれ、いずれにしても正しく判断すべきこと。

雑居房に移すべき、とつくづく思う。
そんな真似を許してもらえる特別扱いが問題なのだから。 
2



2005/3/19  1:30

投稿者:友北

おおっ、一人オウムのぼんちさん、
レスでお久しぶり
そうね、同居人は迷惑でしょうな。
でもそれも一週間程度で
社長も素直な被告人に変身すると考えますが。

 まあ、外の事件でもそうなんだが、殺人事件と、政治・思想・宗教がらみの事件だと、多く独居房ですよね。雑居房の看過力は馬鹿にならないと思うのだが。

 そういえば、法の華の福永も、ライフスペースの高橋も、麻原さんも、ビーモンも、東京拘置所のそれぞれ独居房だったなぁ。


http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/

2005/3/18  3:26

投稿者:聖者ぼんちリンポチェ

雑居房というのだけは賛成しかねますな。
同居人が大迷惑ですよ。
同居人さんはまだ「悪い奴」という確定は
してないのですから、
そんな迷惑な罰を与えられる必要はないかと。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ