2009/2/10

統一協会の霊感商法-刑事捜査  カルト・宗教・犯罪

>印鑑販売会社を捜索=高額商品購入させる
>−占いで不安あおり・警視庁(時事通信)
>占いで命がなくなると不安をあおり、高額な印鑑を買わせたとし
>警視庁公安部は10日、特定商取引法違反(不実の告知など)の疑い
>都渋谷区の印鑑販売会社「新世」と同社の代表者宅など数カ所を家宅捜索
>20代と30代の女性販売員2人は2007年10月から08年7月にかけ
>JR渋谷駅前で50代の女性3人に声を掛け
>占いで「このままだと命がなくなる」と不安をあおって
>それぞれ1個数十万円の印鑑を購入させた疑い

とうとう、ここまで来ましたね。ようやく、です。
「新世」

もろもろの経緯があろう。
そもそも、オウム事件がなかったら、10年は早かったのではないか

要するに刑事上の違法行為があるときは、
それが実は宗教団体の行為であっても、
そこがいかなる有力者との人間関係・金脈関係を構築していようとも、
捜査し、処罰していくことが当然のこと。

霊感商法の被害は、下記に詳しい。どうぞご参考に。
http://www1k.mesh.ne.jp/reikan/

うーん、弁護士に相談が来た被害は一部に過ぎない。
ここ50年近くで、数千億円にはいっているのではないか、と思う。
ひょっとすると1兆円を超えるか

欧米だとそんな形の霊感商法はなく、信者となった人からのなんともすごい献金や、信者の花や珍味売りという信者の悲劇のみの模様。
韓国だと、なかなか妻を得られない農村部に嫁にきて貰う為に形だけ男性が信者になったり、一つの経済グループにさえなっている。合同結婚で韓国にいった日本人女性のお嫁さんは何千人になるのか。桜田純子さんは甘すぎる。

統一協会は、日本の高齢者を含む多くの人から詐取したお金で、世界のいくつかのところで影響力を維持し、また問題を起こしてもいる。あまりに不正常。
モトカラタタナキャダメ

改正されてきた特定商取引法と政令、実に役に立ちます。
詐欺や恐喝、強要罪というのは構成要件を立証するのが大変ですから、取っ掛かりとしてこの法律違反が使いやすいのでしょう。

なお、「カルト団体に対する規制立法」というのは、一般法として作ることには反対ですが、このような実質的に違法性ある行為を取り締まる形は賛成です。

このことは日本独自の問題だが、世界的なことでもある。
尻つぼみにはなることなく、日本から統一協会の霊感商法の根絶を

なお
本来は、公安警察が出る前に刑事警察が対処しているべきことであり、
それができなかった体制、能力、しなかった背景?が問題かもしれない。
だが、それは後に議論すべきこと。

今はともかく徹底して捜査・検挙すべきもの。
6



2009/2/17  19:24

投稿者:takitaro

こんばんは。
オウム事件がなければ10年早かったのでは?
というのは、当時、統一協会の力が弱まっていて、警察が入るかも、ということを聞いていたからです。

それから、今回の統一協会に対する逮捕、捜索なども、「カルト対策立法」なぞなくとも、十分できたものです。それをしなかったのがおかしいだけ。

カルト対策立法とは、フランスのように、団体として特定してその団体について注意する、というものです。

ですがそんな特別立法などなくとも、その他の法律を、宗教団体だから云々などという遠慮をなくしてすれば、カルト対応は、できるものだというところが大切だと思います。

理念的には、「他の人に許されないことは、団体の自由、宗教団体の自由なぞを標榜しても同じく許されないのだ」ということです。

サイエントロジーについては、米国の影響か、このところヨーロッパでも、対策が緩んでしまっています。団体規制のようなことだと、長く続かないです。
そもそも、「カルト問題はゼロか百かではない」のですから、団体規制を主とすることは、馴染まないものです。

日本国内でも、まあ数十の、ミニカルトがありますもの。

「問題とするのはその団体の行動であり、団体の存在自体ではない」という姿勢こそが、カルト対応を、よどみなく続けられるものなのではないか、と考えています。

もちろん、オウム集団のような破壊活動を明確にした団体は、公安治安問題であり、団体としての対応になりますが。

2009/2/11  21:07

投稿者:ほぼ失業者

確か、地下鉄サリン事件の数日後にオウムに強制捜査が入ったとき、あるワイドショーで某外人コメンテーター(確か、D氏)が、「欧米では怪しげなカルトを取り締まる法律がちゃんとありますよ」と言ってたような覚えがある。それが本当なら、滝本先生がこのブログで述べておられる「『カルト団体に対する規制立法』というのは、一般法として作ることには反対ですが」という部分など、欧米の方が読んだら首を捻ると思いますよ。何でも欧米がいいとは思わないし私はどちらかと言えばウヨで愛国者だけど(祝!本日は「建国記念日」)。でも、「人権派」の学者や弁護士さんがやたらと崇め奉っているフランスなんかは、政教分離は徹底しているし怪しげなカルトはどんどん摘発されてますよ。

2009/2/11  18:29

投稿者:Unknown

統一協会の手相見なら東京都内のあちこちの駅で見かけるね。何で警察はこうした信者に職質しないのか、すごく不思議なんだけど。
キャッチセールスもそうだけど、警察がオタク狩りと同じレベルで声をかけてる人間の持ち物をチェックしたり、交番に連れてったりしていれば、こうした詐欺師の活動の場はかなり抑えられたと思うぞ。

>そもそも、オウム事件がなかったら、10年は早かったのではないか

何でオウム事件がなければ10年早いの? オウムに捜査の人手が取られてたってこと?
統一教会はオウムができる前からずっと悪さしてただろうが。
さっさと取り締まれば良いものを、人権だの信教の自由だのと言って犯罪組織をのさばらせるのは、いつも「弁護士」だろ?

>「カルト団体に対する規制立法」というのは、一般法として作ることには反対ですが

何で? カルト被害者が生まれなくなると、自分たち「弁護士」の仕事が無くなってしまうから?
他人に「地獄に落ちるぞ」と言うのは、「自分に逆らうと痛い目に遭わすぞ」と言ってるのと言ってるのと同じで、脅迫罪にして良いと思うよ。

一般の人でも、事件や事故に遭わないための警告として不安を煽ることを言う場合もあるけれど、それは現実世界での実体のある話でね。それに対してカルトの場合は、全く実体の無いあの世の話であり、しかもそれを根拠に金品を要求してるわけ。

こんなの理不尽な因縁つけて金を脅し取るただのカツアゲじゃん。不良学生が何の根拠もないのに当たり前のような顔して、寄付だの徴収だのと称して金を巻き上げるのとどう違うんだよ。
そしてこんなカツアゲ集団を取り締まる法律の制定に反対する「弁護士」って、いったい何なの?

>それができなかった体制、能力、しなかった背景?が問題かもしれない。

しなかった背景は「弁護士」だね。
でも、いずれの問題でも、「カルト団体に対する規制立法」をすれば解決すると思うよ。
モトカラタツとはそういうこと。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ