2008/9/13

オウム情報−抄本  カルト・宗教・犯罪

時には、以下オウム情報までに。
抄本とのことです。

ひかりの輪
>8月27日(水)20時・22時勉強会
>夏期お盆セミナー特別教本を元に論議
>「縁起の法」を中心に見ていくと、現象のあり方の本質が見
>講師はH部長です。皆さん是非参加 

>新団体「ひかりの輪」が5日、団体規制法に基づく観察処分
>取り消し請求を公安審査委員会に
>請求書では「教団とは別団体で、無差別大量殺人に及ぶ危険性はない」と
>上祐派は昨年5月に新団体を発足させたが、
>公安調査庁は、現在も処分対象
>上祐派による処分取り消し請求は初めて。
>オウム真理教は過去に2回、取り消しを求めているが、認められず

アレフ
>◆密儀ヨーガの会
>30日(土)は、密儀ヨーガの会
>テーマ「タントラの奥儀」
>毎回、密教の七つのプロセスによってグルとの縁を深めるイベント
>今回から「タントラヤーナ」が歌える
>グルの弟子として、深遠な教えを実践できる神聖な儀式を
>20時開始参加費1500円
>◆特別イベント
>「グルを評価する人たち」8月31日(日)
>宗教家として、グルを高く評価する有識者の方たち
>マスコミに叩かれてもグルを評価し続ける人たちの姿勢から学ぶ
>公開していない貴重な資料も取り上げ、グルの偉大さについて再確認
>貴重なビデオも上映、導きにも有効な情報
>※布施の儀式も。13時開始、参加費2000円

>3日(水)の勉強会「喜覚支」
>修行が進むかどうかの重要なポイント
>意外に苦手な方が多い
>具体的な実例を取り上げながら、解説
>今後の実践に生かして
>20時〜行法タイム、21時〜勉強会
0



2008/10/1  10:50

投稿者:takitaro

アンノウンさん、本文に転載させていただきました。すいません。殆ど同意です。たた「そんな早く取り消す訳ない」ではなく「永遠に取り消す訳ない」というようにしたいと思います。

勝手にシンドバットさん。そうですね、「知識人」てなんなんだろうっ、思います。吉本にしても麻原が法廷でしっかりした対応をするように期待していたみたい、本質を何も分かっていないことが明白になったのに、ね。

2008/9/27  15:03

投稿者:勝手にシンドバット

オウムは、相変わらずなんですね。
地下鉄サリン事件当時のあの無責任なコメントを、また思い出してしまいました。
特にひどかったのは、吉本隆明とその弟子たちでしたね。
彼らの無神経なコメントが、未だにオウムにすがりついている信者たちのよりどころになっているのを見ると、その罪の大きさに呆然とします。

松本智津夫は、多くの人々を自分の奴隷として使いながら世界を征服する野望を実現しようとしていました。
オウムの理解者を、自称していた人々の無神経なコメントがこうして利用されているのを見るといたたまれなくなります。
彼らの理解者ごっこの、犠牲者なのですから。

本来、麻原の奴隷にされた人々の自由な人生を回復することが人権を守ることのはずが、「人権派」によつて、オウムという組織を守ることが人権を守ることにすり替えられてしまったことが残念です。

特に、最近の森達也氏の発言が果たした役割のひどさ二は、怒りさえ覚えます。
死刑判決を受けた、元信者と面会し、その話の中で元信者が命がけで伝えたいことを無視して、自分の結論に都合のいいように歪めたコメント作っています。

この行為が、多くのオウム信者の社会復帰と、人生の回復をさまたげています。

私は、はっきり言ってこれは、森達也氏の、人生に対する犯罪だと考えています。

2008/9/13  19:27

投稿者:Unknown

上祐は観察処分の意味が分かっていないんじゃないのか?
テロ団体の最高幹部だった上祐自身が、まだ出所してからたったの9年しかたってないだろ。

ひかりの輪教団としても、アーレフ時代は隠れて麻原崇拝をしていたのだから、一応脱麻原したと自称している期間は、まだわずか1年と数ヶ月でしかない。

高校生の観察処分じゃねえんだよ。大量殺人を起こした組織の観察処分なんだ。
そんなに早く処分を取り消すわけねえだろ。

上祐がアーレフ時代も嘘をついていた事を考慮すれば、ひかりの輪も信用性は当然ゼロ。
観察処分の継続は決定だろう。
本当は一回の観察処分がもっと長くていいくらいだ。

上祐は教材廃棄をしたりと悪あがきを続けてるけど、表向きの教義など何とでも言える。
オウムで同じ構成員だった人間たちが、まとまって脱会して新しく教団を作ったこと自体が、すでに麻原の影響下にあるんだよ。
麻原が共通の価値観で集まった人間たちなんだから。

本当に麻原の影響が無くなったのなら、すぐに脱会してるわ。
当分の間はどんな宗教からも離れるだろう。

上祐、そしてこれは野田もそうなんだが、彼らは自分自身の反省はせずに、あくまで宗教のやり方の反省をしているだけなんだ。
だからいつまでも宗教家でいたがる。
法の正しい解釈の仕方だとか、より良い布教の仕方とかを反省するんじゃなくて、幹部だった自分を反省すべきなんだ。

それも、私は無智だった、とか宗教に照らし合わせるんじゃなくて、どうしても脱会できない自分、宗教的洞察力が無かったくせに再び指導的立場になりたがる自分を反省すべきなんだ。

(本当は一人のグルとして、また殺人等も含めて、実際に識別を無くしてみせてくた先輩として、麻原を認めているから、自分の反省という概念自体が無いのだろうけど。)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ