2008/4/23

安田弁護士−高裁で逆転有罪  憲法・社会・官僚・人権

高裁で逆転有罪だったんですね、驚き。
一審では詳細な事実審理の上で、殆ど真っ白無罪。
それが逆転とは、驚き。

私は、安田弁護士の、
・死刑廃止論や
・光市事件での弁護団の記者会見などでの失礼さ
・何より、死刑判決の蓋然性が高いときは着々と時間をかけて弁護する
というやり方には大いに反対であり、かつもと今はその同じ事務所の
・松井弁護士に就き先に述べたとおり懲戒請求をしているものですが

それはそれ、これはこれ。

この事件では安田弁護士は無罪になるべきだと考えており、
まあ名前だけですが、高裁の弁護人弁護士のひとりにになっています。
驚き。
次は最高裁だな、と思う。裁判所の独立がためされているように感じる。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ