2008/4/19

人は時に人を殺して良い  憲法・社会・官僚・人権

うーん、死刑廃止論議を見ていて、時に
1−人は、決して人を殺してはいけないから(宗教者の言い方だったり、「人権派」の言い方だったりする)
2−国家にあっても、人を殺してはいけないから(亀井議員の言い方)
なんていうことをいう人がいて、唖然とします。

私は、死刑廃止論の理由として、
1−冤罪の危険性とか、
2−死刑執行人の苦悩、というところを言うのはよく分かるんです。
ただ、それでも
1−冤罪の危険性がないというほかない事件もある。
2−誰かが執行しなければならないものであって崇高な職務である。苦悩を少しでも減少させるべく、それを環境、社会認識、哲学、イデオロギーにおいて設定すべき
ということから、私は死刑存置論なんです。

>1−人は、決して人を殺してはいけない
というの間違いですよ、明らかに。議論が乱雑に過ぎる。

自分や他の人を今、殺そうとする人がいればその人を正当防衛により殺しても違法ではないし、船が沈没して1枚の板を2人が争うとき相手を蹴飛ばして海に沈めても(カルネアデスの船板)違法ではない。まあどちらの場合も従容として自分の方が死ぬ人もいるだろうし、映画タイタニックのデカプリオみたいなことはできると思うが、誰も、正当防衛での殺人さえしない聖人?になれ、と人にいう権利iもない。

私は戦争は避けたいけれども、真実の自衛戦争であれば、攻撃してくる人を殺しますです。自衛戦争も認めます。真実の自衛戦争かどうかが問題ですが。モーパッサンの短編集の中の「脂肪の塊」というのが哀しいものなのですが私は好きだなぁ。

つまり「人は時に人を殺して良い」んです。

>2−国家にあっても、人を殺してはいけないから
亀井議員がこんな感じて言っているんだけれど、そうすると亀井議員は自衛戦争も否定的にとららえるのかなぁ、そうは言っていないと思うので不思議。

国家が殺さなくて誰が殺すんだろうか、と思う。

死刑廃止の流れは、キリスト教における「最後の審判」が深く影響しているように思う。人が処罰しなくても、被告人が死亡した後のいつかの「最後の審判」において神が審判してくださる、という感覚、ね。まあ仏教でもあらゆる人に対する「慈悲」概念が影響しているのかな。
だが、そんな宗教概念みたいなものとか、決め付けに同調される謂れはない。

昔のように仇討ちを合法化したいのだろうかしら。
仇討ちは武士階級にしか許されなかったが、町人や農民が仇討ちで殺したときは、十分に情状酌量されていたのだろう、と思います。で
仇討ち制度は、たまたまその立場になった被害者武士の子どもらに非常な負担をかけたものでしょうね。そしてもちろん、仇討ち制度などあれば、法秩序は混乱するばかりでしょう。
死刑を含め刑罰は、個人や地域、部族、お家というものから刑罰権を国家が奪った代わりに、国家においてやってくれなければ困るものです。「日本」がいつまで国家かは分からないが、そのような「国家」というもの自体は死滅しようがない。

最後に、
1−私の死刑存置論の積極的な根拠は
「生物にとって自分の命は通例最も大切なもの。その大切なものをもって贖うのが最も重い刑罰であり、もっとも重い刑罰を廃止することは間違っている。そして刑罰の本質は応報であって、人間が決して神ではない以上、死刑制度を存続させるべき」というところです。
2−その上で、具体的には被告人により死刑は不相当・不適切というべきものがあり、その一つとしてオウム事件における教祖以外の12人がある、と考えています。
・マインド・コントロールの激しさ、
・1994年5月からの事件は明らかにイニシエーションとして使われた薬物使用影響が現れていること、
・12人は、個人それぞれは何らの犯罪傾向がないものであったこと。
によります。

参考までに、私が麻原法廷で述べたことなど下記にあります。本人は右2メートルほどに、二女や三女が傍聴席にいるところで述べてきました。同被告の死刑執行には立ち会いたいです。
資料 30 2003.3.27−「麻原さん」法廷で最後の意見陳述−東京地裁にて
資料 25の2 − 資料25のより正確なもの
資料 25 2000.5.12−麻原さん法廷での、最後の陳述予定のもの
資料 24 2000.3.9−麻原さん法廷での滝本陳述−予定していたもの
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/shiryou24-.htm
1



2008/4/25  19:50

投稿者:沈思黙考

私は「人を殺したら死刑」というカントの論理が絶対的に適用されるならば死刑制度に賛成しますが、現実には社会において全くそんな論理は共有されえないものだと思っています「例1・障害をもった息子を殺した親には数万人の減刑嘆願が集まる。例2・教師が生徒を殺したときも同様(近畿大附属女子高校殺人事件)」
滝本先生も例1には同情を示すかもしれません。アメリカでは出生前診断によって軽度の障害でさえも中絶されるようになってきているそうです。日本でも、重度の障害をもった男性が交通事故で死亡した際、保険会社は賠償額の算定でこの男性が将来得られるはずだった収入をゼロとし、裁判所も追認しました。赤ちゃんポストの件もあります。本質的にみて社会は、ゆっくりとしかし確実に、「優秀な頭脳と健康で美しい肉体をもった人間」を創り出そうとしたナチスの社会に近づいていると思います。親の素朴な願い「健康に育ってくれさえすればいい」をふまえても。藤井輝明著「運命の顔」に出てくる大変心優しい女性でさえ藤井さんを拒絶する場面をふまえても。「命は最も大切なもの」という理念を人間は高らかに謳いあげることができるのでしょうか?滝本先生は存置論者でいらっしゃいますが、コメント欄を読みますと、「良かった」という感覚を持った大多数の国民よりも私の感覚に近い気がします。

2008/4/24  2:59

投稿者:KT

はじめまして。私は死刑制度の存廃についてはまだ違憲を決めかねています。
いま考えているのは最近続いて起きている「誰でもいいから人を殺して死刑になりたかった」という事件についてですが、このような犯罪の場合、死刑というのは相応の罰といえるのでしょうか?
池田小事件や荒川沖駅前事件のようなケースで、死刑制度というのは見せしめや犯罪抑止の役割は果たさないのではと思ってしまうのですが。

2008/4/23  21:14

投稿者:takitaro

yasuさん
どもっ、井上被告は無罪はありえないです。量刑をどうするか、とは余りに違うことかと思います。オウム事件の信者被告については紙一重だったことを現役さんも、脱会者さんももっともっと強調して欲しいように思います。

「真」さん。
うーん、刑罰は国家成立以前からありますし、秩序維持を言うほどもない小規模の、それ限りでの原始共産制みたいな所での刑罰もあったと思われます。だから、私は本質は何かと言われたら、応報だと思うんです。

ほぼ失業者さん。
うーん「良かった」という感覚はないんです。本村さんもそうじゃないのかなぁとも感じます。一昨日夜のインタビューでは、死刑制度があるからこんなに悩んだ、とも言われていました。「良かった」というのではなく、なんかその「一つのケジメになったなぁ」という感覚ではなかろうか、と思うんです。本村さんは無期懲役ならば無期懲役で裁判所の判断として尊重したのではなかろうか、と想像しています。

http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/

2008/4/22  15:42

投稿者:ほぼ失業者

光市母子殺害事件の差し戻し審(広島高裁)判決がで鬼畜の元少年が死刑となり、本当に良かったと思います。先程職場(といっても短時間勤務)で第一報を知り、2時に帰宅してワイドショーにかじりつきました。仕事上でハイティーンの少年少女と接することが多いのですけど、彼ら彼女らは自分たちが少々ヤバイことをしても大した罪にならないこと、ちゃんと知っています。青少年は純粋、なんて思っている自称人権派の偏差値インテリどもは、奴らの実態を全くわかってないから、呆れかえります。特に、『A日新聞』の社説なんか読んでますと、失笑してしまいますよ。

2008/4/20  20:29

投稿者:真

>刑罰の本質は応報であって

もちろんそれもあるでしょうけど、制度としての死刑設置の一番の理由は、やはり治安維持上の理由だろうと思いますよ。

統計上の明確な証拠は無いようですが、やはり犯罪の抑止効果はあるだろうと考えられますし、更生の見込みのない者を一生税金で食べさせたり、再び社会に解き放つよりは、死刑で殺したほうが国家運営上、合理的です。

もし応報の面でいえば、教祖以外の12人も死ぬしかないです。
殺された側の身内は、そうしなければ納得しません。
12人の事情など、どうして遺族が考慮してあげなければならないのでしょうか。
個人の刑罰権を国家が奪ってるんですから、代わりに国家がしっかりと12人を殺すべきです。

また、国家運営上の面からも、やはり麻原と12人は全員殺したほうが理にかなってます。

加害者の精神状態がどうであれ、殺人を犯した者はしっかりと死刑にすることで、その他の宗教団体や犯罪予備軍への見せしめとし、犯罪者を養う税金の無駄使いを無くし、精神疾患なら無罪になるという国民の不公平感は解消され、それにより国家にたいする信頼感も生まれるのです。

こうした引き締めが今の日本には必要だと考えます。

2008/4/20  0:55

投稿者:yasu

もし、井上被告などオウム事件の裁判員に選ばれたらどうしようかと考えますね。
わたしは死刑というよりは無期懲役を主張したいと思います。
ああいう事件だけに無罪はダメでしょうし。
被害者も許さないでしょうな。

アーレフ信者ならどう考えるか訊いてみたいものです。
たぶん、彼らは「無罪」を主張するんじゃないかな?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ