2008/3/26

★「地下鉄サリン事件から13年の集い」  カルト・宗教・犯罪

下記の集まりがあります。
どうぞ、どなた様もご参加くださるようお願いします。
------
「地下鉄サリン事件から13年の集い」
3月26日(水)午後1時15分開場、午後1時30分開会
銀座・十字屋ホール 
東京都中央区銀座3−5−4 (電話:03−3561−5250)
【プログラム】
◇開会のあいさつ、音楽演奏
◇被害者・遺族の近況
◇高橋シズヱ著「ここにいること」出版のご案内
◇オウム事件被害者への給付金支給に関する法律について
◇オウム真理教の破産手続について
◇出席者の発言
◇破産手続結了後の被害者支援と支援機構について
◇閉会のあいさつ

【趣 旨】
1995年3月20日に地下鉄サリン事件が起きてから13年が経過した。
首謀者である松本智津夫は、06年9月15日に死刑が確定した。
地下鉄サリン事件に関与した他の犯人たちは、まだ逃亡している者もいるが、すでに死刑あるいは無期懲役が確定しているか、最高裁で係争中の段階にきている。
 
では、被害者はどのような状況に置かれているのか。

95年6月に、オウム真理教による被害の相談を受け付ける「110番」を開設したところ、地下鉄サリン事件の被害者(遺族を含む)からの電話が相次いだことから、被害対策弁護団が結成され、相談会が開かれた。 その結果、40組の被害者が損害賠償訴訟を起こし、民事裁判が始まった。被告は、松本智津夫をはじめ、地下鉄サリン事件に関与した15被告とオウム教団だった。

2000年3月、最終的に勝訴判決を得たが、被告側から損害賠償金は1円も支払われていない。一方、民事訴訟を起こした原告は、95年12月にオウム真理教に対して破産の申し立てをおこなった。
96年3月にオウム真理教は破産宣告を受け、裁判所から選任された破産管財人がオウム真理教の財産を管理し、債権者に配当する業務に入った。 また、原告以外の被害者も債権届を出すことによって、経済的被害回復の機会を得ることになった。

 以来12年間、破産管財人の並々ならぬご尽力と、被害対策弁護団の一貫した熱意なしには、とても現在の配当率34%にはならなかった。
 反面、この破産管財業務によって実質オウム真理教である後継団体の活動を抑えてきた管財人に甘んじて、国は被害者救済策を何も講じてこなかった。

ようやく国が重い腰を上げたのは、昨年の債権者集会における阿部破産管財人の(破産管財業務では)もう限界です」、「来年の3月を持って結了と致します」と宣言したことからだった。

  オウム真理教による犯罪被害者の救済がなぜ必要なのか、
こんご同じようなテロ事件が起きる前に何をすべきか、
  国として恥ずかしくない被害者支援を実行するために何が求められているのか、
  この集会で総括してみたい。
0



2008/3/28  22:28

投稿者:サマナ選別

いよいよA派によるサマナ選別が始まった。選別される側の悲痛な声を聞いて欲しい。

http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-213.html

2008/3/22  22:38

投稿者:yasu

珍しく (yasu)

2008-03-21 02:08:07

同日2連投でつか。


わたしは謝罪をするのを辞めました。

アーレフの謝罪文は白々しい限りですが、
わたしが書いたとしても五十歩百歩だと思われているかもという気がしてきましたね。
それに、教団にとっては「在家信者」は「お客」でしかないですから。

たとえば、ある百貨店を経営している会社があって、その会社は社長や重役が暴力団まがいの人殺しや強盗を働いていたとします。
一般社員はもちろんのこと、そこに買いに来ている客は何も知らないと。
その客に在家信者は相当します。

で、その悪事がばれて破産してしまったと。
そして、微罪や悪事を知らなかった元幹部が新たに会社を立ち上げて、またスーパーマーケットのチェーングループの幹部を代表役員に収まったと。

その客が前の会社の不祥事を謝罪するなんて滑稽でしか有りません。









Unknown (ふんどし)

2008-03-21 02:53:45

YASUさんのご意見に賛成です

私の知ってる某元関西方面大規模・・・・・・せんせは、アーレフ代表や輪っか代表に会ったとき、例の「過激感想文」について、あたかも教団が迷惑蒙った被害者だ、というような言い方されて唖然としたそうです。

そもそも内部でのメモを天井裏に隠匿した咎、記者会見で個人情報を晒しまくった重罪、他にも個人情報晒しで数々の無法をやりつくしておきながら、あたかも末端下々に責任があるような言い方!!

素直な「真面目信徒」の方々なら、上からこんなふうに言われたら自分を責めて落ち込んでしまうのでしょうが、私の某知人の方はウルトラ阿修羅ですから、相手が正大師であろうが正悟師であろうが、筋の通らない本末転倒なんてかまされたら絶対に許さないと怒り心頭!! 最近彼の親しい友としての私の論調に変化がみえることに気づいておられるかどうかはわかりませんが・・・

とにかく、ヤスさんとしても、凡夫外道の馬鹿者共が、弱いものイジメで「布施を犯罪に利用された信徒にも責任あり」なんてアホなこと言いよったら、一言言われたら百言くらい言い返してギタギタにしてやってください!! 応援しとります!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


白龍さんのブログコメント欄から転載させていただきました。


2008/3/15  19:30

投稿者:会社員

今回は会社勤務のため参加できないのが残念です。次回は参加しやすい土・日に開催できるように検討ください。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ