2007/10/31

メディア報道の速度と正確性  メディア・ネット

メディア報道って、既にネットに遅れることが少なくないのですね。
26日のこのブログに書いたことにつき、昨日午後、やたら取材が多くなりました。
で、31日の朝刊でようやく各所出るみたい。

で、正確性についても、メディア報道って、ネットに劣ることが既に少なくないようですね。
この件では、対象弁護士が懲戒となるかどうかが関心事ですが、
同時に裁判所対応において、弁護士や弁護士会が自治権を守り抜けるかも
歴史上、おおきなポイントです。

そんな理由もあって、私は、2006年9月15に後決定の後、
その9月25日には、懲戒請求を出しています。
今回、裁判所が懲戒請求をしたのは2007年3月になってから。

で、議決書の請求者欄の冒頭はもちろん私の名前です。
報道には、請求者はまず私、そして一市民、東京高等裁判所の事務長
ということだったということを書くのが、必須のはず。
それができていない。酷いものだ。

まあ、私なりが、26日に直ちに記者会見でもしたり、東京の司法記者クラブにファックスででも連絡すればよかったのでしょうけれど、していなかったです。

毎日新聞−東京高裁が懲戒請求していたとだけある。これでは弁護士会が裁判所に屈服したみたいではないか。ひどいもんだ。
朝日新聞−ここも東京高裁しか書いてない。しかも「迅速な審理を妨げ、被告人の利益を著しく損なった」として申し立てていたなどと記述があり、これを綱紀委員会が認めたように読めてしまう。文字数の関係だけでこうなったとは思えない。最低だろうと。
読売新聞−よろしいかと。請求の順序は書いてないが、「また事件被害者の滝本太郎弁護士ら2人も別に懲戒請求していた。」「松井弁護士に対する請求については、現在、第2東京弁護士会の綱紀委員会が調査を続けている。」「滝本弁護士は、「当然の結論がようやく出た。第2東京弁護士会にも早急に結論を出してほしい」と話している。」とあり、議決書の内容も簡潔に書いてある。
産経新聞−?
東京新聞−?
共同通信−?
時事通信−?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ