2007/10/21

宗教団体・破壊的カルト  カルト・宗教・犯罪

以前からそして今も「宗教かカルト」か、と問われることがある。
なんなんだかぁ、と思う。

諸団体の一部は破壊的カルトであり、その一環として宗教団体の一部も破壊的カルトになっている、と。
と同時に、宗教はまさに絶対的価値観を主張するものであり、証明を要せず、死後の保障もする、一部は「神秘体験」をもさせる。
したがって、宗教団体は、指導者によっては、もっとも破壊的カルトになりやすいものでもある。

で、下記のリトル・ぺブルというか聖シャーペル。
以前からネットでは、そのあまりの荒唐無稽さ、そしてしょもない性行為の暴露表現があり、注目されてきた。10人もいない団体。ふっー、と思ってきた。

で、そこでのメンバーの「告白録」とかみるに、やはりこの団体は確かに「宗教」でもあるのだなぁ、と考えざるを得ない。不合理な教義であろうと、自らの心身をつまりは更に痛めつけているものではあろうと、自らの救済、癒しを求めてもいるのだなぁと思う。

カソリックの団体かどうかなど関係のないこと。もちろん本山はカソリックではないとしており、その名称使用とかにクレームを付けている模様だが。

後々の悲劇が心配な団体の一つです。

以下、ご参考までに。
http://rongin-marie.rakurakuhp.net/
http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/

以下は手記
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/070909_clara_kokuhaku_2.html
http://d.hatena.ne.jp/rongin-marie/
0



2007/11/20  22:05

投稿者:H

wikipediaに詳しい説明が載っています。
ついに発狂しました。
まさか、ここまで狂うとは・・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%96%E3%83%AB

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ