2007/1/28

月刊プレイボーイ 3月号  歴史・定義・知識人の責任

恥ずかしいが買うしかないだろう、と。
どこだったか、私のことがなにか書いてあると言うことだったので。

一応、お勧めです。
森達也氏の「A3」というところ。
映画「A」に関する内容証明郵便のまあ一部ですが、掲載されたことは、メディアでは初めてのことですし。

おって、
月刊プレイボーイ紙に、このブログについてここまで書かれている以上、
反論のための寄稿、1号分の同じページ数−4ページ−
との要請をまずしないといけないのですが、
ともあれ、まずはお読みくだされば幸い、です。

と時間不足なので、まずご挨拶まで。

売上に協力してしまった?が、それも良いのでしょう。
もっとも怖いのは、
風化、また人が他人事だと思ってしまうこと、
ごく一部の異常な人が起こした事件だと思ってしまうことだから。
(この点は森さんと意見一致することだろうと)


0



2008/7/7  23:43

投稿者:takitaro

実は買って読んだのだが、どこかの喫茶店に忘れてきてしまったか、事務局が捨ててしまったか、見つからなくなっています。
どなたか、雑誌の奥付ともどもコピーを送ってくださると幸いです。「A推進委員会」についてはどこにも公刊物には書いていません。
というか、書く場が自分にはなくて、求めるのも馬鹿らしくて厄介で、なんとかならんかなぁ。

http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/

2008/7/7  20:19

投稿者:Q

問題の号の発売から約1年半経ちましたが、月刊プレイボーイ編集部は反論を受け付けなかったのでしょうか?
それから、滝本さんはブログやインタビューで映画「A」の推進委員会が実はオウム在家信者の団体だったと指摘しておられますが、この件について詳しく書かれた記事や本があれば教えて頂けないでしょうか。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ