2006/11/16

民主党メルマガより  憲法・社会・官僚・人権

まあ、転載は許されるだろうと思いまして、転載します。

私は弁護士なので、多くの弁護士について裏から見ることも多いのですが、
貧困から這い上がっての弁護士が、素敵な社会的弱者のための仕事をしているとは限らず、
金持ち出身の弁護士が、すごく素敵なこともあります。

これ不思議。

鳩山家って、まあおそろしく金持ちなんだろうけれど、その中には、素敵なことを言っている人がいるんですね。弱点は泥水を呑んでいないことだろうけれど。

--------------

<鳩山由紀夫幹事長の主張>

 学校現場における自殺があとを絶ちません。この2週間で、子どもさんで9名、校長先生で3名の方が、自ら命を絶たれました。こんな異常事態はかつての日本は経験したことがありません。この一事をもってみても、こうした厳しい環境下で、教育基本法案を平然と衆議院を通過させる政府・与党の気持ちがまったくわかりません。

 私は、北海道滝川市で自殺された小学校6年生の女の子のご家庭を弔問に伺って参りました。文部科学省の役人も来たといいます。滝川市には、そして教育委員会には。しかし、そのご家庭にはお線香一本、あげなかった、弔問すらしなかったといいます。

 責任がすべて文部科学省にあると言っているわけではありません。しかし、すべて人の子ではありませんか。お線香一本あげる、そんな気持ちになれない役人に、私たちは教育問題を論じてほしくありません。そのご家庭を訪問したときに、そんな思いを強くしました。

 教育基本法という教育の原点を論じるのであれば、いじめや、いじめによる自殺の責任がどこにあるのか、教育現場の責任の所在を明記しなければ、教育の法律とは言えません。それさえも書かれていないから、責任がたらいまわしになる、これが現実です。

 責任所在が不明確であるという同じような環境のなかで、未履修問題も起き、中学という義務教育の現場でも行われていたことが明らかになりました。にもかかわらず、文部科学省の調査開始は11月まつだといいます。これはどういうことか。

法案が衆議院を通過したあと、波が静かになったのを見計らって、少しずつ段階的に調査するということでしょうか。これこそ隠蔽工作。私たちは、こうした問題が教育基本法改正案に関わりがないとは到底思えません。少なくとも、教育基本法を改めるというのであれば、こうした問題を未然に防ぐことができる環境を法整備によって整えなければならないと主張してきました。

 さらには、やらせタウンミーティングの実態が明らかになりました。国民の税金を使って、国民の心を買収した行為です。教育基本法改正案を成立させるために、税金を使って買収するなど、とんでもない話ではないでしょうか。

 60年に一度、あるいは100年に一度の改正といわれながら、価値がないものができあがってしまったとき、結局はわれわれ政治家が後世の方々に顔向けできません。

 強行採決されてしまったことに誠に残念に思っています。しかし、私たちはこの悔しさをバネに、参議院でこの恨みを晴らして参ります。政治家の論理だけで申し上げるつもりはありません。
徹底的に、国民のみなさまと向かい合いながら、議論を深めながら、もっとすばらしいものをつくっていくために力を尽くして参ります。
----------------
0



2006/11/19  23:59

投稿者:コアラ

私はマインドコントロール被害者で、後遺症から回復のブログを書いています。宮前死刑囚の死刑執行に関する署名運動について、私のブログで紹介したいと思います。リンクできるURLがあれば教えていただけませんでしょうか。
私のブログはhttp://myhome.cururu.jp/rihabirikoara/blog/article/51000383238です。
よろしくお願いいたします。

http://myhome.cururu.jp/rihabirikoara/blog/article/51000383238

2006/11/17  19:50

投稿者:白兎

あと、またレス違いですが、あなたに幣ブログをみせるわけには、到底いきません。ちなみに、私のブログは、他社のものを使ってます。ここは、ブログ仲間がたまたまティーカップだったので覗いてみた次第です。最後に、貴ブログに乱文駄文掲載をし、侮蔑とも採られかねない、誤解を招く表現を用いましたことに、陳謝します。最後の最後ですが、二度と貴ブログには、来ません。考えが全く相入れないからです。ちなみに、私が唯一信じる弁護士は、稲田朋美氏と、西村慎吾氏です。では、もう二度とコメントしません。まかり間違っても告訴しないでください

2006/11/17  12:38

投稿者:美也子

先の記事へのご回答、ありがとうございました。
私は、正直なところ教育基本法改正の是非はわからないのですが、民主対案の中の1点
「国及び地方公共団体は、健やかな家庭環境を享受できないすべての子どもに対して、適当な養護、保護及び援助を行わなければならない。」
だけは、非常に良いと思っています。

http://madammizushima.seesaa.net/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ