2006/11/12


いじめ論議が多くあります。

それは勿論、これだけイジメ自殺が続き、11日限りだったかいじめ自殺の予告が文部科学省大臣に届いたりもするのだから、話題になるのは当たり前。

気になるのは下記。
まあ、私もかなりいじめられた方であり(罪名で言えば、傷害罪、暴行罪、侮辱罪・名誉毀損罪、強制わいせつ罪、強要罪、器物損壊罪)、
取り扱う事案でも、現在また過去のイジメ事案が跡をたたないことから、いろいろ言いたいことがあります。


いろいろな論者のなかで、いじめられる人に「闘え」みたいなことを言ってる人がいる。
(追加−石原都知事を初めね。この人は他の人を苛めてきた人なんだろうと、つくづく思う)。
苦労してエラクなった人、また中年以上の論者に多いと思う。

(追加−これって「いじめられている人」にがまともに対応できないから、その性格を変えればいい、闘えって聞こえるのでして)
何を言っているのか、バーカ、そんな言葉は本人を追い詰めるのであり、それこそ追い討ちイジメなんだと思うがね。

今のイジメは、「闘う」なんてできないものです。
圧倒的に身体的、人数的、物理的、精神的に闘えない状態や環境の中で、イジメが生じているのですから。

(追加−大切なことは、交通事故ではないんだから、故意犯なんだから、いじめている人が100%悪いのです。被害者はその性格の弱さなどがあるとしても悪い所は0%なんです。それをあんたの気が弱いせいだ、なんていう発想が一部でもあるならば間違いです。それは振込め詐欺で騙されやすい人がいたからとて責めるべきものではないのと同じ−この場合も騙し方は実に旨いんです。)


教師や教育委員会の弁明には、相変わらずひどいものが多い。組織を守るためなんだが、なんとも人一人死んだ重みなんて、組織を守るためにはどうでもいいのでしょう、人の噂も75日、それをひたすら待っている。
(追加−中には実に哀しいことにそんなひどくない校長が、おそらくは教育長、教育委員会との板ばさみになり、自殺してしまった)

いじめられている人には、どうせそんなものなんだから、死ぬなんて馬鹿らしいよ、学校に行くなっ、と言いたい。


だいたい教師同士でのイジメも多くある。酷いもんです。
警察官や、自衛隊の類でも、その中のイジメはひどいものだ。と感じる。
(追加−いくつか民事相談があり−時には上司・組織とか−裁判前にまあ示談解決した)。

根本的な対応なんて、どこもしていないでしないか、と思う。

教育現場で組織内のイジメの構造をほっておいて、イジメ防止も何もあったものではない。管理職制の強烈さ、校長の権限増加、減点主義による勤務評価、安全面ではなく教師や生徒の行動などのやたら瑣末なことばかりに感心をもつ管理体制。
ひどいものだ。

そもそも文部科学省の、教育内容についてひどく統制するやり方が、教員に対するイジメなんですよ。教科書検定の際の執筆者に対する、明確な指示、それも専門知識もない官僚が気軽に権威を傘にする対応する指示(以前は文書、後に口頭や付箋、また変わったのかなぁ)なんてことも、イジメにしか思えないですが。


例えば、「日の丸・君が代」強制など、文部科学省や東京都を初めとした首長は、裁判所でその義務の不存在が認められ始め、更に慰謝料3万円ずつだったか、そこまで認められるようになってきたことについて、どう考えるのかしら。
少数派の教師に対するイジメなんですが。


マスメディアの論調も、多くの識者の論調も、教育基本法改正の論議と絡めることをひたすら拒否しているのが全く理解できない。
一人ひとりのことを考える教育ではなく、国家のための教育という観点を強くし、児童生徒や親らに義務を強調していく体勢は、まさにイジメを助長するだけでしょうが、ひどいものだ。

6、まあ、当面
−1−
文部科学省のイジメの基準−継続的に、一方的に−なんて、組織を守るため、体裁のための、ナアナアのもの。これを早急に変えさせるべきでしょう。

−2−
イジメの報告につき、件数を上げれば教師の成績が下がるのではなく、しっかり発見したということで、評価を上げるべきものです。
(追加−被害者本人はニコニコとしていたりふざけていようなのでわからなかった、なんていわないでね。それはプライドを守る最後の砦、そんな発達心理を知らずして教師になるな、と思う)

−3−
加害者児童生徒は、サッサッと登校停止させ、立証がつけば、傷害罪で逮捕その他をすべきもの。

(追加−少年事件は、一端逮捕すれば鑑別所4週間とか置かれる。一般非行でも思うのだが、逮捕だけして勾留や鑑別所まで行かない、警察に一泊だけさせる逮捕で終わるという運用が取れないものか、と思う。家裁にすべ送致する事となっているからなのだが、身柄を一泊だけさせてしまうのを、すれば良いと思う)

−4−
教師の労働条件が酷すぎる。残業手当が出ないことを知らない人も多すぎる。予算をもっともっと用意すべし。
ただし、少人数教育にすればイジメが減る、とは思えない。それとの因果関係はないと。なぜなら、人間関係の病なんだから。

−5−
被害者本人には、ともかく「死ぬな、逃げろ、学校なんて行くな」です。

家で、公園で、どこかの土管の中で(今はないかぁ、笑)、
なにか好きなことでもしていようよ。

草々
0



2006/11/17  18:45

投稿者:ケン

はじめまして
いじめと言えば
こんなサイトがあるんですがどうでしょう。
http://home.kimo.com.tw/aoi962/no1.html

2006/11/16  20:34

投稿者:takitaro

美也子さん、イジメの定義ですが。

セクハラは、やたら
「被害者が不快に思うか」
なんていうのが定義になってきているようですが、それで反証も許されずに、上司や高校以上の教師が処分に遇っているのは不思議に思うことがあります。
学生や社員によっては、上司が不倫関係を裏切ったからとか、元々自分で誘ったのに、突如変わるなんていうことがあります。境界性または自己愛性人格障害なのかもしれないですが、そんな事例で処分される人が時に出てます、困ったもの。

ですが、「イジメ」問題については、教師は基本的には、第三者。その定義設定の目的は、いじめている生徒を処分するのでもない。

だからエスカレートさせないためにこそ、幅広くとらえて欲しい、と思うのです。




http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/

2006/11/16  20:12

投稿者:takitaro

落ち武者さん
ここにも書き込みありがとうございます。で、できますれば、内容のある書き込みをお願いします。

たかさん
あれ、そんな話もあったのですか、静岡刑務所はよい環境なんだけれど、実にまったく満杯でして、大変みたいです。

まさるさん
ですね、なんともぉ。
東京都民は恥ずかしくないのかなぁ、と思う。

>僕の好きな森達也氏曰く「この国民にしてこのマスコミあり、この政治あり」
うーん、この点は、私と評価が違いますね。
彼が朝日系列から力をもってきてしまったこと、困ったなぁと思ってます。
事実から出発しない人、トキュメンタリーを侮辱している人だと思うから。
できれば、このブログまた前の日記の所で検索して下さい。
彼の悪行が整理されるかと。

美也子さま
どもっ。ときに書き込みありがとうございます。
いつも舌たらずみたいですいません。

>文科省のいじめの定義
ですが、うーん、私は法律家だから「定義」を大切にしますが、教育畑においては、ともかく対応を早く十分にすることが大切なのだから、幅広くとらえることが大切だともいます。
定義議論なぞしなくとも、児童の心を知るべき専門家ならば、
「苛め、虐められている子のニコニコの哀しさ、死にたい気持ち、日々の変化」
を知っていなければならない、と。

http://www.nichibenren.or.jp/ja/special_theme/kokumin_touhyouhou.html

2006/11/16  14:54

投稿者:落ち武者

>まさる氏
自分の気に入らない世論が形成されると、それは国民が馬鹿だからって?
とんだ民主主義者ですね
それとも馬鹿な国民の世論に左右されない独裁国歌がお好きなんですか?

2006/11/16  11:44

投稿者:たか

閑話休題
>戸塚宏氏の新刊、「静岡刑務所の三悪人」には笑った。
刑務所内の仕打ち「カンカン踊り=金玉検査」等(ほんとに時代錯誤だが)、「検閲」等の”人権侵害”にいたくオカンムリなようで、所長を含む刑務官らを訴えたらしいんですが…
ヨットスクールでご自分がやってきたことと大差なかったりして(笑)(著書のなかで本人は否定しているが)
まさに、オウム真理教流「カルマの法則」かもしれないかなと。


2006/11/16  11:25

投稿者:まさる

石原慎太郎氏>(いじめで自殺する子は)一生どこに行ってもいじめられる。
窓口さん>石原さんはほかの人をいじめてきた人なんだなと…。
たぶん彼のメンタリテイーは先生のおっしゃる通りでしょう!
だって戸塚ヨットスクール校長戸塚宏氏の応援団を買って出たり、
都教育委を使って国旗、国歌に敬意を払わない(強制に従わない)公立校の教職員を懲戒処分にしたり―まあ、彼の目から見ると”日の丸””君が代”に敬意を払わない輩=サヨク教師(アカ教師)は構造改革&教育改革の「癌」なんでしょうけれど。
しかし、問題は彼のような”マッチョ”な人物を都知事に選んだり、小泉〜安倍のアメリカ流=サッチャー流「構造改革」を無条件に支持して自民党を圧勝させた私たち国民の「民度」にあるのではないでしょうか?
僕の好きな森達也氏曰く「この国民にしてこのマスコミあり、この政治あり」
なんでしょうね。
まさるの「床屋談義」でした!

2006/11/15  12:04

投稿者:美也子

こんにちは。ご趣旨、賛同です。
その上で、お忙しいところをまたまた申し訳ありませんが、1点質問させてください。
文科省のいじめの定義、私は現場の教師の見極め基準として結構納得していたのですが、どこが問題で、どう変えるべきだと思われますか?(お返事急ぎません)
この件を含め、当方でも話題になっています。よろしければお立ち寄り下さい。


http://madammizushima.seesaa.net/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ