2022/5/21

Zoom「トランスシェンダー排除にどう対応するか」にて  カルト・宗教・犯罪

クリックすると元のサイズで表示します

 4団体での院内集会同じ5月17日の夜、上記のズームの集まりがあった。
 私、遅ればせながら事務所に戻り視聴できた。
 メディア人の時に、下記の通り可能だったチャットに書きこみました。そしてこのような状況にて。
 備忘録までに、なお、2つの問いへの返答はないままです。
−誤字脱字はそのままに、私以外の書き込みをした人の名は「某」としておきます。−

 **********
 5月18日 引用書込み

 誰でも視聴できるから遅れて参加。議論らしきものがない。弁護士が「(反対論者と)議論は不要、権利問題だ」のような言い方していたな。弁護士的には裁判闘争をするのみの趣旨、そのための「性自認」法令化なんだな。
 トイレ、風呂、女性スポーツ、女性枠、統計など議論せず、「差別だ」「黙れ」とね。
 そこでのチャットで書いた内容です。ほんとメディア人に聞きたかった内容です。書きこめるので書いたのだが答えはなく、トランスヘイター扱いされてしまった。
 *************


滝本 2022.5.17 09:18pm
弁護士滝本太郎と申します。本日も性別不合等の性的少数者、性犯罪被害者を支援する方々、そして女性らとともに、議員の先生方に話をしてきました。

メディア関係で聞きたいのは、
@ 報道は、身体違和のきつく長い方、後に適合手術を目指す方ばかりを報道するのはなぜか、です。それはトランス女性の一部で、身体違和がないという方が「性自認」の法令導入としての課題なのに、です。メディアが国民に正しい情報を流していない、という外ないのではないですかと言うことです。

A 先行していたイギリスの首相が、この4月6日、トランス女性問題について、女子スポーツのこと、やはり女性専用スペースの重要性を述べ、舵を切り始めたこと、米国の女子大学水泳選手権のことか、まだとんと報道されていないのは何故なのか、です。

某 
トランス排除で有名な滝本先生がなぜこにいらっしゃるのでしょうか?


滝本
 私や、性別不合当事者の会、女性スペースを守る会らは、トランスジェンダリズムを批判しているのであり、トランス女性を排除しているのではありません。どうぞご理解ください。「差別だ」「黙れ」としていれば、済む問題ではないんです。
 そうでないならば、ともに「性自認の法令化」導入はおかしい、まずいと言う運動などできる筈がないではありませんか。



 トランスヘイターである滝本太郎先生がこちらに書きこまれる以上、私としては反論を書きこまざるを得ません、運営様には参加者向けにチャットが使えないようにしていただければありがたいです。


滝本
 「トランスヘイターである滝本太郎先生」と記載すること自体が名誉毀損なのです。弱った子です。書きこめ目のが欠いているいいものだと思っていました。

 失礼いたしました。メディアにききたかったことをかいたものです。Q&Aを探します
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ