2022/5/1

カルト的な思想運動との証拠―また一つ  カルト・宗教・犯罪

 なんなん?性自認至上主義がカルト的思想だとの裏付けのまた1つ。それぞれの自由だろうに。こんな「いいね」を思わずしたことについてまでも、指摘されて懺悔と。凄い。
   *********
Kei.K @chamchi_kay
昨日、あるツイートに、トランス女性への明らかな差別を含んでいるという認識がないまま「いいね」を押してしまいました。
よく読みもしないまま、「誰もが受け入れられる差別のない世界」といった意味に受け取ってしまいました。
その後、ご指摘をいただき取り消しましたが、(1/3)
午後6:16 · 2022年4月25日·Twitter for iPhone

Kei.K @chamchi_kay 4月25日
「いいね」を押すことによって、当事者や支援をされる方々を傷つけ、トランス差別に加担・助長をしてしまう認識をしっかりと持てておらず、申し訳ありませんでした。
ご指摘をいただいた際、携わった作品名も共に出たために驚いてしまい、(2/3)

Kei.K @chamchi_kay 4月25日
作品に迷惑がかかることを恐れて鍵をかける等、不誠実な対応をとってしまいました。
自分の認識が浅かったことを反省しております。意識を改めるとともに、トランス女性への差別、そしてあらゆる差別に反対します。(3/3)
   ********


 かたや性自認至上主義を止めたい方々は、他の政治面ではほんと新左翼、左翼、保守、右翼まで。男と女の定義問題ですもん。

 このKei.K氏が、誰に対してか知らないが懺悔を示したという「いいね」してしまった書き込みは、下記ですね。差別問題とはなんら関係しないでしょうに。なんなん?

 クリックすると元のサイズで表示します

 男性の性の多様性を承認しようという話でしょうに。トランスジェンダリズムでいけば、女性らしい服装をするなら「女性と認識している」でなければアカンのですかね。何が「性の多様性」だ!?

 どんな人なんだろうとツイートを見ていくと、この本を翻訳した加藤慧さんなんだな。面白い本みたい。
 彼女が、なんで「トランス女性は女性、そう対応すべし」論に至ったのか、そして「いいね」を調べられて批判される異様さを感じず、懺悔する感覚になるのか、知りたいなあ。

―『僕の狂ったフェミ彼女』(ミン・ジヒョン/ 著、加藤慧/訳、イースト・プレス)―
https://k-book.org/yomeru/2022040502/
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ