2006/10/2

耐震偽装ーネットとマスメディア  メディア・ネット

江川紹子さんと、きっこさんのブログは注目。
http://www.egawashoko.com/c006/000197.html
http://www3.diary.ne.jp/user/338790/

いわゆる耐震偽装問題がきっかけだが、まったくもって別件で逮捕、有罪となった藤田被告の、判決後の、先日の記者会見についての記事です。

きっこさんって、どこの誰だか、またはどんな組織だか私は知らない。
まあ時には怪しい感じもするが、それなりの幅広い情報量。鋭い視点。

アンセス数は、上記のさるさる日記だけで、毎日9万件前後、今日は20万件を越える。その影響力がマスメディアを超えられるか、またメディアにどう影響するか、は興味あるところ。

世論の本当のところは、新聞ではなく、ネットで分かる。
それは、新聞での、当選いかん推測が多く間違えることで明白。

また、小泉前首相の有力秘書が言うように、商業新聞の政治面なぞは操作された業界紙でしかなく、世論・人気・投票行動はリンクせず、週刊誌、夕刊紙、ネットこそがリンクしている、と。商業新聞は分かっているのかなぁ(いやわかってあえて書いているのでしょう)。

ネットの特性で言えば、実は毎日数百代に止まるこのブログでさえ、マスメディアや警察などは毎日見ている。
自分はオウム以外では、良かれ悪しかれ専門家ではないから、まず取材もないが、逆にオウム問題で取材するときはまずブログを見ておいてください、と述べている。
もはや、ネット関係で調べずに取材に来る記者など、幼稚園児か、でなければ傲慢と評価するしかない。

ネットって、リンク集、検索システムとあいまって、実はリアルタイムの国会図書館でもある、と思う。

話がずれた。
で、江川さんは、オウム事件のみならず、雲仙普賢岳噴火、名張毒ぶどう酒事件、イラク派兵、そして若者の問題に鋭く突いている人。改めて思うに、なかなか聞き上手の人ですね。

その江川さんが、そのブログに耐震偽装のことを、書いた。
きっこさんブログとあいまって、藤田元被告の記者会見の内容と、その内容の異様さが明らかになった。

さて、商業新聞はどうするのだろうか、世論は、どうなるのだろうか。
国会では、安倍内閣を追記有しないで良いのか。

-----
自分としては、「奇跡の詩人」の時のことを思い出す。
ネットでこそ大きく話題となり、私も共著で本を出し、マスメディアもそれなりにー書いてくれた。そして、衆議院の委員会での質問にまでなった。

あの折は、2チャンネルというしょもないけれど、貴重でもある存在を思い知った。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886834752
http://members.at.infoseek.co.jp/saihikarunogo/lunacontents.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E8%A9%A9%E4%BA%BA
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/005815520021114002.htm#p_honbun
今その家庭が気になる。そして、日本でも各所で、あの問題、つまりもはや妄想が入ったファシリテイテッドコミュニケーションという内容、障害児自体に負担と危険が大き過ぎるドーマン法の問題は、今も残されたままですから。
(左の検索で、奇跡の詩人で検索すると多く出てきます。)
-------

まあ何にしても、耐震偽装問題、安倍首相問題、であると同時に、今回
マスメディア・ネットの問題ですね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ