2022/1/5

人権とマヤカシ論法  憲法・社会・官僚・人権

弁護士 太田啓子 2021年11月8日
 仕事家庭の両立は「女性」のテーマじゃない。男性も両立できるようにしないと。「女性」の問題じゃない。男性は両立できるようにしなくていいんですか?そういうとこだよ

「経団連が2022年春闘で、女性社員への仕事と家庭の両立支援を強化するよう会員企業に呼びかけ」
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20211106-OYT1T50002/

滝本太郎 @takitaro2
と言いながら、太田啓子弁護士は、

・ 離婚後強制単独親権のままで良い、つまりは毎年20万人の離婚後の子育てを全て母がすべし感覚であり、

・ また女性スペースに陰茎あるままの女性自認者が入れると公認して良いとする(ためにどの男もつまりは入れる)。

矛盾し過ぎてます。氏はフェミニストではない。

「泥臭くない「フェミニズム」、言語矛盾の「ジェンダー」とかの片かな言葉にて、失礼ながら頭でっかちで来たので、怒りを込めた男女同権を!」を忘れ、マヤカシ言葉「男女共同参画」、曖昧かつ主観的な「女性自認者」の女性スペース「利用公認」とし、平等どころか権利縮小の憂き目なんですよ。

まあ、とある自治体の人権講演会にて「人権の尊重を」とは、人にやさしくとか思いやりをではない「民民では人権が衝突する、その永遠の調整が大切なんです」といい、

「権力者はマヤカシをする、男女同権が男女共同参画との言葉で濁されたのはその典型」なぞと言ったら、1回限りだったなあ。

白々しい。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ