2021/9/19

女湯&法律は独り歩きする  日常のこと

女湯&法律は独り歩きすること

2021.5.21の日本共産党田村政策委員長の会見
https://youtu.be/0qSwsxYyBT0
11:00あたり「多機能トイレの要望」に加え、
「男だと外から分かる格好のまま女子トイレに入れてくれなんてことを主張された方なんて会ったことがありませんよ」
―言い換えれば女性らしい滑降すればだれでも入れることになるのですね、私は批判しているところ。

に関係して、

女湯のことに、男性自認者(トランス男性)である遠藤まめたさんが言及すると、「女湯に手術前には入れない」と言い切るのは止そうという声が出ている。

1/3 a l t o 肉 球 新 党 @altoext · 5月21日
自民発言を真に受けたかの記者の女子トイレに男性と見られる人が入ったらという質問に答え、誰もそんな事は望んでないし、自民議員の発言は、トランスジェンダーの方に対する差別と誤解を広げる発言で、許されないような差別発言だと

2/3 遠藤まめた@新刊「みんな自分らしくいるためのはじめてのLGBT」(ちくまプリマー新書) @mameta227  いろんなリプついてるけど「男性の見た目のまま」と「男性の身体のまま」の区別がついてないひとが多い。女湯はオペなしでは入れない。入ったらこれまでもこれからも問題になる。
でもトイレを使うときに問われるのは(透視できない)性器形状ではなく、みんなパッと見の外見で相手を判断してる。

3/3 涅槃の今日一レインボーフラッグ @iitaikoto1u  「女湯はオペなしでは入れない」って非当事者が言い切るのやめましょうよ。入れる世の中を目指すべきなんですよ。そもそもそんなに性器を堂々と見せつけて入浴しなくていい仕組みを考えるべきなんですよ。
#トランス女性は女性です って言いながら「女性風呂使うと問題になる」って問題にする方が間違


女性トイレに加え、それもいつか「公認」されてしまったりするのかな。
この事につき、
@ 多くの支援者や弁護士は、風呂は丸裸になるから別、要望する人もいないという。

A しかし、そもそものその「トランス女性は女性だ」という主義主張からすれば、女性トイレと女湯を別にする論拠は無い。

B そして、女性トイレにつき、トランス女性の権利・法益ばかりを言い、女性の法益との精密な検討もしない方々がそう言って、どうして信頼できるのだろうか。

C いま、言葉を出して要望する人がいないという問題ではなく、成立した後そうなりえるのではないか、それがイカンのならば「トイレはいいが丸裸になる場所はダメとか!?」解釈条項を入れなければならないのではないか、ということなのになあ。
―私は女性スペースは身体が違うから確保されたものであり、危ういこととする人が増えてしまうからダメ―と思うが。、

D そもその内の性的指向が女性あての人が何割なのか、殆どなのかとかも調査結果が見つからないのに。

    ****法律は独り歩きする*****
1 「女性との認識」以外に、女性自認者の定義は、法案にありません。そう述べて女装していれば、通報しにくく、対応は怯みましょう。

2 そして、法律は成立すれば1人歩きします。

3 私、トイレ内事件はいくつも経験。女装のは加害・被害側の各1つかな。女装割合等の警察統計は見つからないなあ。

4 あやしい新入男性が増えるかどうかは実験できないこと。

5 そこで、「トランス女性が女性トイレに入れると公認されても、怪しい目的で入る女装男が増える筈はない」と考える実務・警察関係者は?と各地で聞いてるが、まだ誰からもそんな言葉
はない。聞くのは増える証拠はあるのか?ばかり。
 なんなん? 増えるとみるのが多くの人の経験則、常識ではないのですか。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ