2006/10/1

「代理出産」「代理母」のこと  憲法・社会・官僚・人権

いわゆる「代理母」のこと、正確には「代理出産」のことです。

1−タレントの向井亜紀さん(41)と元プロレスラーの高田延彦さん(44)の子ども2人につき、父母の子としての出生届出を受理するよう、東京高裁が命じたとのこと。

良かったです。私もこの判決に賛成です。
日本にはすでに「特別養子」の制度があるからそれによるべきとの考えもありますが、やはり両親の実子なのですから、それも不自然です。

なお、昨年最高裁で認められなかった事例は、卵子が母のものではないということであり事例が異なります。今回は、それとは異なって、両者の子であることが遺伝上明確だからでしょう。

2−ですが、「代理母」いや正確には「代理出産」は、禁止すべきです。代理出産した人、関与した医師、遺伝子上の父母らともども、刑罰をももって。

この1.2について、矛盾があると誤解する人が大分いる。
その結果、
1の判決の結果、当然、日本でも、代理出産が許されたと誤解したり、
1の判決を是とすると、代理出産が認められてしまうのではないかと誤解するので、やはり1のような判決を出してはならないとの意見を持ったり、
と言うことになる。
しかし、この上記2つの意見共に間違いだと考えます。

すなわち、
第1に、法律上違法なことをした結果としての妊娠、出生でも、生まれてきた子どもには何の罪もない。だから、子どもの不利益は何とかして避けてあげなければならない。(その観点から、非嫡出児の相続権が嫡出児の相続権の半分なのは全くケシカランと思っています。)

しかし
第2に、親のしたことが社会的に許されないことは勿論ありえるし、親が処罰されても不思議はない。(非嫡出児の相続権を嫡出児と平等にしたとしても、その不倫した片方が、相手方の配偶者に慰謝料支払い義務があるのと同じ)

たとえば、売春した結果、妊娠して出産したとき、子どもは当然母の子として届け出ることができ、遺伝子上の父に対して認知請求もできる。
しかし、親が婦人矯正施設とかいうのに入らざるを得なくなったり、勧誘した男性または女性が処罰されることもあります。

それと同様、代理出産の結果、生まれた子どもについて、その夫婦の子どもとの届出を受理することは認めても、両親、出産した女性、関与した医師を処罰することも勿論可能なのです。

その実質的な理由は、
「出産という行為は危険なものであり、いかなる理由があっても、これを他の女性にさせることを許すことがあっては、ならないからです。出産は今でも命がけの行為だから」です。女性には敬服します。
その危険性あることなのだ、と明確にするためにこそ「代理母」ではなく「代理出産」と表現しています。

 実は、それと同じことで、私は「生体間臓器移植」も違法とすべきではないか、と疑問に思っています。腎臓についても、骨髄移植についても(これ私は登録しているのですが)です。
 ただ、この場合は「移植を受ける側の人の命が危機に瀕している」ことが代理出産の場合と異なり、悩むところです。これに反して、代理出産の場合は「父も母も命が危機に瀕してはいない」のですから。

また、冒頭の、昨年最高裁で棄却されてしまった代理出産も、父の子としての届出であれば認めるべきものと思っています。もちろん、今でも、その米国の女性の子としての届出、認知という形ではできるのですが、しかし、子の欄に、母の名を書かずに父の名だけを書くことがあってもいいと思っています(これ、今の制度上はないのです)。

「代理出産」について、
・この判決で日本でも許容されたと誤解されるといけないので、
・最高裁では、この高裁判決が逆転すべきだ、と考える人が多いといけないので、
考えたことを書きました。

向井さんの子宮摘出の事態は深く同情します。「自分がその夫の立場だったら?」と悩みつつも、やはり第三者の立場で考えるしかないと思います。

(ちなみにこの問題は、母子手帳制度が普及してきて、また産婦人科で生むのが通例になって来て、明確化してきたものでもあります。というのは、昔の事件で戸籍を見ていたら、何人もの子どものうち、戦時中に1ヶ月違いの生年月日の子ども2人が居ました。両親とも同じ。老齢の母に聞いたら「ああ、一人は大空襲のあとの浮浪児可哀想だから育てた」とのこと。私は敬服しました。これは戸籍関係も焼けちゃったので混乱の中、再生するときに役所が申請のままに記載してしまったのでしょう。この事例はまあ後の相続争いなのだけれど、兄弟姉妹とも実はその事実を知りつつも一切その点は言わずに、それ以外のところで争っていた。私は何か、嬉しかったです。
戸籍の記載があてにならないのは、その他でもかなりあります。そもそも、妻が浮気などをして子どもが生まれて父の子として届けられているのがまあ、10−20人に一人ぐらいかなぁと感じても居ます。何かの鳥と同じかも。(その実態が精子が父でない人工授精が許され、すでに日本でも数十万人生まれている背景でもあります))
3



2007/4/15  1:12

投稿者:らら

管理人さんの意見は今回遺伝子上は実子であるから認めてもいいが、代理母出産には刑事罰を。ということである。矛盾してると思います。代理母出産が反対ならそれによって生まれた子供は遺伝子上どうであれ、認められるべきではないと思います。
代理母出産に限らず、体外受精も反対です。人間や動物は自然の一部であり産物です。それを人間のエゴで操作しようとするなんてよくないと思います。
自然に生きるのが一番です。子供ができないならできないなりの幸せを探すことが一番です。不妊治療で代理母や体外受精に頼る人は結局、子供ができないから不幸なのではなく、幸せを見つけられない不幸な人なのだと思います。ネバーランドさんの言うように大体日本で認められていないものをどうして認めさせようとするのか、そのことにすごく私は怒りを覚えました。日本で認められないならそれを覚悟してアメリカ人として育てればいいと思います。
善良な日本人の女性が誤った人生を選ばないことを切に願います。向井夫婦のせいで代理母もありなんじゃないかって思った人が増えたら、人類の歴史は狂うでしょう。
代理母はアメリカでもごく一部の州でしか認められていないし、実際代理母や体外受精などの不妊治療はとてもお金がかかるため、ごく一部の富裕層しか利用できないということはまだ救いのような気がします。30代 子どもなし女性より

2007/4/14  0:14

投稿者:頑固オヤジ1号

 この問題になると、必ず居るであろう
「子供が欲しくても持てない夫婦の苦しみが判らず、頭デッカチに反対するな」
 と言う意見。まさに戦後に蔓延ったミーイズムの象徴に思える。自分達の欲求を満たす為なら、他者犠牲は無関心
 否。それどころか、金銭で解決しようとする、その性根は、まさに勝者の理屈。今後、その理屈で、この国はどうなってしまうんだろうか?。美しい国の首相に聞いてみたい
 最後に代理出産で子供を獲得した親達は、将来、子供に訪ねられたら、どう答えるんだろうか?
 それがもし、金銭授与の代理出産であったとしたら、正直に言えるのだろうか?…

 最後に乱筆乱文にお付き合いくださった、諸氏諸女史に感謝いたす

2007/4/13  16:53

投稿者:ネバーランド

私も絶対に反対です。向井さんのように、双子ちゃんだとわかった段階で、代理母が断ったときに無理を言って産んでもらったとのこと。確かに授かった生を操作することはいけないことですが、彼女たちのエゴは果てしないように思われます。
最初は子供ができれば他に何もいらない、という位の気持ちだったと思います。
ところが、戸籍の問題では役所の個人を特定するようなヒステリックな内容をブログに載せていたこともあります。
そもそも現段階では日本という国では禁止されていることをしていて、実子として受け入れられないことは承知のはず。それが、判決が出てから養子縁組は難しいことがわかった・・なんて茶番すぎます。
ご自分のお子さんたちのことを真剣に考えているのでしょうか?もう物心がついているお子さんたちなのに、記者会見までして表に出てくる必要ってあったのでしょうか?彼らが大きくなったときに持つ苦悩って、戸籍問題よりも、いたずらに有名人になってしまったことのほうが大きいような気がします。
しかし向井さんは、代理母が妊娠中もそして子供が生まれてからもずっと芸能人としてテレビに出ていますが、もっと子供の心と体に寄り添ってあげて欲しいものです。子供を授かりたい気持ちは同じ女性として理解できますが、母としての彼女は全く理解できません。

2007/4/13  15:14

投稿者:らら

代理出産には絶対反対です。もし自分の娘が他人の代理母になると言い出したら賛成できますか?
そこまでして自分の遺伝子を残したいのでしょうか。親のエゴとしか言いようがない。子供がほしければ里親になればいいと思います。子供ができないならできないなりの夫婦2人だけの幸せもあるでしょう。子供は成人すれば巣立って行くものであり、子供がいる=幸せになるとは限りません。自然の摂理に反することは絶対にやめるべきであり、高裁の判断は間違いであり、最高裁の判断が正しいと思います。アメリカはアメリカです。日本では絶対に認めるべきではありません。だいたいボランティアで代理母を募集するなんて絶対に反対です。命の危険もあるのに。アメリカで代理母に報酬を払うことも反対ですが、まだ補償と言う意味ではアメリカのほうがましなのかもしれませんが、いずれにしても代理母は全世界的に禁止にするべきです。子供になんて説明するんですが、一番の犠牲者は子供です。

2007/3/28  20:32

投稿者:takitaro

管理人の横暴で更に一言。

先日の新聞報道で知りましたが、
日本の産婦人科学会の統計では、250件に一回程度の、出産に伴う大変危険な事態があることが報告されたとのこと。

でしょうね、そして産婦人科医が少なくなっている今日、ますます確立が増えていく危険性もある。

少子化対策ならば、
産婦人科医の増大、医療過誤についての無過失賠償ができるようにすること、子どもがいる世帯への補助、保育園の増大・低廉化、フランスのように教育の無償化、少なくとも返還不要の本来の奨学金をまあ50%の大学生は受けられるようにすること。

もちろん、その前に契約社員とか派遣労働のひどさが若い人の婚姻を阻害していることからしてその是正、とかが大切、と考えます。

まあ、日本はまだまだ本気で少子化対策なんてする気はないのでしょう、ね。

http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/

2007/3/28  20:26

投稿者:takitaro

誤字脱字の訂正

遺伝子自称→遺伝子上
故関登録→戸籍関係

で、向井さんは講演とかあちこちしているのですか、何をやっているんだ、と気になります。
子どもは、育ての段階こそ、大変なそして大切なことなんですよね、まったく。ううっ。


http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/

2007/3/28  20:23

投稿者:takitaro

何人かの方々、書込みありがとうございます。
そうでしたか、向井さんの子供の戸籍のこと、最高裁では棄却だったのですね。

私の考えは、もともと書いているように、子供には何ら責任はないし、実際上2人の間の遺伝子自称の子供ではあるし、産みの母とはトラブルがありえない事案だから、故関登録は認めて良いはず、

つまり最高裁の今回の判決には反対です。

最高裁は、戸籍問題と、親への禁止・処罰問題とを混乱している、と考えます。

つまり重要なことは、それはそれとして、親や関係者には刑事処罰ができるように法律を作ってよいものだ、と考えています。 草々


http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/

2007/3/26  8:04

投稿者:勘太郎

蛮行は蛮行だという、はっきりした認識が必要。
情に流されてはいけない問題であり、
有名人の『罪の意識のない罪』は批判されて当然。

ただ、生まれた子供の人権は守られて欲しい。


2007/3/24  12:09

投稿者:30代妊婦

最高裁の決定を女性として支持します。もし、今の日本の法制度の中で本件を受理してしまうと、どこかの大臣ではありませんが女性は「産む機械」になります。お金がある家庭には「嫡出子」が持てるのか?ホリエモンではないけれどお金さえあれば何でも、嫡出子さえ買えることになります。逆にフィリピンのようにお金欲しさに日本人相手に腎臓を売る人が出てくるように、子供が欲しい夫婦対象に代理母を斡旋するブローカーが暗躍する社会になってはいけないのではないか。民法では嫡出子も養子も権利は同じです。少子化対策と謳ってるのだから認めるべきだとコメントしているタレントがいましたが、少子化対策と倫理は別物です。

2007/3/24  10:46

投稿者:ちえりー

どなたも遠慮して言わないから、あえて厳しく言わせて貰います。
向井亜紀さんはご夫婦の考えには賛成できません。
アメリカでは困ってる人の子供を養子にしてる人
有名人以外でも普通の家庭で沢山居ます。
向井さんも養子を迎えれば立派だと尊敬しました。
失礼かも知れませんが、代々続く名家でもなく
天才の夫でもないのに。
子供が授からない事は自分の運命と諦め受け入れる事が大切な事で、逆らって無理をしてはいけません
これほどして、もうけたお子さんを迎えてから
一週間でテレビに出演してる姿を見て、失望より
怒りが出ました。主役でもなく司会者の脇でうなづくだけの役わりですよ。人様に預けてする価値があるものでないでしょう。
要するに出たがりですね。
本当に我が子として愛するなら
育児に専念すべきです。
エゴ、自己中で、嫌いになりました。
美化してドラマまで作って。
米国の友人も非難してました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ