2021/5/26

本「相模原障害者殺傷事件」明石書店  他の本など紹介

本「相模原障害者殺傷事件」明石書店
元職員による徹底検証 ―相模原障害者殺傷事件
―裁判の記録・被告との対話・関係者の証言
2021/5/24  西角純志著

クリックすると元のサイズで表示します

 上記は、津久井やまゆり園事件を検討するとき、今後必須とすべき本だと考えます。類似の名の本も多いが、これ秀逸。

 何といっても、裁判での傍聴記録、取材記録をもとに書かれている。
 はなホーム、にじほーむ、つばさホーム、みのりホーム、いぶきホーム、すばるホームについて、順次記述している。殺された19人と、殺されてしまう所だった24人のこと、そして監禁された5人の職員と逃げ出せた人の経緯も書いてある。職員の立場と感覚も書いてある。

 ために19人の遺族や被害者家族、そして丙Bさんを初めとする職員ら関係者が読むのは、とても辛い処があろうが、記録には残さないと。
 
 被疑者の動き、被疑者の交友関係も整理された形で相当に記載されている。裁判での被告人の供述も、まだまだ注目すべきところがありましょうに、とは言いたいけれど、まあ相当に記載されている。

 ホント、あの裁判では色々なことが分かったのに、多くの本には反映していない。裁判前の情報だけでは、実に不十分なんだが、多くの論者がつたない事実把握をもとに、または喜んで面会していた本人面会で感想をもとに、自分の土俵で語るばかりでばかりだったりしていた。

 筆者は、やまゆり園で働いていた経験もあるうえでの大学講師だから、最重度知的障害者の支援・介護に記述も、重みがある。ほんと白々しい記載がある本も時にあり、「それではあの被告人の思想に対抗し得ないですよ」という外はない。

 まあ、筆者において、いわば獄中にいた裁判前の被告人に「カフカ」とか「ニーチェ」とかを教えたようなものだな、とは思い、従前はイカンなあ、と思ってきたが、それも良いのでしょう。

 大切なのは、事件前はそれら思想はとんと知らず、そも重度知的障害者の廃除思想がナチスと同じだということさえ、ホーム長から退職前に指摘される前までは知らなかったということ。それがも記載されてあるから、良いかと。
 もとより「人間とはなにか」という悩みにぶち当たること自体、何の罪もない、

 すなわち、
@ 成育歴、人格障害、薬物・大麻の影響などを相応に記載してある。
A 職員がぶち当たる悩み、障害の受容について、相応に記載してある。
B リアルの生活でも相当に充実した生活だったことを、率直に書いている。これ誤解が多いし。
C あの思想は、社会情勢や陰謀論などの影響などありしも、自分で作り上げてきたものであると記載がある。
D 後の哲学的な言い方は、法廷でも無理して話されていたが、身柄拘束中にさまざまに学んでの、後講釈としての話であること、
E 彼が、西角氏らに学んだのだろうが、哲学的なことを色々と述べた内容を示してある。

 私は、327-328ページに記載ある2018.5.11の手紙のように、彼は死刑執行の時に思うのだろうか、に関心がある。麻原彰晃こと松本智津夫の死刑執行につき要請し続けたのと同じく、彼のその死刑執行に立ち会いたい自分です。

 ああ、「聖」という名の彼がした事件の現場「津久井やまゆり園」にて、2021.8.15にパランピック聖火の「採火」とかしないこととなり、ホント良かった。
6



2021/5/29  14:52

投稿者:友北

kさん。はい、悲しい事件です。そして、この社会のありようからして、今後もありえる危うい事件なので、あの被告人の思想に徹底して対抗できる思想を拡げないといけないのだろう、なんて思っています。

2021/5/26  11:21

投稿者:k

悲しい事件でした。もうこのような事件二度と起きませんように。先生も私たちも私たちも語り継がなければいけませんね。そして犠牲者の冥福とご遺族の安寧をお祈りする事。この程度でお慰めにならないのは重々承知していますが、でもそうさせてください。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ