2021/3/28


 多くの人が「保守主義者」になってほしい。
 私の基本は保守主義。「保守主義とは、々な伝統を尊重しつつ、科学技術の発達や環境・人口構成の変化によりあらゆる社会の制度は永遠に改正を続けなければならないことを認識し、しかし『正義』の名に下の急激な変化による流れる血と涙を少なくするため、あくまでも漸進をする。」というものでしょう。


 「革新」は「理想を掲げ、亀裂や分断といった犠牲が生じても変革を」であり、「昭和維新」のごときも、前首相安倍氏の「平成維新」も類似のもの。

 ドラスチックな制度の変化は反対者が多いばかりでなく。その後、容易に受け入れられず、時に反動が強くて戻ってしまう。

 革命や敗戦といったことがあれば、権力構造や国民意識が大きく変わるが、それまでにやたら多くの血と涙が流れてしまう。本末転倒です。させてはならない。


 ああ、共産党とかで、長く活動してきた人らが、「革新だぁ」と言いたがるのは困ると

 今の「保守主義」は、すなわち日本国憲法という戦後体制を守ろうとするもの。その「福祉国家」「人権を守る」「個人の尊厳を守る」ことが危機に瀕しているのだと。

 日米安保も直ちに破棄なぞではなく、中国・北朝鮮・ロシアといった非民主主義国がある以上、イタリア・ドイツ程度には日米地位協定を変更していくことから始めなければならない。


その立場から、2019年、共産党候補を応援したのがこちら。
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20190714/archive
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ