2021/3/17

同性婚と憲法14条  憲法・社会・官僚・人権

同性婚禁止は、憲法14条平等原則に違反との、地裁判決
―その立法不作為がまだ時間的に違法とまではできないから、賠償請求は棄却

https://www.asahi.com/articles/ASP3K3F63P3JIIPE02H.html

 正確には下記が正しかろうが、それすなわち憲法14条違反としたと読むのが通例でしょうね。そもまあ、地裁判決ではある。

「同性愛者に『婚姻によって生じる法的効果の一部ですら享受する法的手段を提供しない』点、同性愛者が婚姻の法的効果を一律受けられないのを憲法14条違反とした。」
 下記の判決要旨から、
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6051715cc5b6f2f91a2d567e

 ちなみに私は、「同性婚賛成」ではなく違和感を感じる者です。それは留保しつつ、同性愛者だからとて差別することは許されず、婚姻しても他の権利・法益を害するものではないから婚姻可能との制度改正に了解するものです。

 憲法24条の「両性」については、そりゃこれを「両者」にすれば理解しやすいが、法律改正で同性婚可とできる。改憲なぞ後に何かの機会に合わせてすればよいこと。

 そも24条は、戸主の婚姻許可が必要などといった家制度を復活させないためのものであり、同性婚を禁止していないのだから。


 よって、国会の過半数でできる法改正を実現し、憲法は後に何か他の機会にすれば足りる。
 ●実現の先延ばしはイカンです。


 なおその、24条の元々を起案したのはGHQの米国軍人であり、米国では州により当時、同性の性行為は処罰対象だったようなので、同性婚は禁止の趣旨も含む、という考えもなくはない。だが、森蘭丸他からして同性の性行為の伝統もあるニッポンの、その貴族院・衆議院で審議・可決した日本国憲法でしてね。

 ちなみに、今回の判決が、M条の違憲性を認め、13条については否定した処は慧眼かと。13条であれば、更に、それぞれの幸福のため、ロリータ婚してもいいではないか、複数婚もいいではないか、子を作れない・作らないならば近親婚もいいではないか、という論理があり得るので。

 国が言ってる模様の、子が産まれるのは男女である以上は婚姻は男女に限るという趣旨なのだあという理由からすると、「婚姻は(性交ではなく)生殖能力ある男と女に限る」つまり「今年から、生殖能力がなくなった高齢者は男女でも婚姻できなくなりましたぁ」との婚姻制度改正も合憲となってしまうんだが。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ