2021/3/12

木村草太氏の恥ツイート3 ほか  歴史・定義・知識人の責任

下記は、ここ数日の木村草太さん書き込みとそれに関連してのツイッターの記録抄本です。

***子の意思・選択とのこと*****
木村草太 @SotaKimura
とりあえず、「意思表示した子どもの意思ぐらいは尊重するところから始めよう」って話でしょう。自分で決めれない子は、見守るしかないでしょうに。
「自律的決定ができない子がいるから、できる子もできない子に合わせる」なんて、どう考えたっておかしな話だ。


滝本太郎 @takitaro2
>とりあえず、「意思表示した子どもの意思ぐらいは尊重するところから始めよう」って話
−木村草太先生は、子の生活場所などについての意思表示は尊重しようと。であれば離婚した両親共の親権としたいのにできない現行法はば問題、また子の考えも聞かずの連れ去り別居ならばいかん、となると。


木村草太 @SotaKimura
「怖い親だけど選ぶ」ぐらいなら、見守りを強化したうえで、「こういう選択肢もあるよ」と伝えるだけで十分でしょうに。
現在の「生命身体の重大な危険があるなら即座に保護」に加えて、「家を出たい」という子どもの自律的な選択を支えるだけの快適な居場所を提供するのが、社会の責任だと思います。


滝本太郎
こんにちは。全体を見れない木村草太さんなんですね。赤ん坊・幼児の時に、自分で選択なぞできようない。ああ気まぐれに家裁予算を10倍とか20倍とかとも言う。下記ご参考に
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20210206/archive
★先生が最初に言うべきは「合意や審判で決まった交流はまずは守るべし」とするのかです。


Buffy Iwasa @BuffyIwasa
それを聞かれる側の子どもはどのような気持ちを味わうことかにも、想像を働かせたい。大人は選択肢を与えているつもりかもしれないが、子どもはそのように受け止めるだろうか。

木村草太 @SotaKimura
とても快適な居場所が用意されているのに、親の心情を気遣って、家を選ぶというのなら、それでいいではないか。他人は、深刻な事態にならないように見守るしかない。
世の中には、本気で家を出たいのに、出れなくて困っている子が、いくらでもいるのだから。

木村草太 @SotaKimura 3月9日
虐待事件のニュースが続いているが、「子どもには家族が一番」なんて思い込みを捨てるべきではないか?
子どもにとって安心で快適な居場所を作ったうえで、「どちらでも好きな場所で生活していいよ」って選択肢を子どもに与えるべきなんじゃないかと思う。

木村草太 @SotaKimura
「家族はこうあるべき」なんて規範論にこだわって、現に「今の環境を離れたい」と意思表示した子どもの決定をないがしろにする社会。
「親への教育に、嫌がる子どもを巻き込むべきでなない」と私は考える。虐待被害者たる子どもが、その親を受け入れるか否かは、その子の判断次第。


滝本太郎 @takitaro2
「離婚したら単独親権しかない」という制度のままにしたいとあくまで云い、大きな子が共同親権のままを求めても、また両親が同意しても、それは許さない木村草太さん。
 その氏が「『家族はこうあるべき』なんて規範論にこだわって」と言うは噴飯する発言。分からないですか、大丈夫ですか。


SPIDER @SPIDER65626756
一律強制単独親権ゴリ押し派の木村草太先生が何をおっしゃる…
単独親権者が5歳の子どもにご飯を与えないという重要事項を決定したようです。餓死しました。
https://mainichi.jp/articles/20210305/k00/00m/040/064000c.amp?__twitter_impression=true

Tuba56@法律の素人 @Tuba56
"こうして子の意見表明権・自己決定権を認めることは、子を親の保護の客体と見ることからの転換を余儀なくさせるのだから、当然に親権概念の見直しを迫る"
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/law/lex/97-6/ninomiya.htm

****親権と監護権の分離のこと、法制史のこと********
木村草太 @SotaKimura
日本は、ある意味、離婚後共同親権は実験済み。
日本の家族法は戦後改正で、当時としては、男女平等・子の福祉に強く配慮し、離婚時に親権・監護権を分離して、父母にそれぞれ分属させる、なんてことも可能な制度にした。でも、弊害が多く、実務的には忌避されるようになった、と言われている。


滝本太郎 @takitaro2
木村草太先生、それ、制度としては明治民法になった時からあったかと。もとより子のための制度ではない。戦後も1966年あたりまではその余波か親権は父だが監護は母がみられたと。いったい屁理屈をいつまで聞かなければならないんですか。もう勘弁して下さい


地蔵菩薩
http://hiroitz.sakura.ne.jp/resources/%E8%AB%96%E6%96%87/divouce2.pdf
親権、監護権の分離は戦後からとは木村学説ですか?木村さん以外にその説を唱える法学者を教えて下さい。

みかん住之江 亘
いま上川法務大臣が掲げているのは、子どもの人権として、親の養育をそれぞれの親からどちらも同格に(=共同)受ける権利であって、二親に名ばかりの権利を分属させる肩書きの問題ではないし、片方がDVだったらどうするかなどの付帯する各論の話でもない。
素人じゃないんだったらいい加減理解して。

SPIDER
親権と監護権の分離は 共同親権なの?

TKH358@次世代のため
いや違う。戦後ではない。親権と監護権を分けているのは、明治民法からあった。しかも、戦後の改正は日本国憲法の立法されてから、婚姻中共同親権制度になった。なぜ、平気でデマをいえるのか。

hm研
以下、精査しておらず間違っていたらご指摘下さい。
戦後の親権監護権分離は、子育ては母親に任せたいけど姓だけは継いでほしいと父親が思っているケースで、協議離婚や調停離婚をスムーズに成立させるために母親が条件を飲んだ場合では?子の福祉に強く配慮したというのは違うと思います。

ユキ
草ちゃん頼むで! いい加減専門家としてちゃんとした事述べてよ! 共同親権でどのような弊害が有ったか専門家として説明して!

moemoesurf @moe_moe_surf
離婚時に親権・監護権を分離して、父母にそれぞれ分属させる だけでうまくいく訳ないだろう。それを共同親権と言い、実験済みと言う憲法学者大丈夫か?

滝本太郎
基本的な間違いを書く「専門家」と自己規定しているみたいな木村草太さん。明治民法のこととか今は法律専門家ならずとも調べられるのに、恥ずかしくないのかな。論理だけでなく、こんな偽りを広めたままにするのかな。めちゃくちゃ過ぎる。

滝本太郎 @takitaro2
無謬性の神話とかでいたいのかなあ、木村草太さん。誰でも時に間違える。間違いが直ちに分かるのがSNSの良いところ。私なら意見が違う人からの指摘でも「あっ、ありがとう」と直ちに訂正するが。その方が信頼性あろうと。
しょもないプライドかな。それでは最適な結論は得られないだろうに。


地蔵菩薩 @ugB9y789fSM5THh
何故、木村さんはこんな嘘までついて単独親権一択制度に固執するのでしょうか?素人でなく法学者なのに。

滝本太郎
いえまあ素人でも、真摯に考える人ならば、間違いは訂正し、嘘はつかないと。木村草太さんの、まさに黒歴史がまた一つ。早くに訂正・削除すれば良いのになあ。


斯波 マイケル @shibamichael
単純に分からないから聞くのですが、この木村氏のツイートのどこが「基本的な間違い」であり、「明治民法」についてのどういう誤りがあるのでしょうか。教えていただけましたら幸いです。なお、私は離婚後共同親権という仕組みには賛成です。

滝本太郎 @takitaro2
丁寧に言うべきで、すいません。木村草太氏は、離婚時の親権・監護権を分離を「日本の家族法は戦後改正で―可能にした」と書いたが明治民法からある。「男女平等・子の福祉に強く配慮し」たものでは勿論なく、戦後もイエ制度の影響で父親権・母監護が暫く時にあり。
★基本中の基本を知らない「専門家」


滝本太郎 
はい、木村草太さんが、実に基本的知識に欠け、それら捉え方も間違えており話にならないことが、ますます明らかになりました。親族法は法学部の2−3年でまあ学ぶのですが、旧民法、明治民法そして戦後の大改正、その改正という流れの、重要なポイント自体を知らないままの学者さんでした。


****DV事案の証拠のこと*******
かずみ @HnaBdesu
離婚案件を普通に扱っていれば、ひどいDV事案などほとんどなく、不仲な夫婦で子を連れ去った妻が、親権欲しさだけでなく相手方への復讐のために子に会わせないと言っているケースがほとんどだから。

かずみ
年に数件から十数件担当していても、暴力があったと言えるのは1.2件。まともな暴力があったんだろうなというような診断書が出ているのが2年に1回あるかないか、という感じかと。

かずみ
ちなみに、私は心理学、児童心理学の知識はちゃんとある人だけど、精神的な暴力と言える事例はほぼ皆無。連れ去り親は8割以上婚姻前から精神疾患の既往症あり。

かずみ
LINEなど文字メール全盛の世の中で、精神的な暴力が立証出来ないなんてまずない。やりとりとその他の要素を組み合わせれば必ず立証できる。私それで非監護親から慰謝料取ったことあります。
逆に、暴力をでっち上げてもSNS等のやり取りで「そんなことなかったんじゃないの」ってことになることが多い。

弁護士杉山程彦5東慶應三丁目 @SUGIYAMA766
そうそう。別居前のラインのやり取り残っている依頼者多いけど、対等に罵りあっていることがほとんどです。

川村真文(弁護士 大阪)
ラインのやりとりで、子と別居親の良好な関係がわかる場合も多いですね。それが、別居後、子が(別居親と)会いたくないと言っているという主張に。
(同居時)別居親との関係に問題がなかった子が、別居親と会いたくないと言うようになった場合、同居親の監護者適格性を否定してもらいたい。

かずみ
別居親との関係に問題がなかった子が、別居親と会いたくないと言うようになった場合、同居親の監護者適格性を否定してもらいたい。
↑これは共同親権各国でやっていますよね。それで全く問題ないのだが。

弁護士杉山程彦5東慶應三丁目
逆にマジモンのDVなら、録音などいくらでも証拠だしてきますよ。
最近の依頼者は。

かずみ
そうですよね。すぐ声荒げたり暴力振るったりする訳だから、スマホの録音回しておけば簡単ですよね。

川村真文(弁護士 大阪) @K_masafumi
私の感覚も同じ。で、虚偽のDV主張がなされる事案は結構ある。

おとうさん 🗣 ちょっとつかれた 🗣#FreeSpeech 🗣#FireFauci 🗣
相手の、暴言暴力の録音を提出しても、連れ去り側のDVは、認められない
お互い同等の暴力をしていると思われる、という判決文
私したとされるDVの証拠提出は、一切ないのに
これが、今の家事裁判です
DVの主張されたら、こちらの証拠は無視されます

じゃんだroom
みんな、DVとモラハラの区別なく議論してると感じます。
現在は、単なるモラハラを、DV保護にしてしまって、冤罪被害が社会問題になってますよね。

滝本太郎
普通の街の弁護士が話し始めればそうなってきますが、DV虐待事案をするとして対応してる弁護士さんの所には、ひどい事案が多く感覚は違うかと。それでも、大袈裟ときに偽り事案に遇うと思うが、なんです。


RK
DV専門相談員名簿がありますものねー そこが仕事の入口な先生はいらっしゃるようですが、だから、営業する必要もないのだけど

滝本太郎
いえそのその点は誤解があるかと。弱者救済のためにしておられ、実際法テラス事案がほとんどだろうと。あれで儲けるはないです。一般の離婚事件なら夫側より妻側がまあ割りがいいでしょうが。横浜で弁護士が殺されたように怖いこともあるし。正義のため精神により、時に事実から目を背けてないかが心配


RK
誤解ではなく、まさしく、です
DV案件が「儲かる」ということはありえないため、わざわざ営業もしない
公務として引き受けられているものに近い 採算は度外視
おっしゃるとおり、そこに正義がありすぎる
事実が見えなくなるほどの正義心かもしれないことは、ご指摘の通りに思います

***子どもの家族拒否・親拒否のこと、木村氏の姿勢******
木村草太
子どもの「不登校」への社会理解は広がってきたように思うが、子どもの「家族拒否・親拒否」についても、まじめに考えるべきではないか。
通常は子どもにとってプラスであるはずの空間が、子どもにとって耐えがたい環境となることはあるわけで、他の選択肢を用意するのは社会の責任だと思う。

木村草太 @SotaKimura
「フリースクール」にならって「フリーファミリー」。
自分が必要とするものを自分で考え、それを実現できるように、大人があれこれサポートするファミリー。
  

滝本太郎 @takitaro2
「フリーファミリー」ですか。木村草太さんにとり、親族法や教育関係は、「専門家」と関係なき、日々の感想文なんですね。そう明確に書けば、より自由になりますが。

********
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ