2020/10/30

安楽死合法化―ニュージーランド  憲法・社会・官僚・人権

ニュージーランドで合法化するとの報道があり、下記に紹介します。

留意点の3つ
1、日本はまだ薬物使用などによる安楽死(積極的)ではない、何か施術をしないことによる死亡尊厳死(消極的安楽死)の法制化もされていないところです。―だが事実上は次第に進んでいる―

2、報道では、「緩和できない耐え難い苦痛がある場合など」とのことだが、肉体的に文字通りの痛みの場合だけなのかは、わからず。

3、半年以内に死亡が見込まれる場合の模様で、ALSでは胃瘻・人工呼吸によりもっと生きられるALSではどう対応するのかな、分からず。


https://www.jiji.com/jc/article?k=2020103000295&fbclid=IwAR1XU3P0PTCGeNWp3K_r8wHPuhbsO2hVX8r44dN5eIniN6vf2c5sXavoLx4
2020.10.30報道の要旨 【シドニー時事】
・今月17日の総選挙に合わせて、安楽死容認の賛否を問うた国民投票の開票結果が30日公表
・賛成が65.2%と半数を超えた。
・来年11月6日に新法が施行され、余命半年以内と診断され回復が見込めない患者に「死ぬ権利」が認められることになった。
・反対は33.8%だった。
。同じく賛否が問われた嗜好(しこう)用大麻の合法化は反対多数で否決
・安楽死はベルギーやオランダなどの国、米国やオーストラリアの一部州で容認されている。
・成立済みの実施法によると、NZでは18歳以上の国民と永住者が対象。
・緩和できない耐え難い苦痛がある場合などに、投薬による死の選択を認める。2人の医師から承認を得る必要があるなど厳しい基準を設けた。

私、ここに2020/9/12記載した京都ALS事件―尊厳死協会、などで下記などを記載していますのでご参考までに。
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20200912/archive
2



2020/11/15  17:51

投稿者:min_non.

安楽死と一口に言っても認める基準をどうするかの問題がありますね。例えば健康でも安楽死が認められるとしたら、鬱病など精神疾患で自殺念慮がある場合は認めるなかなどの問題が出てくると思います。でもまずはQOLが著しく低く苦痛が大きく治る見込みがない人にとって、安楽死が救済ということをが重要ですね。難病だけでなく癌の末期など、自分ごととして考えないといけませんね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ