2020/8/2

「命の選別」と安楽死問題  カルト・宗教・犯罪

  「命の選別」と安楽死問題

ツイッターに貴重な書き込みがあったので、レスしつつ、ここに転載しておきます。
―ホント「尊厳死」「安楽死」にあっては、本人の意思こそが重要な前提条件だと。それがなければ「政治による命の選別」に近づいていってしまいます。
―だからこの問題につき、「命の選別」を少しでも認める論者には、実に全く一切の口を出してほしくないと。


響 @hibiki5250 
あいつは死にたいと思っているはずだ、だから殺すべきだ。
と、人を殺したい連中が騒いでいますね。
「死ぬ権利」とは「殺す権利」だということが
わかってない馬鹿が多すぎ。


滝本太郎 @takitaro2
ええ、尊厳死・安楽死議論で、政治経済からの「命の選別」感覚が出ることは止めないと。だが尊厳死の法制化さえせず、ためにズルズルと医師の誘導で、本人ではない家族や関与弁護士の同意でできてしまう異常さ。医師や国の胸先三寸にすぎると。


大熊真春 @Okuma_Masaharu
私は本当に本人の意思であっても安楽死はいけないことだと思うのですがここで230億光年ゆずって本人の意思ならいいと仮定しましょう。本人の意思であるという証明はどう行うのでしょうか。そんな方法は存在しませんよ。#障害者にとって最大の敵は家族である。


滝本太郎 @takitaro2
ええ、同調圧力の強い日本にあって大熊さんの心配はわかる。だが本人サイト等の叫びをしっかり読んでみませんか。障害は皆違う。また尊厳死法制化がないまま、ズルズルと医師の誘導で、本人ではない家族や関与弁護士の同意でできてしまう今の状態、医師や国の胸先三寸過ぎ、しっかり決めるべきでは。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ