2020/6/21

離婚後共同親権制度がないことの弊害  カルト・宗教・犯罪

 猪野亨先生、それはないわな。私のブログでは、以前まとめたりしてきてあり、その内部検索「猪野亨」ですると、下記程にもなりますがね。

 どうにも聞こえないふり、又は耳と目に入らないのか、改めてまとめておきます。下記の5つあたりが、直ちに出てきます。

https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%92%96%96%EC%8B%9C&inside=1&x=52&y=15

>猪野 亨 @inotoru 2020.6.21未明の書き込み
古賀礼子弁護士、滝本太郎弁護士もですが、離婚後の共同親権の理想郷は語っても、この離婚後の共同親権がないことによる具体的な弊害というものを語れないんですね。これが離婚後の共同親権推進論の致命的な欠陥です。他方でDVやモラハラなどが社会問題化していることへの対策も「例外」というだけ。


離婚後の共同親権がないことによる具体的な弊害

1、親権者でないと保育園・学校その他で親扱いされない。
―ほんと多い。

2、単独親権者が虐待などしているとき、行政から連絡が来ない、問合せその他してもまともな対応をしてもらえない。
―これによる悲劇的事件がいくつもあろうに。

3、子が他に騙されたり、危うい仕事に就くとき、親として取り消しなどできない。
ー娘にヒモ男がつき、母は放任、別居父から何とかしたいとの相談があったなあ。

4、問題なき別居親との間で、どちら側からも、どうしたって去る者日々疎しとなる傾向となる比率が相対的に高く、子の福祉に欠ける。
―多くの事案で感じます。養育費支払いが滞るのもこれが影響していようと。法制度は「である論」、つまりその実態を変えるにはどうするかも検討しないと。

5、共同親権で良いとする同居親にとって、親権者でない片親に、親としての責任追及ができない。
―大学進学費用の追加請求などで感じますね。


@ 親は親権を持つのが原則ですよね、違いますか。

A したがって「離婚すればすべて片親は親権を失う法制度」がまともだとする主張・証明責任は、この異様な現制度を維持する側にある。

B なんで、連れて行き既成事実で単独親権者となった片親こそがまともでなかった、という事例もあることには注目しないのか。

C 離婚の際に両者が親権を求める場合は、虐待DV片親でないのであれば共同親権とできるのが、まともな法制度でしょう。

D 併せて監護者、交流方法、養育費を家裁で定めることとなり、実に子の福祉に役立ちます。
15



2020/6/24  10:03

投稿者:希恵

 片親親権ではやばくないですかね。離婚したとしても、「両親」として親権を行使できればいいんですがね・・・。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ