2020/6/12

消費税について。  憲法・社会・官僚・人権

自民・石原氏「保守政党は『消費税ゼロ』言っちゃダメ」
6/11(木) 17:40配信 朝日新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/125a1c23242fc49404332f925b1aebe8882b9278?fbclid
自民党の石原伸晃元幹事長(発言録)
       *********
社会保障を根幹から支える税制をつくるのに幾たび内閣が倒れ、また選挙で苦しい思いもしながらも、高齢化社会、少子化社会を乗り切るためにはどうしても間接税が必要だと、先人たちが努力をして今日に至っていることも忘れてはならない。
 消費税ゼロだ、と声高に叫んでいる方が大勢、我が党の中にいる。これから選挙を迎えるとき、その人たちは逆に苦しいと思う。消費税ゼロなんてことを言ったら、どこかの政党と一緒だ。自民党は保守政党。私たちはその矜持(きょうじ)を持って、国民から直接声を聞いて、本当に国民が望んでいる政策を取りまとめていきたい。(11日、自民党石原派会合のあいさつで)
      **********


※すべては是々非々にて。

私も、直接税の累進率が異常に過ぎた歴史を変える中で、消費税の廃止はあり得ないと思う。

―その事務処理は厄介ですが、まあ申告納税をしている事業者としてまあできる―

 景気対策から、当面5%に下げること、また最高級品につき別に物品税を定めることがあり得ても、です。

 石原氏は、しかし下記の3つを考えてもみないのかな。これが困ったものだと。


1、知られるべきは、不労所得たる株式配当や譲渡所得税につき、何億円になっても一律20%との分離課税税率。大金持ち優先の極みにておかしいよ。

2、ああ「ふるさと納税」が返礼品比率の限度が30%にしても、限度なくできることから高額納税者の優遇になってることも、知られていなさすぎ。

3、いろんな租税特別措置法により、大企業の内部留保を厚く積めるようにし過ぎていようと。法人税をとんと支払っていない大企業もあったりして、おかしいではないか。、

4、もとより支出面でのこと、米国にどこまで属国化していくつもりか、計何兆円もにのぼる、イージスアショアやら、危なくて仕方がないオスプレイ(米陸軍は配備しない代物)、その他もろもろ、買いすぎでしょうが。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ