2006/7/21

参ったなぁ  カルト・宗教・犯罪

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20060719-OHT1T00007.htm
より

横山昭二元弁護士、元大阪弁護士会所属、

 1995.10だったか、本来予定された第一回公判の前日まで、松本被告の弁護人だった人の言葉です。
 なぜかその日に、出家者の運転する自動車に乗っていて、突如ユーターンしたことで事故となり、怪我をしたとして延期させた人。大阪では、最低の弁護士などと言う人も居た。

だが、
>横山氏は「一般の人は、なぜ被告人がこういう事件を企てたか、
>ほとんど分からない。被告人に言いたいことをどんどん言わせる
>べきだった。十分に弁論させようという態度が、
>弁護人たちにはなかったと思います
とのこと。

 この人にこう言われては弱ったものだが、実際当たっていると言うほかはない。
 1996年前半の、破防法弁明での松本被告の雄弁さを見ても、最初から松本被告にまず話させたならば、より彼の動機の真相が分かったかもしれないから。

 そりゃ、刑事裁判はまず検察側立証であり、その中での井上被告の証言に対して、反対尋問を普通の弁護士ならばしたがるだろう。
 だが、あのような事件、被告人が希望していた模様だから、弁護側こそがまず本人にしゃべらせてくれ、と要請して裁判を進める方法もあったかと思う。

 訴訟手続きは、本来融通無碍であるべきである。法に定められた権利をまず守ろうというのが被告人の意思に反しているとき、どうすべきか。
 弁護人が、それこそ、パターナリズム(父権主義)に陥って、被告人ではなく刑事訴訟法を弁護した姿が、一審弁護団だった。

 すべての誤りは、1996.4第一回公判の、裁判長が、松本被告の「4つの?実践」説法に対して、「それで実践したということですか」との質問に対して、黙秘権告知も勿論すでにされているのに対して
 安田弁護士が

「それ以上話す気があるか、黙秘権があるが、」

とか言ったことにある。

 特別抗告の棄却決定は、小法廷の休み開け、8月10日過ぎになるのだろうか。お盆前ということかなぁ。
 それとも、いかに高裁弁護人の手続き違反が問題なっている事件ではあっても、これだけの事件だから、高裁での異議棄却と同じく、実に詳細に書く為に、先に伸びるのかなぁ。

(先月、世界カルト問題会議というようなのがあって、麻原裁判の状況を報告しておいたのですけれど、英語にした報告文書を見て、そんな形で裁判が終わるのですか、と実に驚いていた人がいましたです。日本の弁護士の恥、です。)

 で、アッサージさん、どうする?
0



2006/8/23  20:22

投稿者:takitaro

レスが遅くてすいませんでした。
時期柄、みな様、ご自愛を。

今はオウム真理教の内ゲバ
−A派内部−を心配していますです。

2006/8/23  20:20

投稿者:takitaro

>ばびる-もう一個質問です。
>確定後の再審請求なんてのも、

無いでしょうね本来は。でも控訴審弁護団ならばするだろうと。で、請求があっても執行はするだろうと。またはサッサッと棄却するだろうと。まあ控訴審弁護団はそれなりに読める再審請求書はかけないだろう、と思います。

法務大臣とて悩むのは、
1−後追い自殺の危険性、
2−教祖の神格化だろうと思います。

>そうすると次は夏休み明けになりますか?
のようですね。なんか最高裁は実質8月一杯休み見たいです、大きな事件の記録は自宅で見たりもするのでしょうけれど。

>月光浴
>なぜこの事件が引き起こされたかを明らかに
>して、其の経緯を明らかにすること自体が
>オウム事件の弁護人そして検事がするべきこと
まったくそのとおり、と思います。
マインド・コントロール一つにしても、捜査・取調べ段階では捜査側も認めていたのに、公判になると否定するというご都合主義です。まあ、これを認めると弟子12人の死刑など問題になってしまうからでょう。

弟子の裁判では頑張った弁護人もいて、それなりの立証がある、
ですが、キリストのイニシエーションのビデオがでず−検察が隠したとしかいいようがない−、弁護側としてもあまり、MCの生資料が裁判に余り出しきれていないのは、酷いものだと思います。

>山本英司
>「参ったなあ」って、肺がんについてかと
>本人については自己責任でしょうが
はい、深く自覚します。
私も人に迷惑をかけないように努力いたしますです。


2006/8/20  9:14

投稿者:ばびる

ついでにもう一個質問です。
死刑事件で良くある確定後の再審請求なんてのも、まだありそうでしょうか?その場合死刑執行はどうなるのでしょうか?

2006/8/19  1:28

投稿者:ばびる

>特別抗告の棄却決定は、小法廷の休み開け、8月10日過ぎになるのだろうか。お盆前ということかなぁ。

お盆前にはなかったですが、そうすると次は夏休み明けになりますか?9月頭ですか?

2006/7/26  7:41

投稿者:月光浴

 確かにマスコミも麻原被告の残忍性ばかりを強調するものばかりです。地下鉄サリン事件では、何千人もの人々が被害を受けました。中には残念なことに亡くなられた方もいます。其の中でもはっきりとしている事実として彼の指示でこの事件が引き起こされたことです。どのような判決が出るにしろ今現在での状況下の元において極刑判決は時期が早いと思います。なぜこの事件が引き起こされたかを明らかにして、其の経緯を明らかにすること自体がオウム事件の弁護人そして検事がするべきことだと思います。

http://sky.ap.teacup.com/bluelight/

2006/7/24  0:31

投稿者:山本英司

「参ったなあ」って、肺がんについてかと思っちゃいました。
まあ、本人については自己責任でしょうが(それとも専売公社→JTのマインドコントロールの被害者?)、周囲を巻き込んではいただきたくないものですね。

前の記事ですが(1人1項目1回なんで)、一般に比較しての優遇がその場合には適用されない、という論理であれば理解できます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ