2020/2/5

傍聴記録について  メディア・ネット

「相模原障害者虐殺テロ事件」の裁判、

例えば2月5日の被告人質問は、
弁護側の質問、
検察側の質問

の後、私が数えて
裁判員から17の質問、
裁判長代読で補助裁判員から18の質問、
裁判官3名の25の質問、
つまり合計60の質問と回答は、裁判記録にとどめればいいのですかねと。

一つ一つは小さなことでもジクソーパズル

通例の傍聴席の、
3分の1は、被害者参加人であり、遮蔽ばかりが言われるが、訴訟関係人・バーの中扱いです。
3分の1が、一般傍聴席、30余りあるかな。
3分の1が、メディア用、30余りあるかな。それは、傍聴内容を記録し、国民に広く報道していくことが期待されるからこそ、特別扱いとなっているのだが。

まあ、手書きの読めないのを私がアップすればいいことかもしれないが、裁判の全日は出ていない。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ