2020/1/13

死刑廃止を進めたい方に  カルト・宗教・犯罪

 相模原障害者殺傷事件(65分間で19人の殺人、24人の殺人未遂、3人の逮捕致傷、2人の逮捕、銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件)につき、死刑求刑そしてその通りの判決が高い確率で予想される。

 死刑廃止を進めたい方は、今こそ「死刑にするな」といった運動をしないのか。判決が出た後まして確定した後の執行段階で大きく意見を言うなぞ、真剣な運動ではないと、私は考えます。

 しかし、ネット検索をしてみても、大きな集会やチラシ配りなどの運動を見ることができない。横浜地裁前でチラシ配りがあるかと思ったが、未だ計画もないみたい。「弁護側が責任能力なしでの無罪を争っているから」なぞは屁理屈に過ぎようと。


 こんなことでは、麻原の死刑執行の段階になって目立って言い始めた「オウム事件真相究明の会(2018年6月成立、同年8月解散)」と同じ輩となってしまうではないか。
 オウム事件では、私も、家族の会も、審理開始直後から、麻原以外については死刑にしないように、世に理解を求め、辛いことだが言い続けてきた。麻原以外の死刑求刑は13人、うち12人が死刑になってしまったが、正しい運動だったと確信している。


 いったいいつまで第三者感覚−自分は被害者でも加害者でもない感覚、綺麗ごと感覚−にて言っているのかと怒りに思い、まあ挑発じみた内容だが、書いてしまった。

1月14日追加
このエントリーは、廃止云々議論ではないんです。下記の通り補充します。

@ 安全圏で死刑廃止を言うだけ、廃止論者が多く集まるところで発言するだけなぞ、実に全く真剣さがない、ふざけている、というべきでしょうと指摘したものです。

A オウム事件で、元弟子12人の死刑は反対・止めたいと、とその被害者・遺族らの前でも言うことにつき、私や家族の会の人が、どれほどの辛さがあったか想像されたい。いかに自分も被害者だとはいえ、です。

B 泥をかぶる積りもないのはいかんと。第三者感覚−自分は被害者でも加害者でもない感覚、綺麗ごと感覚−だと批判するほかなく、更に強烈に言えば、「自分は『人権派』だぁ」としたい自己満足、マスターベーションでしかないでしょうと。
20



2020/1/20  11:14

投稿者:

人権派といってどうしても忘れられないことがあります。オウムが坂本事件の関与が疑われた時、池田昭教授がはっきりとこれはオウムでなく坂本弁護士が弁護団だけだった理由でJRが仕組んだことだと言い、しかもオウムの出版物でこれは宗教によるファッショだ冤罪と主張し週刊金曜日に論文を発表しました。暴行を働いたと冤罪扱いされた被告でさえ、坂本事件はJRは関係ないと週刊金曜日にクレームをつけても掲載しました。とりようによっては、池田氏はむしろJRに冤罪をかぶせていたのではありませんか。オウムを賛美をしていた学者はたくさんいましたが、学者は宗教を検証する為に存在すると思ってましたが、この件でただ国家権力が主張したいだけの人だなと思いました。麻原被告の凶悪ぶりがわかってもなお死刑にすることなく麻原に真相を語らせようとの団体がありましたが、国家権力と主張したいだけで最終的には国家権力等々が原因にするのでしょうか?あくまでも私から見たらですが、国家権力という言葉にすり替え真相により遠ざけてるようにしか目ないのですが

2020/1/14  17:28

投稿者:山田

先生の言葉が刺さります。あなたはどうだ?と言われれば答えるだけの勇気も資格もない自分ですが、常日頃から自己満にだけはならないように気をつけたいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ