2019/12/31

保釈金←ゴーン氏外国へ  カルト・宗教・犯罪

>保釈中の日産前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が、日本を出国し、30日に国籍のあるレバノンに入国したと、英紙フィナンシャルタイムズ(電子版)などが報じた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00050094-yom-soci&fbclid=IwAR1ncPhiq4dP8LFf0EVVmnjpG_r7yaK_elr89cCKbgaepVvOKYK0a-rLeA8

「私はいまレバノンにいます。もはや私は有罪が前提とされ、差別がまん延し、基本的な人権が無視されている不正な日本の司法制度の人質ではなくなります」 2019年12月31日 12時41分
https://www.nikkansports.com/general/news/201912310000029.html

 凄い話だ。他人名義で出たのだろうと。弁護人も知らなかったのだろうと推測する。知っていれば問題であり。

 もう帰って来ないのだろうなあ。裁判はどうするかな。被告人がいなくても裁判は継続できるだろうが、停止しておくしかないだろうと。身柄司法、保釈の在り方など巡って、日本司法の問題が延々と燻りつづることとなる。
(2020.1.2訂正―あかん、間違えてしまい抹消線をひいて訂正。「刑事訴訟法第286条**公判期日に出頭しないときは、開廷することはできない。」があって。昔の血のメーデー事件を契機にできた、出頭拒否をする勾留中の被告人が出てこない場合や、高裁の場合と同じかと誤解してしまった、恥ずかしい。特に第1回公判・判決では必須と)

 そのうちに保釈取り消し、おいおい戻らないことが確実となったところで保釈金は没収と。計15億円かあ。

 過去、逃げて没収された許永中の保釈金は6億円、うち3億円は弁護人保証で、弁護団のそれぞれ弁護士の対応が大変だったの漏れ聞く。(後に日本に戻って逮捕・収監されたんだけれどね)

 その知恵から、弁護士保証は今回ないと思うんだが、違ってたら大変だぁ。
3



2020/1/7  12:45

投稿者:

日本は保釈(もちろん重罪者は別だろうと思いますが)欠陥だらけに見えます。保釈中に問題起こす人がすごく多いし、私たち市民も安全に暮らせない。ですが、専門家でないし法律に詳しくないのでとやかく言えないのも正直あります。そこで法律に携わる先生から見た日本の保釈のありかたをぜひお伺いしたいです

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ