2019/11/24

死刑の意味について  憲法・社会・官僚・人権

死刑の意味について

死刑は「あなたは生きる価値がない」との宣告になる、それはいけないことだと批判する人がいる。

違うんです。

死刑は「生きる価値がない」と宣告するのではない。

死刑は「あなたには生きる価値がある、この世に産まれ生きてるだけで大きな価値です。だからこそ、あなたには、刑罰として、その価値を失ってもらう」と宣告するんです。
6



2019/11/25  12:32

投稿者:友北

言うまでもなく死刑制度、というものについて述べた限りです。12人の死刑とその執行には反対し続けてきたことは、従前通りにて。

2019/11/25  10:58

投稿者:

先生のおっしゃる通り、松本智津夫はまさにその通りでしょう。でも救済と信じた信者も死刑にするのですか、ではオウムに宗教法人を認証した国や、動かなかった警察や太鼓持ちした学者や団体(実際オウムを擁護したり賛美した資料を見たこともあります)マスコミは?その影響で信じた信者を死刑にするのですかと国に問いたい。何も議論もなく弟子を死刑にして何か意味が(それこそオウムが好き好んでよくいっていた不都合な真実を隠したい称賛した側の隠蔽ではないか?)あったのですかと思うのです

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ