2019/10/16

6661人とも見られる、と。  歴史・定義・知識人の責任

関東大地震の際の朝鮮人大虐殺につき
 横浜の鶴見警察署大川署長が命を懸けて守ったとのこと、県民として誇りです。

 それは知っていて、だがそうすると外ではかなり殺されていたんだろう、いったい何人ぐらいなのかと思って、ググルと下記が出てきました。PDFになってます。

 「横浜における関東大震災時朝鮮人虐殺」山本すみ子 大原社会問題研究所雑誌
 668/2014.6」

 子安から横浜にかけて多くの朝鮮人が虐殺されています。神奈川鉄橋で500人,子安から神奈川停車場まで150人,新子安町で10人,神奈川警察署で3人,御殿町付近(神奈川警察署がある所)で40人,浅野造船所で48人など。 また 朝鮮人の被殺者埋葬地として,「三ツ沢墓地に200名(神奈川付近の被殺者)久保山火葬場に千余体」吉野作造、みたいです。

 横浜市全体では6661人ともみられると、なんと。
 そんな状況の中、大川署長はなぜ、それができたか、関心は尽きないです。
4



2019/10/25  9:58

投稿者:友北

>千歳烏山でも殺された朝鮮の方が一人
そうなんですか。その記録がどこかに残っているのかな。名前も記録されていない人が多いのだろうと。それぞれの地元に、反省・二度と起こさないための慰霊碑とかないと、いかんなあ、申し訳ないなあと思います。

2019/10/16  14:29

投稿者:山田

横浜にはそうした土壌があったのですね興味深いです。オウム繋がりで今もアレフが居座り続けている千歳烏山でも殺された朝鮮の方が一人います、その人は労働者として動員され、被災した京王線笹塚駅の修復を命じられて、大勢の朝鮮の方たちと現場に向かう途中でした。現在の烏山駅付近の旧甲州街道沿いにある川の石橋で乗ってた車がスタックしている所を、地元自警団に襲われて殺されてしまいました。

2019/10/16  12:50

投稿者:

横浜には、つまり神奈川には誰かを救った歴史があるのに、なぜ坂本事件のときはオウムのバッチが落ちてたにもかかわらず、捜査しなかったのだろう。あの事件に真摯に向き合えば毒ガステロは防げたのに、信者(加害を犯した人は除く)をくいとめられたのに。滝本先生の文章を読むとふとそう感じました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ