2019/10/10

共同親権のツイッター書込みについて   日常のこと

うーん、

https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2613.html

の書き込みに見られる私のツイッターのあり様

まあ中毒ぎみているのですが、転載したのだけれども145ほどで、異様だなあ。

なんであそこまで書き込んだのかな。

親権争いの事件では、自分なりの苦渋を35年間余り重ねてきたところ

一部の実態のみに着目した学者さんの、表層的・衒学的な書き方

そして、突かれた点には、華麗にスルーして済ませようとする学者さん

それは、他の事では意見が多く同じであっても許せなかったからだろう、と思う。

親権争いは「ああ、これで自分は地獄に落ちるのかなぁ」と思った事案もありましてね。

それこそ、親権確保には、子を確保することが最優先という実務からしたことでした。

(端的に言えば「大岡越前の逸話のあの采配は、今の家庭裁判所と正反対です」と説明)

それは、麻原こと故松本智津夫の法廷で、傍聴には娘さんらもいる場で、「死刑を求めます」と言った時と同じ感覚

その後、何度も夢に出たからだったかも。
10



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ