2019/9/1

日弁連−死刑廃止パンフ等  憲法・社会・官僚・人権

日弁連は、今も死刑廃止のためのシンポを重ねているんだよなあ。

死刑存置論者をしっかり登場させずにするシンポなぞ、効果がないのがわからないのかなあ。

ちなみに、死刑問題に関する日弁連パンフは下記のサイトに色々。
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/publication/pamphlet.html#pam_03

うち、もっとも気に入らないのは、下記です。
「pdf死刑制度いる?いらない? (PDFファイ;4375KB)」
https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/shikeiseido_yesno.pdf


だって、廃止したい3つの理由のなかで、第一にこれを上げているのだもの。

・生命の尊重
 死刑は、生命を剥奪するという刑罰であり、国家による重大かつ深刻な人権侵害です


★あのね、死刑存置問題は、残虐に何人をも殺した人を死刑にするかどうか、つまり他人の生命をとんと尊重しなかった人についての議論なんですよ。
―宗教論議ではあるまいに、説得力がなさすぎる。
―日弁連が、真実廃止したいのならば、「死刑冤罪の危険性」をこそ、死刑再審無罪がいくつもある日本において、言い続けるべきでしょうが。
8



2019/9/2  12:45

投稿者:さめ

 明らかに冤罪の可能性が強い場合には死刑は執行しないほうがいいと思う。奥西勝氏の場合も明らかに冤罪の可能性が高いと思う。冤罪を生み出さないようにするには、もっと警察や検察がしっかりとするべき。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ