2019/8/31

フェイスブック、ツイッターの効用  メディア・ネット

私、下記でフェイスブック、ツイッターなどをしているのだけれど、その感想。
―インスタグラムって何なんだ、遅れてきた青年の自分にて。
―うーん、保存性がないのがもったいないかと。時にこちらに転載しているのだけれど。
―気を付けて書くべし、と自戒しつつ、です。


FBはこちら。https://www.facebook.com/taro.takimoto.94

1、いろんな情報、まだメディアに出ていない、又は出ないだろう情報を知ることができる。

2、エントリーへのコメントにより、色んな背景、学識、経験を持っている人の、実に貴重な話も聞いたりできる。

3、顕名での書込みであり、その元々のFBなど見ても偽りを書く人ではないと思われて信頼性が相当にあるものも多い。

4、若い方や知識・一般的な経験の少ない方の書き込みも、そのさまざまな経験、心情、感覚を知ることができる。

5、様々な団体、主義主張の人の傾向など知ることができ、自分との相違点と、これ重要なことには自分と意見を一致する事柄もあることを知ることができる。

6、自らの日々の考えを、それなりの数の人に伝えることができる。

一般の世論を知るにはツイッターの方が良いのだろうと。私のツイッターはこちら。https://twitter.com/takitaro2

1、アラシというか、書もない書き込みも多いが、匿名のことが多く、広く一般的、多分若い人の感覚を知ることができる。ちょうど、あえて読売新聞をこそ読むようにしているのと同じ感じ。

2、「いいね」とかばかりに拘ったり、ブロックしたりして、そこでさえ「蛸壺」「部分社会」になっていく方が少なくなく、また各所の権力者や他国の世論工作に使われていて、人間と人間社会、国家の哀しい性(サガ)ることができる。

3、自らの日々の考えを、相応の数の人に伝えることができる。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ