2019/7/25

ようやくに対策―マッチとマッチ箱とガソリン  日常のこと

業者へ要請
2019年7月25日
 菅義偉官房長官は25日の記者会見で、京都市伏見区の放火殺人事件を受け、ガソリンを容器で販売する際は身元や目的を確認し、記録を保存するよう総務省消防庁が全国の事業者に求める方針を明らかにした。要請は、業界団体を通じて実施。
@ 容器を持参してガソリンを購入する客については、
A ガソリンスタンドの従業員が運転免許証などで身元を確認し、
B 使用目的を尋ねるよう求める。
C 記録を保存 
D 不審に思った場合は、警察に連絡することも要請する。下記など

https://news.livedoor.com/article/detail/16829880/

ったく、ようやくのこと。
名古屋の放火殺人事件でポリタンクへのガソリン販売できなくなったのだったか、携行缶への販売も、このようにしておけば実現しなかった可能性もある。京都アニメの34人、若い人が多かったんだなあ。重体の人の回復、一酸化炭素中毒での後遺障害も心配。
包丁も同様にしてほしい。販売店においてさほど手間暇かかるものではない。


「マッチとマッチ箱とガソリン」のテロのこと、私もオウム事件の後から何度も述べてきたのものを
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20150701/archive?fbclid=IwAR1q3H2j6agYYsMpQwyc3D6ua2q_P-kb5vfVyLFyIrhwSU2PDozsOqwY5Xk
4



2019/8/1  11:30

投稿者:友北

そうですよね、ほんと。名古屋での放火殺人の際にポリタンクはダメとなったのだが、携行缶とて同じではないかと思えたのですけれど。
また今回、何らかの公的規則ではなく、業界への行政指導による業界の縛りにて、ですね。それで足りるのかなあ。

2019/7/31  14:06

投稿者:

オウムの時同様、事件にならないと上は動かないんですか?行政は、情けないよ。追記 京都アニメーションの火災の被害者の冥福を心よりお祈り申し上げます

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ