2019/7/14

地元での応援演説  憲法・社会・官僚・人権

 自分は徹底した保守主義者だから、安倍自民党やこれに同調する公明党、維新には入れられないなあ、と考えてます。
 「保守」は、流れる血と涙を少なくするために「現状認識の上で争い小さく漸進を」であり、やたら理想を、時にはユートピア思想を言う「革新」よりマトモだろうと。
 で、安倍自民党は、「昭和維新」のごとき「平成革新」だとし、かつアメリカヨイショばかり。つまり「保守主義政党」ではなく「反動売国政党」です。だからまずいっしょ、と。
 神奈川県では参議院定数4のうち、少なくとも2議席を、立憲野党が取らないと。安倍政権の横暴が止めたいと。神奈川では今回、立憲現職の牧山氏と、何年も努力し相応の票を集めると思われる共産の浅賀氏に入れないと、と。

 先月、長く議員をしてきた元有力者さんから、安倍は危なさすぎる、若い自民党議員も勇ましくって危いんだよ、と直接言われたな。流れに乗ることばかり考えているし。戦争の記憶を実感しつつ長く政治家をしてきた人らは、自分と同じ印象なのだなと。


 下記は、2019.7.9朝、地元の中央林間駅前で、神奈川選挙区から出ている「あさか由香」さんという人を応援したときの、演説原稿です。ご参考までに。

 4市共同市民の会の事務局長をしている弁護士の滝本太郎と言います。この会は、綾瀬、海老名、座間そしてこの大和の4市の市民で作っています。
 この参議院議員選挙では、あさか由香さんと牧山ひろえさんのどちらから入れてくださいと応援することと決めました。

 2人にしたのは、定数4のなかで何としても立憲野党から2人を当選させなければならないからです。3年前のように共倒れで一人の当選では困るからです。もちろん比例は、維新以外の野党に、です。
 この2人は、野党は共闘、安倍9条改憲を止める、2015年安保法、戦争法を廃止したいという会の方針に賛成してくれ、また厚木基地の問題、あの甘利さんの問題でも会の方針に賛成してくれたから、強く広く応援しています。

 私、こんなことをしていると、時に「この共産党が、死ね」などと言われたります。私こそが共産党を時に強く批判しているので頭にくるのですが、今回の選挙、左翼だろうが右翼だろうがいいんです。安倍政権の腐敗と横暴を止めるにはどうすれば、いいか、その一点なんです。

 人に「死ね!」と、他の人に言う、時に自分より弱い立場の人に言ったりする。そんな「生きているのも辛い、将来に夢のもてない国」を、変えなければならないんです。一人ひとりに、せっかくの命を生きて欲しいんです。一人ひとりの花が少しでも開けるようにしなければならないんです。

 「結果の平等」を求めているのではないんです。生きていく中で、「機会の平等」を求めているんです。どこかの太郎さん、権力者の太郎さんのように、銀のさじをくわえて産まれた人が「年をとった時、2000万円もないのか」とうそぶく国では困るんです。恥じらいげもなく、貧富の差を広げてきた権力者では、困るんです。

 返済義務のない奨学金をしっかりと作らなければならないんです。高校の授業料をタダにしたのは自公政権ではありませんでした。国立大学なのに4年間で242万5200円もかかるっておっかしいではないですか。

 景気をよくするには、日本では6割をしめる個人消費を伸ばさなければならないんです。若い人が、安心して子供を作れる国にしなければ無理に決まっているではないですか。それなのに消費税を上げる、賃金は低いまま、仕事は不安定なままでいい、という政策って、なんなんですか。
 
 私も、少ない人数ですが人に給料を渡している立場です。事業をする人は、そリゃ低い給料で働いてくれて、いつでも首が切れるのであれば、当面助かります。よく分かります。しかし、そんなことでは、従業員が幸せでいられるはずがない。事業が長続きするはずもないんです。だから最低賃金も上げなければならないんです。非正規労働では困るんです。

 富裕層は、忘れてはいけなかったはずです。経済格差が大きく、しっかり固定化してしまっている国となれば、富裕層もおちおち生活してしられないんです。戦後、この単純なことを日本の富裕層は知ったはずだったのに、今、何を考えているんでしょうか。

 超富裕層が得をする、株の配当や売却利益が、何千万円、何億円あっても分離課税20%どまりの税金なんて、おかしいです。大企業の内部留保ばかりが増えていく、そんな税制はおかしいです。

 まして、権力者のお友達は、平気で優遇をする、それがばれても恥ずかしいとも思わない、自分たちの権力を守るためには、自衛隊の日報も統計も公文書も、隠す、改ざんする、廃棄する、そんなことをやっている権力者では、我がニッポンは終わってしまうではないですか。

 今、そんな安倍自民党を止める人を議員しなければならないんです。ウソばっかりの国では、若者は、夢も希望ももてないではないですか。

 我が日本が、アメリカに間接的に支配される植民地でいいと考え、やたら無駄遣いするようでは困るんです。われわれ基地周辺の者は、「Y」ナンバーがとても怖いです。米軍関係者が、あの地位協定によって治外法権のようになったままでは、困るんです。基地経由であれば、アメリカから誰が入国しているかわからない、そんなめちゃくちゃなことでは困るんです。ドイツやイタリア程度にはしっかりと交渉しないといけないんです。

 もちろんアメリカと友好国でなければならないと思います。中国のような監視社会、一党独裁の国にしてはならないんです。中国では偉くなる、権力を持つ側になるためには、中国共産党に入るのが当たり前です。逆らえば、いろいろな不利益をこうむるんです。そう、日本では、自民党こそが中国共産党ともっとも近いんです。
 
 今、安倍政権は、あの墜落したステルスF35、100億円を147機買うって言ってます。米軍は、その前のF15を80機、配備することに決めたのに日本は147機のF35って、なんなんですか。オスプレイ、アメリカ陸軍は、あの危なっかしいオスプレイは配備しないんです。それなのに200億円のオスプレイを17機買う日本って何なんですか。
 イージスアショアを秋田にしたのは延長にあるハワイの米軍基地を守るため、山口にしたのはグァムの米軍基地を守るためでしょう。なんでそれを日本が6000億円かけて作らなければならないんですか。 

 なんで、そんな無駄遣いをするんですか。安倍さんらは、いったいどこの政治家なんですか。自民党や公明党は、いったいどこの国の政党なんですか。

 憲法9条の2として「自衛隊」を書き込めば、海外でまた戦争をする「軍隊」になります。9条に規定にかかわらずと否定して「内閣総理大臣の指揮下に自衛隊を設置する」という規定になるんですから。「戦争放棄」の規定ではなく「安全保障」という名の軍備の規定になるんです。自衛隊が米軍の下っ端となって世界各地に派兵されるし、日本の権力者の判断でまた海外派兵できるんです。

 さらに「緊急事態条項」をいれれば、内閣がつまり法律を作れます。独裁が完成してしまいます。独裁は、自民とだろうとどこの政党だろう、決して許しません。

 今、牧山さんは3位以内に入れた、最後の4番目をあさかさんと松沢さんが争っていると報道されています。松沢さんは、「ニッポン維新の会」です。

 維新は、自民党同様の改憲を目指している、隠れ自民党です。そしてIRつまり横浜などで計画されているカジノに賛成している政党です。日本ではもうカジノがいっぱいあります。年間20兆円のパチンコ店、そのギャンブル依存も解決せずに、なんでさらにカジノを作るんですか。トランプのご機嫌とりもうやめてほしいんです。

 松沢さんは、1987年以来、進歩党、新生党、新進党、国民の声、民政党、民主党、県知事の後にはみんなの党、次世代の党、希望の党に移り、その党首だったのにこの6月には「日本維新の会」に移った人です。めちゃくちゃじゃないですか。そんな松沢さん、「日本維新の会」を参議院議員にしていいはずがありません。

 あさかさん、素敵です。「8時間働いて普通の生活ができる社会を」このシンプルな言葉を、自分の心の底から叫んでいます。なんとかあさかさんを押し上げてください。当選させてください。友人に、知り合いに電話をかけてください、人に伝えてください。お願いします。20日土曜の夜8時まで、頑張りましょう。        以 上   
10



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ