2019/7/6

罰則入りヘイトスピーチ条例  カルト・宗教・犯罪

川崎市の罰則入りヘイトスピーチ条例の案について。
https://www.kanaloco.jp/article/entry-177109.html

まだ具体的な条文までは出はていないのかな。これ、神奈川県内の弁護士の間でも議論があります。他のことで同じ考えばかりの弁護士間でも、刑事弁護畑の方々を中心に批判、不安の吐露もある。

地元弁護士会では、下記の通り6.13一応賛成の議決をしたけれど、具体的な条例案への態度はあいまいにて。
http://www.kanaben.or.jp/profile/gaiyou/statement/2019/post-313.html


・「50万円以下の罰金」とする。
・市の勧告、命令に従わずにヘイトスピーチを繰り返した場合にのみ適用する
・差別的言動の定義を
▽市内の道路や公園など公共の場で行うもの
▽国外退去や危害を告知したり侮蔑したりするもの
▽拡声器を使ったりビラなどで配布されたりしたもの−と限定化かつ明確化
・市長による勧告、命令と段階を踏み、それでも従わなかった場合に氏名の公表と刑事告発
・命令の際は、有識者でつくる「差別防止対策等審査会」に意見聴取する


私、下記の通りにて賛成します。
・条例では2年以下の懲役、100万円以下の罰金まででき、
・刑法では個人あてである名誉毀損罪で3年以下か50万円以下である
・のたに対して、50万円以下の罰金と考慮していること。
・上記手続きからして、刑事処罰として重要な「謙抑性」を守っていること、
・ヘイトスピーチがやまず、多く涙が流れ恐怖があるという「立法事実」があること、
・もとより、仮に後に拡大させようとする場合、それぞれに大激論をしていくべきこと。
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ