2019/6/26

教祖三女さんの国相手訴訟など  カルト・宗教・犯罪

以下、備忘録までに

1、三女さんの国相手の訴訟につき、昨2019.6.25、地裁判決が出ました。
 2015年の観察処分更新のための2014年請求書において、公安調査庁は麻原三女を幹部として記載したのですが、それにつき、オウム教祖の三女は、国(公安調査庁)を被告として、その取り消しと1000万円の国家賠償請求訴訟を起こしていたのですが、昨日午後2時からの東京地裁判決ではこれを認めませんでした。
 朝倉佳秀裁判長は「幹部との認定は公安庁が認識を明らかにしたにすぎない。行政処分に当たらず、原告の訴えは不適法だ」とし、公安庁が注意義務を尽くさず、漫然と認定したとは認められないとし、慰謝料請求も棄却しました。
 三女さんブログによれば、判決文は計210ページだとのこと。

 この裁判については、三女さんではなく、下記の二女さんのブログ「木の葉が沈み石がうく」の2019.2.4「麗華の想いを直接聞いて、涙が止まりませんでした――対公安調査庁の裁判傍聴記」として、2019.1.31の裁判の様子が書かれています。三女さんを心配する傍聴人も多くいたようです。この傍聴人らが、次に書く、三女さんのアレフ相手訴訟でかなり分かってきた状況につき、分かっているのか、気になります。
https://ameblo.jp/matsumoto-umi/entry-12437803873.html

2、三女さんは、アレフ相手に、アレフ幹部の二宮が、アレフ内部の掲示板で「悪魔だ」などとまで記載したことにつき、1000万円の名誉棄損訴訟を起こし、これをアレフと離れていることの一つの証明だと言っていましたが、2018.9.14さいたま地裁で全面敗訴しました。

 そして、2019.5.22 東京高裁はその三女からの上訴を棄却しました。高裁も、三女が2014年にアレフとの関与を否定するまで、信者と連絡を取り、運営に関する意向を伝えていたと認定し、投稿はおおむね事実に基づいていると判断しました。
 これについては、下記に記載してあります。とくに20190130のさいたま地裁判決の紹介では具体的な関与内容を示しています。
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20190522/archive
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20190130/archive




8



2019/6/29  1:24

投稿者:ゴラス

この三女の一見無謀な訴訟でのその三女の目的は何か?

単に訴訟の請求のアレフの幹部との認定の取り消しなのか?穿った見方としてはこのスクラップ訴訟を通じてのあるる意味でのその悲劇のヒロインの演出によるその三女真理教の信者の獲得にあるとも考えられる、

事実その三女の出頭した裁判にはその三女真理教の信者の遠方からの傍聴がかなりあり今後はこの拡大が考えられる、

滝本先生や四女はこの私の考えにどう思われますでしょうか?

2019/6/27  20:38

投稿者:胸に手を当てて考えて

田辺さんの意見に賛成。

慰謝料請求したってことは国賠でしょう。
国賠はほとんど認められない。そんなことは、弁護士なら当然知っているはずだ。

滝本さんの行動を見ていたら、父親の罪をもって子どもを傷つけているようにしか見えない。自分の行動について考えるべきでしょう。
松本智津夫氏の子女に対して、滝本さんは明らかに加害者だ。

誤導しようとしているのは、滝本さんでしょう。

虚偽告訴事件を見れば明らか。長男をテロリスト、犯罪者とするために誤導するため、告訴だけでなく記者会見までしている。

2019/6/27  11:03

投稿者:友北

山田さん、愛さん。どもっ。

正直さん
判決は主文などは知ったものの、まだどこにも出ておらず、読めていません。メデイアだけに要旨が配られ足りするが、裁判所としてそのまま出してもいいから出したのに出さない、弱ったことです。

>弁護士である以上、国に対する裁判では基本的に勝てない
―本件は、公調が幹部と記載して更新請求したことは処分ではないからその点では負けること明らかですが、慰謝料請求もしていて、そちらは当然に負けるとは限らないです。

田辺さん
>親父の罪を子どもに背負わせて平気ってか?
―私がその方向性でないのは、少しでも読めばわかることでしょう、誤導はいかんです。

2019/6/27  4:58

投稿者:愛

投稿ありがとうございます、ニュースをチェックしていなかったので助かります。

2019/6/27  2:53

投稿者:田辺

三女のブログが承認制になったのは、同じコメントコピペして何十回も貼り付けたり、エロい内容投稿したりして荒らすやつがいたからだ。

妄想を書き続けるやつもいたな。

三女のブログのコメント欄見ていたやつならみんな知ってる。


それと、三女は滝本センセイに危害を加えようとしたことがあるのか?親父の罪を子どもに背負わせて平気ってか?一体いつの時代のニンゲンだよ。


滝本センセイが麻原の息子をあのタイミングで虚偽告訴したときはゾッとしたよ。親を亡くしたばかりの遺族をヘイゼンと犯罪者に仕立て上げようなんて、世も末だ。


滝本信者も血も涙もないようだな。正直うんざり、同感だ。人として終わってるぜ。


2019/6/27  1:27

投稿者:山田

滝本先生投稿ありがとうございます。オウムに実際に命まで狙われた先生のお言葉は、とても重くかつ貴重でオウムを知らない自分の世代にとってもカルトへの注意喚起を含めた生きた言葉として大変ありがたいものです。三女さんのブログも最近承認制に変えたりしてますし、どうやら批判的なコメントが目立ってきているようです。

2019/6/26  22:08

投稿者:正直うんざり

滝本弁護士はなんとしても松本麗華さんをおとしいれたいようですね。
弁護士である以上、国に対する裁判では基本的に勝てないとわかっているはず。
でも内容では負けていないようですよ。

https://www.sponichi.co.jp/society/news/2019/06/26/kiji/20190626s00042000277000c.html
こちらのニュースを見て、なんとも言えなくなりました。
弱者である麗華さんをやり玉にあげることで、滝本弁護士は何を得ようとしているのでしょうね。自己実現?正直うんざりです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ