2019/6/23

弁護士と精神病理  日常のこと

弁護士と精神病理

 弁護士は多く自営業者、イソ弁や会社弁の場合もまあ相応に自立性を期待され、訴訟などとなれば直接の「訴訟委任」となる。だからまあ、弁護士自身や、相談者などに精神的な問題あるときは、苦慮することとなる。

 弁護士がうつ病に入ってしまったんだろうなあと思う書面の遅れなど、時にある。懲戒で判決文を偽造したりとか、なんでそんなことをするのと思うが、その延長かなあ。自死するとも少なくない。認知症になってるのに依頼してめちゃくちゃだったりも。懲戒処分は精神病理の故だからとして軽くはしないから、ある意味厳しい。まあ当たり前なんだろうけれど。弁護士会役員らの仕事の一つは発生するこの問題の拡大予防であり、大変だろうな、と。
 ああ、昔歯科医の医療過誤訴訟で、歯科医本人が認知症だったとは責任無能力の抗弁が出たことがあった、驚いたなあ。

 時に統合失調症の方もいて、でも薬などで病を上手に飼いならしている人は、論理がやたら精緻、判例調べなども実に万全であったりして、直ちにあかんということはない。アスペルガー的な人もそれなりにいて、和解交渉はトントまともにできないが、文章上の論理はしっかりとしていて敬服したり。何にせよ、チームを組める弁護士がいいだろうと思う。

 対して、精神病理の人に対応することも多い。自分は、仕事種類の性質上、他より対応せざるを得ないことが多いかもと思うが、結構つらい。破産直前の自営業者さんが生命保険に入っているときは−自殺して保険金で返済しようとも考えるものでして−直ちに解約させ、入院してもらったりもする。

 相談・依頼であれば、そんな対応や妄想話は上手に断れば済む。が、諸団体などでの付き合いはそうもいくまい。病識がなく症状が激しい場合や矛盾だらけの場合は周囲にも直ちに分かるが、そうでない場合は容易ではない。中年以降に発病することもあり、辛い。まあ「うちの社長が自己啓発セミナーにはまってて」などの相談の社員も同じような気分なのか。普段の自らの信用こそが大切なんだろうと。

 社会的弱者の支援を旨とする人らの一部には、そんな話を丸々信用してしまうこともあるから、弱る。まず「聴く」ことは大切だが、それを当然の真実として他者に実損・精神的苦痛ある行動を起こしてよいかどうかは別だろうと。まあスピードが大切な事柄でもあり容易でないが、「正しいことをしている」と思い込んではいかん、と。ああ自戒ですが。

 ああ、自分も相談を受けるとき決して丸々は信用しないようにしてきたが、想像を超える場合もあったなあ。ずいぶん昔、ストーカー被害事案で、妄想ではないと確認できたが、実はこちらこそがストーカーしていたようだ、と。あるいは、親子2人ともに被害妄想まあ「二人組精神病」と言うのか、そんな事案もあった。

 だから、冷たいようだが、ともかくも証拠を、と。私はあなたの言うとおりだと思うが、裁判所や警察・行政は分かってくれないから証拠を確保しましょうね、という外ない。

 そして弁護士は自らの精神病理に注意し、まあ親しい同期の2人くらいに「そろそろ辞めたら」と言われたら辞めるべし、と。
3



2019/6/26  12:44

投稿者:滝本太郎

ゴラスさん、ここは掲示板ではありません。一人一項目1回の書き込みにてとお伝えしています。今後これに反するならば削除します。そしてゴラスさん、頭の中で考えたことを気軽に書き込みすぎ。失礼ながら「下手な考え休みに似たり」「自家中毒に陥っているかも」です。それも基本的な情報も手に入れないままに、やたら質問はイカンでしょう。
★ご自身はこそは、どうぞ「確定した麻原一審判決を読み込んでから書き込んでください。

2019/6/26  7:57

投稿者:ゴラス

私は三女のblogでのコメント欄で三女の意に沿わない事と三女の気にくわない様で追い出されブロックされました。

私は上祐と同じ世代なので、オウム報道はリアルタイムで観てました。ただ幸いオウムとは無縁てしたし、オウム自体には関心はなく、オウムの現象に関心があります。

何故ならオウムの現象はなにもオウムに限らず世の中の政治やブラック企業や暴力団などに精通する縮図がありますよ、オウムの構造とその現象はオウムに限った事ではない、身近な事でもありますよ、ただオウム特有な事もありそこは特室すべき事だと思っています。

まあオウムに関わった人でそのオウム側であれ反対側であれ幸せを得た人はない様に思われその意味ではオウムは正真証明のカルトな訳ですよ、

滝本先生はオウムのA弁護士と面識があるどころか殺害されかけた。

これはA弁護士はオウムの実態を知らずにある意味で騙され利用されていた訳ではなく、A弁護士は確信犯的にオウムの犯罪に加担してた。

通常、暴力団の弁護や顧問の弁護士がその暴力団の殺人の犯罪に自ら直接に加担するなどあるのでしょうか?恐らくはいくら何であれないと思いますよ、

単に暴力団の犯罪者の弁護人か暴力団の顧問なだけでしょう?

その意味でオウムは異例で同じ組織犯罪でも暴力団とは違う訳ですよね、

つまりオウムには弁護士をその立場とは真逆で極端な行動に駆り立てるその何かしらの力がある、

これを単なるマインドコントロールや洗脳で割り切れるのでしょうか?

2019/6/25  13:27

投稿者:滝本太郎

 A弁護士、しょもないことを言っていた池田昭氏、懐かし名前ですね。
ゴラスさん、各所に書き込んでいるようですが、オウム真理教に関心を持ってきたならば、どうぞ教祖の確定した一審判決は読み込んでほしいです。カナリヤの詩サイトの表紙からリンクしています。
 その中にある滝本サリン事件により、A弁護士は殺人未遂となり、受刑したんです。裁判その他で厳しく対峙していました。彼や林郁夫受刑者と交渉中、ボツリヌス菌を飲まされたこともあったな

2019/6/24  12:33

投稿者:さめ

ああ、両者ともにそういうことあるんですね。精神病理はさすがに辛いです。

2019/6/24  11:40

投稿者:

ゴラスさんの話とはやや脱線するが青山元弁護士といえば、当時市民の税金で運営される図書館に冤罪コーナーで坂本弁護士の冤罪を訴える記事と、推薦の言葉に池田昭という学者の名前が載っていた。当時は国全体がオウムにマインドコントロールされていたのかしら?ただしそれにもかかわらず、オウムはおかしい。竜彦ちゃんのような赤ちゃんが被害に合ったら助けようと思う一般庶民の感情が一番まともだった気がするのは私だけかな?

2019/6/24  2:01

投稿者:ゴラス

弁護士と言えば、オウムの顧問弁護士だった青山元弁護士がいますが、滝本先生はこの青山元弁護士とは面識はありますでしょうか?私は当然に一面識もありませんが、

あのオウムの騒動の当時にテレビ越しにこの当時は未だ弁護士だった青山弁護士にかなり違和感がありました。

元々あの様な感じなのかは分かりませんがこの青山弁護士はいつも無表情で何か能面の様な表情の印象で当に何かに取り付かれ内側から動かされている感じを受けました。

滝本先生はこの青山元弁護士はこのオウムの騒動の当時は精神病理があったとお考えでしょうか?あったとお考えであれば青山弁護士はオウムと関わる以前から何かしらの精神病理があったとお考えでしょうか?それともオウムと関わった事で何かしらの精神病理になったとお考えでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ