2019/6/12

故坂本 鎌倉円覚寺  カルト・宗教・犯罪

6月9日、縁あって円覚寺松嶺院の坂本一家の墓参にいってきました。

神奈川県鎌倉の北鎌倉駅近く、というか北鎌倉駅の先の線路は、円覚寺境内地内です。

このことをめぐっては、ほんと色んなことがあるんだな、と改めて感じました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
3



2019/6/18  13:02

投稿者:ゴラス

オウムの場合、その出家として家族達との縁を切り全財産を教団に御布施して無一文で人里離れた山奥の様な場所でその修行などとしてあの様な異様な集団生活をする訳なので、当然にその中では常軌を逸した内容になりますよ、

過去の連合赤軍の集団殺人などと同じ構造で、

オウムのポアと連合赤軍の総括は同じ結果の原理でしょう、
オウムの場合はその内部で独自の麻薬製造なとしていた事でのその狂気に輪をかける結果となっていったのでしょう、
オウムに限らず、出家として家族との縁を切り全財産を御布施して人里離れた場所で修行などとして集団生活をする宗教やその教団ならオウムの様な無差別殺人テロでも起こして摘発されなければその教団の内部でかなりの数のオウムの様な殺人なりが行われ闇から闇にになっていますよ、
このオウムと同じその条件を満たす宗教なりその教団はオウム以外にも幾つかあるのではないのでしょうか?

2019/6/17  14:17

投稿者:

私もゴラスさんと同意見です

2019/6/15  19:07

投稿者:ゴラス

滝本先生にお訊きします。オウムはこの坂本弁護士一家以外にもその教団内部で未だに行方不明の信者もいてその中には殺害されている者もある様に思われます。仮にオウムがあの地下鉄サリン事件など引き起こす事などなければ、その教団内部でのその様な行方不明や表沙汰にならない殺害されている被害者は未だに続いている様に思うのですがどう思われますでしょうか?

このオウム以外にもカルト団体などはその内部で同じ様にその信者などの行方不明や殺害され闇に葬られるケースもあるとも思うのですが、滝本先生はどう思われますでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ