2019/5/31

川崎登戸事件、刃物販売について  カルト・宗教・犯罪

下記は、川崎登戸の児童ら殺傷事件についてツイッターした1つ1つです。保存と参考までに。

 川崎登戸の小学生ら殺人事件のこと。犯人が死亡したにしても、仮に精神障害があったとしても、その成育歴、家庭環境、経済状況などなど知りたいな。だが、名前は出す必要なぞなし。拡大自殺したい人が、このように名を残すことができると考えて、類似事件をすることを少しでも防止しないとならない。

 これ。名言です。もんたさん
「死にたいなら一人で死ぬべき」は、無敵の人には届かない、逆効果。「死にたいなら一人で死ぬべき」は、心の中で呟くべし。

 私、家族を突然亡くしたばかり、まして子どもを亡くしたばかりの人に「お悔やみ申し上げます」とか「冥福を祈ります」とか、よう言えないです。というか禁句だとさえ思う。文字通り信じられない状況、「嘘だろう!」「生き返ってくれ」との気持ちの筈。文字は尚更に軽い。ただただ頭を下げるだけ。

 昔、近くの外国人父は、いつも小学校まで子を送迎してた。集団登下校なんて「信じられないっ!」とまあ英語で言っていた。その時代かも。今回、私立学校で学校最寄りのバスまでは送迎する親が多かったのかな。なんとその直後とは。 必ずしも子どもを狙っての事件ではないみたい。いろいろ気になる。

 防衛策: 「いわゆる危なっかしい人」は、警察の地域課や住民相談係には、すでに数件の相談があることが多いのでは。だからその、監視を、少しでも何かあれば早期に逮捕を、という考えもあるが、しかし手間暇と人員体制の問題は勿論「人権の問題」。
 運しかないのか。電車内の小1一人は見なくなったが

 次々すいません。包丁4丁というのがなあ。1本ずつであっても「店は、大小にかかわらず、身分証明書で本人確認、用途も聞き、記録の義務がある」と法令化してもいいのでは。そんないつも買うものではないのだから。

 さらに追加、2017年、サバイバルナイフなどにつき、この警察庁通達があるだがまだ甘いと。私、包丁など全ての刃物につき、本人確認・用途確認してのみ売却できるでいいのでは、と思う。販売店にこの程度求めてもいいだろうと。消費者にも抵抗はないのでは、と。
https://www.npa.go.jp/laws/notification/seian/hoan/hoan20170612.pdf
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ