2019/5/8

無罪判決の批判について。  憲法・社会・官僚・人権

https://www.facebook.com/taro.takimoto.94

 「無罪の推定」って、それは時に、被害者にとっても、社会にとっても時に辛いことだけれど、この「やぎさん」のいう通りのものでした。
 それが、権力というものを抑制する近代憲法の原理でした。まして無罪判決に対してどう言うか、という課題でした。
 改めて思った、そう、堂々とこのように言おう。


★このように、の内容
https://togetter.com/li/1336256?fbclid=IwAR0EoS7vM5XYKZfcK-gdRspZ8Rty0lqFpX2GXHleIauGBjMksQ306sxNwmU
*****
やぎさん @soushokuyagisan
一般人であろうが、法律関係者であろうが、無罪判決を批判するには相応の根拠がなくてはならないということについて、少し述べたい。
2019-03-15 13:00:15 やぎさん @soushokuyagisan
無罪推定は、刑事裁判の判決の場面では、「検察官が合理的疑いを越える立証をしない限り被告人は無罪とされなければならない」という規律となる。
2019-03-15 13:00:15 やぎさん @soushokuyagisan
ここにいう無罪推定は犯罪者をかばうためにあるわけではない。裁判の結果、被告人は刑罰という不利益を受ける。刑罰は死刑まである重大な不利益である。人を誤って処罰することは究極の人権侵害となるので、誤った処罰は絶対に避けなければならない。だからこそ、高い立証が必要とされている。
2019-03-15 13:00:16 やぎさん @soushokuyagisan
一方で、高度の立証責任を負う検察官には、その立証の高さに見合う、被疑者の身体拘束等の強大かつ多様な捜査権限が与えられている。人を監禁したり、家に立ち入ったり、物を奪ったりする等の、一般人がやれば犯罪となる行為が許されているのはそのためである。
2019-03-15 13:00:16 やぎさん @soushokuyagisan
さらに無罪推定とは、「有罪判決が確定するまでは、何人も犯罪者として取り扱われない」という広い意味も持つ。特に情報の伝達の手段が飛躍的に発達した現代においては特に重視されなくてはならない。刑罰によらなくても報道のみで、刑罰に匹敵するほどの社会的な不利益を被告人が受けるからである。
2019-03-15 13:00:16 やぎさん @soushokuyagisan
しかもその不利益は一旦生じてしまえば際限なく拡散し、回復することが非常に困難である。そうであるからこそ、誰かが犯罪者であると非難するには、原則として有罪判決が確定されるのを待つ必要がある。
2019-03-15 13:00:17 やぎさん @soushokuyagisan
これを前提として、無罪判決の意味を考えてみる。無罪判決はそれ自体いかなる意味を持つのであろうか。無罪判決とは少なくとも一人の裁判官が、合理的疑いが残るとした判断の結果出されるものである。無論、判断は、裁判所(裁判官)によって異なり、有罪無罪の判断が分かれることは当然にある。
2019-03-15 13:00:17 やぎさん @soushokuyagisan
しかし、高度の立証が必要とされる刑事裁判において、無罪判決が出されたということは、無罪判決の存在それ自体で、合理的疑いが存在するのではないかという推定が働く。すなわち、ただでさえ高いハードルを越えないと有罪にならないのに、すでに無罪判決という「ケチ」までついているからである。
2019-03-15 13:00:17 やぎさん @soushokuyagisan
また無罪判決に対する批判は、無罪が推定される(かつ無罪判決によりさらに強く無罪が推定されることとなった)被告人に対する、有罪推定と直結し、その人権を強く侵害することになる。このため無罪判決に対する批判は、有罪判決に対する批判とは全く異なる性質を持つことになる。
2019-03-15 13:00:17 やぎさん @soushokuyagisan
だからこそ、無罪判決に対する批判は慎重でなくてはならない。少なくとも判決を精査した上で、可能な限り証拠の内容も検討してからでなくてはならない。一般人には法的知識がないから、判決の概略の報道のみで判決を批判してよいなどということにはならない。
2019-03-15 13:00:18 やぎさん @soushokuyagisan
あえて引用しないが、今回話題になっている事件は合議事件である。一人ではなく三人の裁判官が判断した結果、無罪判決が出されている。そして批判の根拠とされている報道が伝える判決の理由は1ツイート(140文字)以下しかない。もちろんその要約が正しいものであるという担保はなにもない。
2019-03-15 13:00:18 やぎさん @soushokuyagisan
この報道のみを根拠にした、無罪判決の批判が許されるだろうか。法律知識のない一般人だから許されるだろうか。私はそうは思わない
2019-03-15 13:00:18 やぎさん @soushokuyagisan
不合理な判決は批判されなければならない。しかし、無罪判決に対する批判は、強く無罪が推定される被告人に対する非難であることを十分認識した上で慎重にされるべきである。今回の件で、その認識が一般人にはおろか一部の弁護士にも共有されていないように見えるのは残念な限りである。
********


下記、了解を得て転載します。
(滝本の上記紹介への下記佐藤さんの文章)
佐藤悟志 この‪「やぎさん 」という方の主張に全く賛同できないのは、‪「人を誤って処罰することは究極の人権侵害となるので、誤った処罰は絶対に避けなければならない。」という前提が究極に間違っているから。‪「冤罪」も‪「誤処罰」も、犯罪だのテロだの虐殺だのといった世間に普通に転がっている‪「究極の人権侵害」に比べて、そんなに重いのか?。仮に今回の池袋事件の加害者が、‪「悪意を持って轢き殺した」と‪「誤審」されて死刑になったとして、それは無辜の母子を轢き殺すよりも‪重い‪「究極の人権侵害」なのか?。単なる弁護士の勉強不足や世間知らずではないのか?。たかだか‪「国家権力が強大だ」などという強迫的不安に怯えて、世間の常識的な価値観から遊離し続ければ、弁護士も人権派も‪「公共の敵」に成り下がるしかないだろう。


高橋 和敏
 国家権力ってたかだかなのかなあ。あのゴーンさんでさえああだものなア。大逆事件て、本当に有罪で良かったのかなあ。まあ、そういった歴史の積み重ねが欧米にあって、推定無罪を原則にせざるを得なかったということかと。

 犯罪もテロもコワいけど、アウシュビッツやボルポトは、サスガ国家はスケールが違いまんな、という出来栄え。

 無実の死刑OK、一人や二人テロに比べたら何のことあらへん、を基準にしたら、その国家のモノサシって池袋の事件だけに使われる訳ではありませんのでお覚悟を。

西部劇で、怒り狂った町の人々が、捕まったならず者を「吊るせ、吊るせ。」と口々に叫ぶのに対し、「法の裁きを、法の裁きを。」と訴えて押し留めるのがシェリフの役目。逆風に耐えるのも法に仕える者の務め。刑事弁護人が時に感じるツラサですが、血を見るのを嫌がってたら外科医は務まらんのと同じこと。そういう仕事を選んだんです。

 法廷を英語で「コート」と言いますが、私の好きな法格言の一つに「苦しくったって、悲しくったってコートの中では平気なの。」というのがあります。でも、涙が出ちゃう男の子だモン、という気持になるときはありますな、御同輩。


     **********
20190510追加 2019年春の4つの無罪判決につき、問題の所在を分析した図がありました。分かりやすいので、転載して保存までに。

クリックすると元のサイズで表示します
4



2019/12/27  20:34

投稿者:友北

 ご意見ありがとうございました。1つの書き込みとお願いします。また要領よくが他の人は読むと思います。更に本文は刑事裁判での記載でした。

2019/12/12  14:15

投稿者:Naomi Miyamoto

PSのPS
疑わしきは被告の利益にが、憲法の基本ならば、推定無罪による明白な行政瑕疵の被害者の請求棄却はどうなるのだろうか?
 被害者にとっての損失は、業務上のミスの名の下で、修正もなく、生涯有効な資格を取消した原因だったのに。
 だから、こうした信条論には、行政被害者としての疑念がある。
 但し、そもそもこのブログの管理者は、問題とする証拠の内容の確認について、丁寧な吟味と検証と引用をしていることには関心はしている。しかし、観念の擦り合わせとしての反論部分が見えない。
 臨床心理学ではこうした検証は確認できるが、法廷の場では、述べられ語られ提出されるものが、どのような観念で、どのように作られているのかを、客観的に検証されることが大事だと思うからだ。そうしたことを法の専門家としての弁護士は、散々行っておられると思うが、その心象形成と、判事の心象形成そして検事の心象形成が異なる時に、どこをどのように問題としていくのかを付け加えて戴かないと、推定無罪の功罪は、ぼやけてくる懸念があった。
 ご参考に:現場を検証した長岡判事の判決⇒朝鮮人虐殺否定本に見る恣意的引用の手口 - 読む・考える・書く https://vergil.hateblo.jp/entry/2015/02/22/222753

2019/12/9  14:06

投稿者:Naomi Miyamoto

 尚、私は個人の信教の自由については介入しない。生まれた時から、キリスト教と禅宗の世界と神道の世界に身を置いてきたが、統一教会ももろみの塔も、別ものだと思っている。但し否定も肯定もしないし、知ろうともしないから、この管理者の個人的な心情について、共感したものではなく、あくまでも形式主義の公務の処理ですら、ご存じの通り、法令対応上、大きな疑義があることをお伝えしたかったのです。以上
 

2019/12/9  13:43

投稿者:Naomi Miyamoto

当該性犯罪の無罪判決の批判に対し、お門違いの行政事件の意見を敢えて記す理由:この刑事事件の場合、やぎさんのご指摘には、一般化した言葉の一部のコメントに対して、共感できるものがあるが、そもそも私は他の専門家で、性犯罪の被害者ではなく、表面的な言葉の一部に反応したに過ぎない。だから私が問題としたいことは、性犯罪の取扱いではない。先に書いた通り、行政瑕疵で資格を取消された審判も救済も一切がない被害者である。但しこの「推定無罪」と同様な「業務上の過失」「否定される前のみなし公定力」「処分とみなす事実行為」の概念の危険性は主張したいからコメントをしている。何故ならば、故意とは断定できず、広義の過失とみなされる行政刑法事件は、不起訴処分となると、無罪と同等で時効。付審判請求も棄却決定ならば、当該事件書類は閲覧不可で、5年保存後焼却処分。その後も行政がみなし公定力を主張した後に、法改正後に、行政瑕疵を明示することにより、当該授与した資格の取消処分が行われると、みなし公定力で有効とした国と処分庁並びに元国から独立した機関とが、正反対の判断・処分が示される。しかも最終審判所の民事部で、行政事件訴訟特例法の狭義の処分に当たらないとして、請求棄却。訴状1枚すら送達せず、非開示請求すら棄却しても、審理無しで無効。判例には、別途、瑕疵を犯した機関からの誤った請求は、当該訴状を相手に送達せずに棄却することにより行政瑕疵は治癒されたとみなすものもあるが、本件は真逆。行政専門弁護士からは、手立てなく勝てる自信がないと断られ、判事転任の弁護士からは、行政機関の委員を理由に、相談を拒否。結果、直訴で再審の道は閉ざされたまま。未経験者や一般では、時間もかかり、着手料金も高額で、依頼不可。法テラス等は、行政職員以下で、何の役にも立たない。事実、行政瑕疵や虚偽公文書を濫発していた間も、自助努力で、他の業績で生きてきたが、上記通り闇に葬った最終審判所で、「誤判」審判や行政不服審査法第2条の後段を審理し、判決書に示しさえすれば、行政瑕疵は是正されたかもしれない。確かに担当者の中には、後年、布川事件や医療事件で、免罪に至った方もおられたが、請求棄却の判決理由をみる限り、医療も教育も土地登記も税務も国際経済も、切り分けない。因って、推定無罪の様に、異なる事件を一般化させる危険があることを、申し伝えたいのだ。

2019/12/8  9:37

投稿者:Naomi Miyamoto

たかだか‪「国家権力が強大だ」などという強迫的不安に怯えて、世間の常識的な価値観から遊離し続ければ、弁護士も人権派も‪「公共の敵」に成り下がるしかないだろう。
このブログを書いた佐藤悟志様がどなたかは存じませんが、確かに、強大な裁判所が、行政悪を審理しない、又は審理不尽で放置する現実を、強固に繰り返している現在、行政弁護士は、生活の為に、行政側の委員となり、結局、行政被害者の弁護など無理。だから、直訴となっている。でも、そういう時代に至らしめる源は、たかだかなんだ。
ささいな内に、大事になる前に、丁寧に話し合って、理解し合って、調整すれば、なんてことない。
それを、偉そうに、判例だの責任だの、勉強もしないで、勝手に抱いた見えない不安から、強大な国家権力へと仕上げていってしまう。
それはまるで最近出くわすスーパーセル(超巨大積乱雲)のようなもので、元は雨粒と気温の差によるもの。
そこに風が吹き、雨粒の状態が変われば、あの被害はなかったというものと同じような原理。
弁護士は、理不尽が好きなのか、法制度上起きる人間生活の心情絡みの有益な解決的な対応は望めない。
むしろそれがわかる理不尽さを知っていて、現場の対応責任から逃れられない行政側の職員は、その理不尽さを解決しないと明日がないことを知りながら、どうにもできないものかしさにより、さらに法に縛られやすい。だから、どうにもできず、また、どうにもしない現実から逃れられない時、確かに、弁護士も「公共の敵」に成り下がっているとしか認識できないような気分になる。そこで、法の穴を審理し、判示しない現実から逃れる弁護士は、雑な概念しか形成していないから、ごもっとも思う気持ちは、否定できない。
活動大っ嫌い派の私ですら、そう思います。😅

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ