2019/3/18

安保勉強会、参議院選  憲法・社会・官僚・人権

明日3月19日、神奈川県県央で下記の集まりがありますので、改めてご案内までに、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

その前の3月12日、下記の勉強会をしました。私がした基調報告のレジュメです。まあご参考までに。
「安倍9条改憲を阻止−集団的自衛権と2015年安保法の勉強会」
日時:3月12日火曜 17:45〜20:00前
場所:大和シリウス 610号   会議室

17:50〜 挨拶
18:00〜 問題提起  滝本太郎
18:50〜 意見交換
19:50〜 閉会の挨拶
           *******************

問題提起「つまりは具体的な処で一致することを求めるべきでは」
参考資料は、「日弁連決議 2016.5.27」 そのアンドーラインは滝本
「安保法制についての9つのギモン」 日弁連
「広報ツールについて―ビラ・条文イメージQ&A」 2019.2.吉日 自民党

第2章 戦争の放棄
〔戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認〕
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動た る戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の 交戦権は、これを認めない


論点1 法学上争いのなかったはずの点は、
@ 単なる目標ではなく、もちろん法規範であること
A 国の自衛権自体は否定しているものではないこと
B 国連憲章51条には、「安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間」として、加盟国の個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない、と書いてあるが、それと憲法解釈とは別のことであること。

論点2 考え方の違い ―現在状況を分析したもの
← 宗教論争的になりやすい

A 完全非武装を定めたもの
B 必要最小限度の自衛力の保持を認めたもの
C ≒専守防衛、個別的自衛権のみを認めたもの
D 集団的自衛権の行使も限定的に認めたもの

論点3 戦略・戦術的なことを加味した考え方の違い
← 頭の中におくべし

A 9条は永遠に変えるべきでなく、自衛隊は追々廃止されるべきとする立場
B 9条は永遠に変えるべきでないが、自衛隊は専守防衛、最小限のとどめ存続させる立場C 素直に読めば自衛隊に疑問が生じるから、「立憲的改憲」として対案を考える立場
D 素直に読めば自衛隊に疑問が生じるが、自民党案のみが通る可能性がある中、その土俵にのっての議論はすべきではないという立場

論点4 具体的な事柄として議論すべき内容  順不同
―具体的な処の違いで論者の姿勢が分かるというものではないか。

@ アジア侵略、それを支えた日本の前憲法体制を認識・反省しているかどうか。
A 「敵国」を強調する対外姿勢、エスカレートさせる姿勢
B ★具体的な派兵決定について。
C 日米安保自体について 
D ★日米地位協定が変えられていないことについて。
―月2回の日米関係者の協議について 
E 核兵器のこと ―日本自体の装備いかん、作らず、持たず、持ち込ませず
F 昭和40年代の自民党が違憲と言ってきた軍備
・ 空中給油機
・ ★航空母艦   →まさに今日的問題
・ 他国に届くミサイル ← 攻撃される直前に攻撃 or 攻撃された後に攻撃
G 辺野古基地建設、南西諸島への基地建設について。
H ★イージスアショア(秋田・山口)について−イージス軍艦も、4隻から8隻体制へ
I F35Aを40機を導入中  ★F35B(いずも型空母に装備可能)を42機導入と
J 宇宙戦― 軍事衛星(情報収集衛星)は、17機ほど打ち上げられ、7機体制を維持、1998年以降、総額1.3兆近い国費
K サイバー戦           以 上
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ