2018/10/11

「死刑廃止を哲学する」だってさ。  憲法・社会・官僚・人権

https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2018/181023.html
日本弁護士連合会は、2008年から毎年「死刑を考える日」を開催し、「死刑」をテーマにしたシンポジウムを行っています(2012年に「死刑廃止を考える日」と改称し、2016年からは「死刑廃止の実現を考える日」に改称)。  
今年度は、「オウム13名死刑執行の波紋」をテーマに、オウム事件死刑確定者13名全員の大量死刑執行が国内外に与えた波紋を検証し、萱野稔人教授による哲学的考察を踏まえ、「2020年までの死刑廃止」の可能性について議論を試みます。10月23日


・「死刑廃止を哲学する」だって、なんともぉ、と思う。
・廃止論者ばかりの集まり、EC諸国からの圧力利用、そして「哲学する」とかやっていたら、死刑廃止なぞ遠のくばかりだと分からないのだろうか。
・死刑シンポにはだいぶ前に一度呼ばれて話したが、以後お呼びがかからないなあ、なんでかなあ。
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ