2018/10/5

「正義」の危うさ  日常のこと

「自分の考えが正義だ、真理だ」と、確信している人がまだまだ多いのかも、と思ったりする。

何ごとも「自分の考えが正しいはずだ」「だがひょっとしたら自分の考えが不正義かも、間違っているかもしれない」「立場が逆だったらどうだったか」として、

別の観点、別の考えを知っていく、互いの意見を調整しあっていく、又は当面は今の多数意見が正しいと仮定していく

そうでなければ、「正義の名のもとの殺し合い」は続いていく。 またそんな感覚を持たない「確信者」こそが、一番危ないだろうと(これも多分)。もとより「自らも」です。
10



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ