2018/9/18

警戒を要する方に  カルト・宗教・犯罪

メディアでの発言やカルト対応は、時に危険です。
弁護士なども、もとより時に危険な仕事です。

どうぞその時期かと思われる方は、ご留意を

メディアで目立ったりし、ネットや電話で、相応の危険性を感じるようになった場合の心得です。

まずは、下記を習い性に。
・ホーム先頭に立たない
・下り階段では手すり
・自宅・事務所は常に鍵
・出るときは、必ず周囲を見てから
・写真の残るインターホン
・電話録音体制
・道は時に変える、曲がれば振り向く
・3時間、3週間、3か月後の警戒

 具体的な裏付けあることがあれば、地元警察に相談し、その重点警備、携帯の所在確認了解し、諸電話の110番特例をしていただくなど。

 できることなら、生命保険を増額しておくのも安心につながると。


 なお、「集団ストーカー」については当職は対応できず、警察も対応してくれないと思われます。申し訳ないです。
8



2018/9/18  15:56

投稿者:通りすがり

麻原の長男から殺害予告を受けたと、会見で「助けて下さい!」といい年をしたおっちゃんが叫んでいるのを見たときは失笑ものだった。それが根拠もないデタラメで、遺族となったばかりの長男に罪を着せるためのものだったとわかったときは、そんなデタラメが通るのだと愕然とした。
被害者ぶる前に、自分が加害者であるという自覚が必要だろう。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ