2018/8/21

大逆事件との比較  カルト・宗教・犯罪

 「100年もどってしまった」と安田弁護士が言っているので、書いておきます。

 1910年の「大逆事件」は、天皇暗殺計画かな、「被害者」として誰も死んでおらずケガもしていない事件。主権者天皇に対するいわば謀反の罪であり、幸徳秋水を含め、非公開裁判で24人が死刑判決となって事件、あっという間に死刑判決・確定とされ、あっという間にうち12人が死刑執行されてしまったもの、そしてこの犯罪類型であっても真実関係していたのは5人とかで、幸徳秋水らは冤罪だったとされている事件。

 かたや、オウム事件は起訴された事件だけで27人殺され、核爆弾に匹敵するサリンを無差別に2回使った事件です。ちなみに、裁判は精密にやってきており、各事件ともに麻原の指示があったことは明白。もちろん、弟子らについては、マインド・コントロール、薬物の影響や、弟子らとしては宗教殺人だったという観点が不十分ですから、完全ではないけれど。
 
 実質的な被害者の存否、それなりにまともな裁判の存否、あまりに違う。それを、同じ多数の死刑判決・執行事件として比較するってのは、それデマゴギーでしょう。若い時の学生運動のノリかしら、と。そんなこと言ってると、死刑廃止は遠のくばかりでしょう、と言いたい。
 
 10年前くらいだったかな、高知の四万十にある大逆事件、幸徳秋水のお墓にはお参りしてきた。検察庁のすぐそばにあるが、地元の墓、とても大切にされていた。なにせ「幸徳秋水、名は伝次郎」であり、私もその類で初めて読んだ「社会主義神髄」の著者ですもん。

 私もオウム事件につき、12人の死刑は不要、首謀者の麻原のみで必要十分と考える。
 しかしいくらなんでも、これは違うだろうが。

幸徳秋水らが怒っているよ、と。

18



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ